納税は国民の義務です

東方BIG野球のプレー記録、その他諸々な感じです。

タグ:甲子園

第5回甲子園決勝、ナローVS木葉下の再試合が開催された。
前戦が延長15回の末引き分けに終わり迎えた再試合。ナローは永琳に代わって豊姫が、木葉下は魔理沙が連投で先発となった。
試合は初回、布都のタイムリーでナローが先制するもののその裏木葉下も連打で逆転し木葉下リードで試合は進行する。
このまま終わるかと思われた9回表、2死2塁とし正邪が起死回生の逆転2ランを放ってナローが後1人まで追い込まれながらも土俵際でひっくり返す。
あと1人で念願の初優勝が迫っていた木葉下だったが、決勝進出チームの意地を見せ逆転された直後、9回裏に先頭の明羅が同点HR。そして決勝は2試合連続で延長へと突入となった。
その後試合は同点のまま進行。このまま再々試合も視野に入った14回、ナローはこの回のトップバッター、ヘカーティアが均衡を破るソロHRを甲子園の空に放ち三度リードをつかみ取る。
ここまで2回追いすがっていた木葉下だったが、この14回裏はナローのマイを前に三者凡退でゲームセット。
こうして2試合合計29イニングの長期戦の末第5回甲子園大会はナローが初優勝の栄冠を掴み取った。

甲子園決勝再試合 ナローVS木葉下
ナ|100 000 002 000 01|4
木|200 000 001 000 00|3
勝:ユキ
敗:魔理沙
HR:正邪2ラン(9回)明羅ソロ(9回)ヘカーティアソロ(14回)

スコアプレー
1表 1死1塁 布都タイムリー二塁打 1-0
1裏 無死1.2塁 小町タイムリー安打 1-1
1裏 無死1.3塁 明羅タイムリー安打 1-2
9表 2死2塁 正邪逆転2ラン 3-2
9裏 無死 明羅同点ソロ 3-3
14表 無死 ヘカーティアソロ 4-3

ついに第5回の甲子園大会も決勝に。注目のカードはナローVS木葉下となった。お互い初優勝をかけての大一番となるが注目の先発はナロー永琳・木葉下魔理沙と共に準決勝からの連投となった。
先手を取ったのは木葉下。3回表、1死2.3塁として神子のサードゴロをナローの寅丸がファンブルし3塁走者が生還。これで木葉下が先制すると4回には連投で疲れの見える永琳からお燐がタイムリーで2-0とリードする。
ナローも負けじと反撃を見せる。5回裏、1死2塁として先程先制エラーをしてしまった寅丸が汚名返上のタイムリーを打ち反撃の狼煙を上げる。
その後はお互い0が続き木葉下優勝かと思われた8回裏、2死2塁から依姫のタイムリーが飛び出て同点。ナローは試合終盤にタイスコアに戻すことに成功しゲームは延長へ突入。
その後は両軍0が続いて15回。結局両者三者凡退で終わりゲームセット。決勝戦はまさかの同点引き分けに終わり、後日再試合が開催される事になった。

甲子園決勝 ナローVS木葉下
木|001 100 000 000 000|0
ナ|000 010 010 000 000|0

スコアプレー
3表 1死2.3塁から神子のサードゴロを寅丸がタイムリーエラー 1-0
4表 1死2塁からお燐のタイムリー 2-0
5裏 1死2塁から寅丸のタイムリー二塁打 2-1
8裏 2死2塁から依姫のタイムリー 2-2

第5回甲子園大会は準決勝の第2試合が行われ、ナロー高校が盾丘高校を1-0で制して決勝進出を決めた。
試合は両軍の投手が0に抑える投手戦を展開し延長戦へ。10回裏代打正邪がサヨナラ弾を放ちゲームセット。盾丘に34イニング目にしてこの夏初めてスコアボードに1以外の数字を刻んだ。
この結果決勝は木葉下VSナローとなった。お互いに初優勝をかけた大一番となる。

第5回甲子園大会もついに4強。準決勝第1試合は木葉下高校VS春王者のかきくけ高校というカードになった。
試合は初回から動いた。木葉下が布都のタイムリーで1点を先取すると5回には連続タイムリーで3得点。
しかしかきくけも4回にタイムリーエラーが出ると7回にはスクイズで同点に追いつき春王者の強さを見せる。
試合が決まったのは8回表。お燐の押し出し死球で勝ち越すと鈴瑚に2点タイムリー二塁打が出て3得点。最後かきくけも得点圏に走者を進めるも点には至らずゲームセット。木葉下が決勝進出を決めた。

木葉下高校-かきくけ高校
木| 100 020 030 |6
か| 000 101 100 |3 

スコアプレー
1表 布都 右安1 1-0
4裏 小町 遊失1 1-1
5表 夢月 中安1 2-1
5表 小町 中安1 3-1
6裏 布都 右本1 3-2
7裏 響子 投ス1 3-3
8表 お燐 死球1 4-2
8表 鈴瑚 中二2 6-2

さて、今年の夏は投手戦の末1回戦敗退となってしまったが、今回は初出場にして栄冠を掴んだおととしの夏を振り返りたいと思う。健大高崎をもじった健大トゥギャ崎として参戦した。

第3回甲子園大会
・1回戦 健大トゥギャ崎22-0超最強⑨高校
1回戦は超最強⑨高校に。初回に1つもアウトを取られず打者一巡の猛攻で7点先制するとその後も追加点を重ね最終的に22対0という圧倒的大差で勝利。先発サリエルは3安打10奪三振完封勝利となった。

・決勝 健大トゥギャ崎5-0東方大附属姫川高
参加チーム数の都合で1回戦の次が決勝に。この結果サリエルを連投させる事が可能になった。試合は初回に布都の3ランで先制するとそのまま最後までサリエルがスイスイなげ試合終了。結局決勝は5安打10奪三振で完封勝利。18イニング無失点という圧巻の投球で夏を制した。

以上が一昨年の夏の戦いであった。今年の夏は残念ながら早くも敗退となってしまった。次の大会はどんな大会で果たしてどのような結末を辿るのか・・・・・・

↑このページのトップヘ