納税は国民の義務です

東方BIG野球のプレー記録、その他諸々な感じです。

タグ:雲居一輪

さて先日、リリーフながら9勝をあげている一輪を取り上げた。そしてリリーフ投手ながら2桁勝利なるか?と記事を〆たのだが結論から言うとそれは成し遂げられない事になってしまった。
今季ここまで投げ続けていた疲労が最後の最後に出たのか先日の試合前に負傷が発覚。この負傷で登録抹消となり残りの日付から見て再登録される日には既に公式戦終了となってしまう。そのため新たに白星を積み重ねる事ができなくなってしまった。
皆より一足早くシーズン終了という憂き目に会ってしまったがここまでチーム最多の61試合に登板。9勝1敗14H防御率3.34という成績を残した。残りの試合は、他の選手の奮起で彼女の不在を感じさせない戦いを繰り広げてくれる事を期待したい。

一輪勝利4

59登板9勝1敗13H 3.26 これが現在の雲居一輪の成績である。ここまで先発投手たちを差し置いてリリーフながらチーム2位の9勝をあげている。 
リリーフでここまで白星が多いとヌッスも多いのでは?との疑念も出てきそうなので今回9勝の内訳を調べてみた。
ここまでにあげた9勝の状況を調べた表が以下になる。

(表の見方 登板:登板イニング 登板前:登板直前のスコア 登板後:登板終了時のスコア 攻撃後:登板直後の攻撃終了時のスコア)
ichi16
以上が一輪9勝の内訳であった。ここまでの9勝のうちヌッスをやらかしたのは1回だけ。それ以外は負けないし同点の状況を0に抑えた後打線の援護で勝利を掴んでいる。6/23以外は全て1イニングのリリーフでもある。(6/23は先発負傷退場後の登板)
ここまで一輪は自らの好投でゲームの流れを手繰り寄せ勝利を掴んできた。果たして残る10試合で二ケタの10勝目をあげられるのだろうか?

それでは。

↑このページのトップヘ