納税は国民の義務です

東方BIG野球のプレー記録、その他諸々な感じです。

タグ:鈴仙

内気で優しいうどんげ、甲子園で大暴れ!

第1回センバツ大会1回戦 豆岡4-0閃光魔術

(これが豆岡高校の校歌である。こんなのを全国放送するのか・・・ そういえば昨年夏の校歌はあのBe together 変わった校歌縛りでもしているのか)

・オーダー
2鈴瑚
8小兎姫
4鈴仙
1魔理沙
5慧音
9清蘭
3にとり
6ナズ
7ヤマメ
投手:勝 魔理沙9.0-鈴瑚

―ついに始まったセンバツ大会。1回戦は閃光魔術高校との対戦となった。豆岡が4番投手で魔理沙、閃光魔術が4番投手で早苗と両校4番でエースの対決となったこの試合、動いたのは3回だった。先頭ヤマメが倒れ1死となり打者は鈴瑚。センターに打ち上げるフライとなってしまった。しかし、これをセンター射命丸君が落球。これに焦ったか悪送球も重なり鈴瑚は3塁へ。小兎姫は凡退し迎えるは鈴仙。やさしさに定評のある鈴仙の打球はサードへ。これをサードの天子がファンブルし豆岡が先制点を取る。
そこから両軍ゼロ行進で進み7回、ヒットと四球が絡んで1死満塁とすると打者は先制のタイムリーエラーを打った鈴仙。ここで閃光魔術は投手を右殺しの弁々にチェンジ。右殺しの異名に違わぬ投球で打ち取ったに見えたがピッチャーからサードに代わった早苗が疲れからかまさかの悪送球。これでリードを3点にすると9回にも2死1塁で鈴仙が打った打球はショートに。これをリグルがエラーし1試合3エラーで出塁となりまさかの猛失賞。続く魔理沙の三塁タイムリー内野安打でダメ押しをする。豆岡の先発魔理沙は堅いバックの守備にも助けられ9回を完封で勝利。4-0で見事豆岡がベスト4進出を決めた。

第1回センバツ大会1回戦 豆岡4-0閃光魔術

豆| 001 000 201 | 4
閃| 000 000 000 | 0

勝:魔理沙
敗:早苗

と、いうわけで久々に書く東方BIG野球ネタはサヨナラ勝ちの試合についてです。(しかしライアルを今覚えてる奴いるのかな?)
では早速。
ab00c9c6
(もうこの画像のメンバー誰もいないなぁ…)

1 3.29 6x‐5
何度か取り上げた記憶があるが開幕2試合目でのサヨナラ勝ちだ。8回終了で0‐1と負けていて9回にアリスが痛恨の4失点で敗色濃厚に。しかし9回裏4連打で2点を取るとそして2死にされるが代打慧音が2点タイムリースリーベースで1点差に迫ると続く代打衣玖がサヨナラ2ランHRを叩き込み9回裏一挙6得点でサヨナラ勝ちとなった。

2 5.11 5x‐4
今季2回目のサヨナラ勝ちはこの試合。7回終わって4‐1と3点リードだったが8回に2点返され1点差にされると9回2死から文が痛恨のエラー。そこから同点に追いつかれるがその裏、四球2つでチャンスを作ると代打コンガラが勝ち越しのサヨナラタイムリーヒットを放ち勝利した。

3 5.23 4x‐3
9回終わり2‐2の同点だったが10回に登板したアリスが勝ち越しを許してしまう。その裏、1死から文がスリーベースで出塁すると雛が同点タイムリーで3‐3に。そこから1死満塁に持ち込むと代打の鈴仙が冷静に四球を選びサヨナラ押し出しで勝利を決めた。

今季のサヨナラ勝ちは以上3回である。ちなみにプロ野球記録は1993年のヤクルトの13回のようだ。やはりサヨナラ勝ちというのは気分がいいものである。これからもサヨナラ勝ちを重ねていきたい。

ここ数日ドラフトの記事が続いたので今回は違ったネタで。先日の試合でショートのレギュラーである雛が守備の間に負傷し全治2週間との診断結果が出た。こうもなると一度2軍に落とす必要がありしかもその間のショートの代役を考えないといけない。そこで雛と代役候補を比較してみた。

鍵山雛 46試合 .260 1本 15打点 出塁率.341 OPS.684

まずは雛を見てみよう。下位打線か2番での起用がメインである。それなりの遊撃守備と高いバント力、さらに勝負強い打撃がウリである。15打点はチーム7位で開幕からレギュラーを張っていた衣玖より高い。さらに6月の月間成績は.306 1本と当たっておりこの離脱は痛手である。だが離脱したものはどうしようもないので遊撃候補を以下に記す。

封獣ぬえ 52試合.236  2本 12打点 出塁率.304 OPS.671

ぬえの魅力はどのポジションもできることに尽きる。ただしあくまでも平均的な守備力ではあるが。現在の成績ではどの面も雛に劣り、勝てる部分は走力くらいなものなので厳しい立場であることは否めない。このあたりでアピールし開幕ショートの意地を見せてほしい。

ナズーリン 26試合.217 0本 0打点 出塁率.308 OPS.525

雛の代役候補の中でも有力なのがこのナズーリンだ。堅実な守備は雛以上である。バントや守備走塁と小技に長けた選手で打力こそ他に劣りはするが選球眼が良く2番打者としては中々のチョイスになりそうだ。

鈴仙・優曇華院イナバ 25試合.233 0本 2打点 出塁率.333 OPS.567

代役候補の大穴として期待されるのがこの鈴仙である。本来は二塁がメインであるが遊撃もまぁ平均レベルの守備力はある。積極的に打ち四球が少なめなこと以外はナズと近いプレースタイルである。普段二塁な鈴仙を遊撃に置く場合どんな内野編成になるかというと、二塁夢美三塁星遊撃鈴仙となることが予想されるしここ最近の状態を見ると打撃優先で二塁に夢美を置き三塁は最近昇格した星というプランが増えそうで鈴仙は代走や守備固めが主な起用になりそうなのでスタメン出場なら遊撃の可能性は高いだろう。

以上3人が代役候補である。やや適当ではあるが3人を比較してみると、

ぬえ 打撃3守備3走塁3
ナズ 打撃2守備5走塁4
鈴仙 打撃3守備3走塁4
(雛  打撃3.5守備4走塁2)

と、なりそうである。雛の離脱は痛いがこの3人が活躍でそれを吹き飛ばしてくれれば何よりである。

↑このページのトップヘ