納税は国民の義務です

東方BIG野球のプレー記録、その他諸々な感じです。

タグ:第2回センバツ東方野球大会

さて、今年の夏の甲子園もついに開幕した。そこで今回は過去の甲子園での戦いぶりを振り返りたい。
まずは今年の春開催された第2回センバツ大会だ。

・1回戦 VSSTF学園高校
このセンバツではハーバード大山形の監督として参戦。1回戦はSTF学園高校との戦いになった。
試合は山形マガン対STF早苗の投げ合いとなり0行進に。
そのまま試合は延長に突入。10回裏、1死満塁のピンチになったもののチーム一丸となってサヨナラを阻止したが早苗を打ち崩せない。
最後は13回裏、3番手のリリカが先頭の神奈子に被弾を許しゲームセット。残念ながら1回戦で敗退となってしまった。

山|000 000 000 000 0|0
S|000 000 000 000 1x|1x
勝:早苗(STF)
敗:リリカ(山形)
本:神奈子(STF 13回サヨナラ)

第2回センバツ大会の決勝が行われ、かきくけ高校が妖精帝國学園を延長14回の末6-5で倒し優勝を手にした。
試合は両軍追いつ追われつのシーソーゲームとなり延長戦へ。決勝点は14回表、2死1塁から投手ムラサの二塁打が飛び出し1塁ランナー寅丸が一気に生還。
妖精帝國もその裏先頭キクリが出塁しその後エラーが絡んで1死2・3塁のチャンスを作ったが後一歩届かなかった。

4月頭より開幕したセンバツ大会も早いもので決勝となった。
決勝のカードは、かきくけ高校VS妖精帝國学園高校となった。
今大会はここまで21本のHRが出る打の大会となっているがここまで両チームはかきくけ、妖精帝國共に6HRと打撃陣の活躍が目立っている。
決勝は今日23時頃に開始予定だ。果たしてどちらが優勝旗を掴み取るのか。

ハーバード大山形、延長13回に散る

ハーバード大山形 0-1x STF学園高校 甲子園球場
ハ| 000 000 000 000 0| 0 
S| 000 000 000 000 1x| 1x
勝:早苗
敗:リリカ
継投 ユウゲンマガン9.0-神綺3.0-Lリリカ0

<スターティングオーダー> 
1 6十六夜⑥
2 9射命丸⑨
3 8姫海棠⑧
4 3純狐②
5 5上白沢⑤
6 4鈴仙④
7 2キスメ⑭
8 7清蘭⑦
9 1ユウゲンマガン⑫

さぁ開幕したセンバツ大会。開幕戦となったこの試合、ハーバード大山形は大方の予想を裏切りユウゲンマガンを先発に。対する相手のSTFはエースで4番、東風谷早苗が先発。
ハ大山形はSTF先発早苗の不安定な立ち上がりを突きチャンスを作ったが結局無得点。その後は両校の守りが冴え0行進で試合は進んだ。
転機は10回に訪れた。10回裏先頭のリグルを四球で出塁させてしまうと続く大妖精のバントは野選となり無死1・2塁とサヨナラのピンチ。ここでハ大山形はユウゲンマガンを諦め神綺にスイッチ。文を内野ゴロに打ち取るが、なおも1死1・3塁となりてゐを敬遠し満塁策を取る。
神奈子を一塁ゴロに打ち取り2死とすると早苗の打球は咲夜が打ち取り3死チェンジ。この絶体絶命のピンチを凌ぎきった。
そのまま試合は12回まで進行しハ大山形は13回からリリカを起用。しかしこのリリカがSTFの先頭打者・八坂神奈子に痛恨の被弾。これがサヨナラホームランとなりゲームセット。ハ大山形の春は1回戦で終わった。

さて、今日プロ野球が開幕して大阪対決となった春の選抜大会が明日決勝となる中東方球界の選抜大会は明日開会式が行われる。 前回から導入された超特殊能力がさらにグレードアップしてエキサイティングな試合が繰り広げられるだろう。 果たして今回はどのチームが栄冠を手に入れるのだろうか。

↑このページのトップヘ