納税は国民の義務です

東方BIG野球のプレー記録、その他諸々な感じです。

タグ:第4回センバツ東方野球大会

センバツも4強の舞台へ。準決勝の相手は初出場となる植田西とのカードとなった。二刀流エースの霧雨魔理沙を中心としたチームで初戦を勝ち抜き対決となった。
植田西の先発は魔理沙、T京令和はマガンと両チームエース対決となった試合は2回、4番に座った勇儀の一発で植田西が先取点を取った。
一方の令和も3回裏にフランのタイムリー二塁打で同点に追いつき1-1で試合は進行する。
風雲急を告げたのは6回。5回頃から連投の疲れを見せたマガンを捉えだす植田西打線は2死2.3塁と一打勝ち越しの好機を作る。打者は明羅。ここで令和の怪物マガンに出たのは疲労か、それとも焦りか。
セットポジションでの静止不足で痛恨のボークとなり勝ち越し点を献上してしまう。
その後令和は疲れの見えたマガンに代えこころ・屠自古の2人が無失点リレーで反撃を待つと、打線も7回の代打攻勢をはじめチャンスこそ作ったものの1点が届かず試合終了。
植田西の魔理沙が1失点完投で決勝へ駒を進めた。
一方のT京令和もマガンの怪投があったものの残念ながらベスト4で姿を消すことになった。

さて、春の恒例行事であるセンバツ大会も第4回目となった。私は昨年の大会は欠席だったため2年ぶりの参戦となる。早速試合結果を書いていきたい。

――1回戦は旧作選手で編成された昭和高校との対決となった。ちなみにこちらはT京令和大付属である。先発はマガンVS魅魔。
試合は両軍先発が相手打線を0に抑える投球で序盤は進行。試合が動いたのは4回裏。T京令和3番の依姫がUPからランニングHRを出して先取点を奪取。その後6回にも神子に一発が飛び出て2点差に広げる。
先発のマガンは令和の怪物の名に恥じない堂々たる投球で7回を終えて昭和打線をノーノーに抑える快投を見せた。
しかし8回表、エラーと四死球で1死2,3塁とすると昭和の代打はくるみ。スクイズを敢行。これをマガンは見事ピッチドアウトし2死3塁に追い込んだものの打者のくるみがまさかまさかまさかのランニングHR。昭和高の初安打はまさかの同点走本となり試合は振り出しに戻った。
その後試合は延長戦へもつれ込んだ。T京令和はマガンが相変わらず昭和打線を0に抑えると昭和は投手を9回からサリエルにスイッチ。
11回裏、2死から慧音が三塁打を放ち一打サヨナラの好機を作ると続く打者は途中出場の鈴仙。この鈴仙がセンター前にサヨナラ打を放ち試合終了。見事サヨナラ勝ちで4強に駒を進めた。
なおマガンは11回を投げて被安打1 四死球2 1失点 14奪三振の怪投を見せ、令和の怪物の名を欲しいままにするピッチングを見せた。

↑このページのトップヘ