納税は国民の義務です

東方BIG野球のプレー記録、その他諸々な感じです。

タグ:BIG野球

さて、今日は先日開催された冬コミにて頒布された2017年版BIG野球について。今回は横浜の投手陣についてのレビューを行います。リンク: 2016年版投手編 2017版野手編

1 熊原健人
まさかの勝ち運で3勝も成績を見るとこの能力は残当。パッと見天子を弱体化させた感じ()

14 石田健大
17年の開幕投手も負傷もあり不本意な1年に。走者を出すと甘く入る癖があるのが懸念事項か。

15 井納翔一
2年連続代役でオールスター出場と代役ぶりが板についてきた井納。どちらかといえば打たせて取るタイプ。

16 加賀繁
かつては右のワンポイントとして一世を風靡した加賀だがここ数年、実は左の方が強いのが加賀である。飛翔癖があり、走者を出すと甘く入る事がある。

17 三嶋一輝
CSでまさかの遺紺試合となった三嶋。使えるなら敗戦処理とかかな?

19 山﨑康晃
一時は抑えを剥奪されたものの、終わってみれば奪三振率などのスタッツがキャリアハイとなった。ハマスタホームながら被本塁打率が低く、高い奪三振率を残せる優秀なリリーバーだ。

20 須田幸太
防御率8.10の選手としてみれば中々悪くはない。ただ2や4が多く疲労Pも0のため主要なリリーフとしては今一つか。

21 今永昇太
ポストシーズンや代表での活躍が記憶に新しいが、前年度より被本塁打率を下げ、アウトを取る力に長けた所があり見所のある投手である。

26 濱口遥大
外れ外れ1位からの2桁勝利を見せたルーキー。制球に難があるが奪三振率も見所がある濱口らしさのある能力となった。

27 久保康友
昨年限りで横浜に別れを告げたMr.クイック。勝ち運を見せていたが、このBIG野球で勝ち運は能力には反映されるものではない。まぁ、谷間ないしローテの末席級かな?

29 尾仲祐哉
新人ながらまさかの人的保障で阪神行きとなった尾仲。疲労Pが2だし敗戦処理適正はあるかな。

30 飯塚悟史
プロ初登板、初勝利を成し遂げた期待の若手右腕。パッと見で近いのはメディスン辺りか。

34 平田真吾
16年、登板した4試合全てで失点というあのダン・ミセリですら成し遂げられなかった怪挙を見せた偉大な大平田様。走者を出すと露骨に投球が変わるのは王者の風格である。

35 三上朋也
防御率5.12ながら31Hという成績を残した三上。投げてみないと分からない出たとこ勝負な男である。

43 進藤拓也
須田をさらに極端化させた感じ。8割方2か4って感じ。

46 田中健二朗
2年連続60登板のタフな左腕。ものすごく悪くは無いがとりたてて凄いワケでもないので正直コメントに困る()

47 砂田毅樹
17年大きく登板数を増やした名誉ドラ1左腕。(柿田?知らない子ですね・・・) 田中より制球や奪三振率で優れているが、その一方田中よりやや被弾しやすい所がある。

49 クライン
指標最強のクラインとは何だったのか。制球が悪い事や外国人枠を使う点に目をつぶれば谷間で使えるだろう。順平クラインだよ

53 パットン
セ界大戦でおなじみパットン将軍。奪三振率の高さで山﨑と共に救援陣の軸として期待できるだろう。

56 ウィーランド
安定感ある投球で横浜史上初の外国人2桁勝利を達成したウィーランド。投球もさることながら注目はその打棒だろう。3マスHRマスがあり、選球眼も他の投手より優れているのだ。

59 平良拳太郎
人的補償で入団し念願の初勝利。ただ1と4が非常に多くローテとしての運用は・・・

62 エスコバー
2軍で干されていた黒羽根との交換で横浜に入り、そして崩壊しかけていたリリーフ陣の救世主となったエスコバー。日ハム時代と合算な成績のせいか、能力はそれほど強いわけではない。


以上が2017年版BIG野球に収録されている横浜の投手陣でした。
大エース級こそ不在だが5枚ローテの駒が揃っているのは評価点。しかしイニングイーターがおらず、かといってリリーフは山﨑・パットン以外全幅の信頼をおけるリリーフもいない。6,7回辺りで苦戦を強いられそうな予感がするし現実その辺りが懸念事項であった。監督のタクトの振り方次第で結果は大きく左右されそうな感じがする。
といった所が全体を見た所感でしょうか。

それでは。

さて、いよいよ間近に迫ってきたコミケ。金曜の初日には17年度版のBIG野球が頒布されます。さて今回はその今年のBIG野球で注目の選手を独断と偏見でピックアップします。

近藤(日ハム)
驚異の安打製造機。怪我により規定到達こそならなかったが打率.400オーバーは脅威的。Isodも高く4への対応力も高そうだ。

サファテ(ソフトバンク)
今年セーブ記録を大幅に更新したサファテ。奪三振率は13.91。5球はどれくらいあるのだろうか。年間通じて四死球11(66イニング)と制球力も高そうだ。

増井(日ハム)
FAでオリックスへの移籍を決めた増井。奪三振率で言えば14.01とサファテを越える数字を残している。

源田(西武)
新人ながらショートでフルイニング出場し新人王を獲得した事は皆のよく知るところだろう。エラーこそ21個と多いもののUZRがショートの中でトップと広いレンジが期待できる。守備範囲が広いショートがフルイニング。脅威的である。

月並みな人選かもしれませんが個人的に注目な選手は以上の4人です。皆パ・リーグの選手だって?それがどうした。
彼らの実際のカード能力が楽しみなばかりです。それでは。

さて今回は90年大洋対16年DeNAの第3戦である。
第2戦は2-0でDeNAが勝利し対戦成績を1勝1敗のタイに戻した。
では早速第3戦のハイライトをしたい。

3連戦もついに第3ラウンド。DeNAは左腕の今永が、大洋は広島のアレンに追いかけ回された大門が先発となった。
DeNAは初回に筒香のタイムリーで幸先よく先制。しかし大洋も2回に進藤の内野ゴロの間の1点で追いつく。
その後は今永・大門の投げ合いが続き同点で試合が進む。
試合が動いたのは7回表。1死1・3塁として高木豊の犠牲フライで勝ち越し点をあげる。
勝ち越されたDeNAは8回、1死2・3塁のチャンスも痛恨の無得点。このビックチャンスを逃してしまうと9回には4番手三上が今季を彷彿とさせる炎上を見せつけ3失点で試合を決定づける。
大洋は最後抑えの遠藤が9回のDeNA打線を3人で封じゲームセット。大洋が対戦成績を2勝1敗で勝ち越しとなった。
DeNAは田中・三上が失点とまるで今年のような燃えっぷりだった。

DeNA-大洋3回戦(横浜スタジアム)
W|010 000 113|6
D|100 000 000|1
勝:大門
敗:今永
本塁打:なし
継投
大洋:勝大門6.0-H新浦1.0-H松本0.2-H岡本0.1-遠藤1.0
DeNA:敗今永6.2-須田0.1-田中1.0-三上1.0
※詳細は後日掲載予定

さて今回は90年大洋対16年DeNAの第2戦である。
第1戦は4-3で大洋が勝利した。
では早速第2戦のハイライトをしたい。

第1戦は大洋が1点リードを守りきり勝利。この第2戦目、DeNAは左腕の石田が、大洋はベテランの斉藤明雄が先発となった。
DeNA石田は5回までパチョレックの二塁打一本に抑える好投を見せる。一方の大洋斉藤もベテランの技で3回までDeNA打線を0に抑える。
試合が動いたのは4回裏。2死から倉本が内野安打で出塁すると続く石川のセンターへの当たりを大洋山崎が後逸し二塁打に。これを見た倉本が一塁から長駆ホームインし昨日と代わり今日はDeNAが先制する。
DeNAはさらに6回、2死満塁として打者は石田。ショートへの打ち取った当たりだったがこれを大洋高橋が上手く捌けず内野安打としてしまい追加点になった。
DeNAの先発石田は終盤、疲れがあったかピンチを作ったものの7回無失点の好投でリリーフに試合を託す。そして後を継いだ三上、山崎康晃が8回9回と大洋打線を0に封じゲームセット。完封リレーで勝利し対戦成績を1勝1敗のタイとした。
大洋としては2失点共に守備の乱れからの失点だっただけに悔やまれる失点だった。

DeNA-大洋2回戦(横浜スタジアム)
W|000 000 000|0
D|000 101 00x|2
勝:石田
敗:斉藤
S:山崎康晃
本塁打:なし
継投
大洋:敗斉藤7.0-岡本1.0
DeNA:勝石田7.0-H三上1.0-S山崎康晃1.0
※詳細は後日掲載予定

さて以前の記事の通り、90年大洋対16年DeNAの第1戦をした。この試合は3連戦で開催し、実際の3連戦のように先攻後攻を統一して行う。(どっちが後攻でもハマスタ開催だから球場特徴はホームランだけど)
早速第1戦のハイライトをしたい。

DeNAの後攻で行われるこのカード、先発投手はDeNAは初戦というわけでどこぞの力士の尻拭いの結果井納、大洋は左腕の野村弘樹となった。
DeNA井納は毎回のように走者を出す苦しい投球もなんとか0に抑えていたものの4回、7番清水に2点タイムリー二塁打を許し先制される。
しかしその裏DeNAは5番宮崎の同点2ランで追い付いたのだが5回にも井納が今度はパチョレックに2点タイムリー二塁打を打たれてしまう。
DeNAは7回、桑原のタイムリーで1点差に迫るが反撃はここまで。9回は大洋ストッパー、遠藤の前に三者凡退で試合終了。大洋がこのカード、初戦を取った。

DeNA-大洋1回戦(横浜スタジアム)
W|000 220 000|4
D|000 200 100|3
勝:野村
敗:井納
S:遠藤
本塁打:宮崎(4回2ラン)
継投
大洋:勝野村7.0-H新浦1.0-S遠藤1.0
DeNA:敗井納6.0-ザガースキー1.0-須田1.0-砂田1.0
※詳細は後日掲載予定

↑このページのトップヘ