納税は国民の義務です

東方BIG野球のプレー記録、その他諸々な感じです。

タグ:永江衣玖

先日全36試合が終了したBリーグ。各種タイトルが決定する中今回はベストナイン候補について。
現在1つのポジションを除き誰がベストナインかは決定している。その決まった選手たちを見てみよう。 (赤太字はタイトル獲得を意味する)

投 霧雨魔理沙(斑鳩) 5勝0敗 防御率2.78 最多勝、最高勝率、最多奪三振
捕 蓬莱山輝夜(薬局) .390 6 10
一 堀川雷鼓(博麗) .307 9 24
二 物部布都(斑鳩) .325 13 43 HR王、打点王
遊 夢子(斑鳩) .378 2 10
外 豊聡耳神子(斑鳩) .353 3 12 盗塁王
外 ヘカーティア(妖怪) .343 8 22 最多安打
外 多々良小傘(斑鳩) .283 13 30 HR王
指 星熊勇儀(斑鳩) .427 7 17 首位打者、最高出塁率

以上のメンバーはベストナインが確定した。残るポジションはサードである。
このポジションを巡り2人の選手が争っているのだ。
その選手は岡崎夢美(博麗)と永江衣玖(斑鳩)の2名である。2人のアピールポイントを挙げると、
・夢美:リーグ上位の8HR、長打が多い、高いOPS
・衣玖:優勝チームの正三塁手としてプレー、打率3割到達に5HR
となる。
さらに細かく成績を見ると、夢美は打率こそ.281だがHR8本をはじめ二塁打3本に三塁打7本と長打が多くOPSは.968で対する衣玖は打率は.304だが二塁打8本で三塁打は無い。OPSは.845と夢美に1割以上劣る。
OPSや人気知名度などを考慮し現在は夢美がサードのベストナイン受賞というのが濃厚である。しかし決定はまだされておらず発表時にはまさかの逆転があるかもしれない。正式発表を待つばかりだ。

と、いうわけで久々に書く東方BIG野球ネタはサヨナラ勝ちの試合についてです。(しかしライアルを今覚えてる奴いるのかな?)
では早速。
ab00c9c6
(もうこの画像のメンバー誰もいないなぁ…)

1 3.29 6x‐5
何度か取り上げた記憶があるが開幕2試合目でのサヨナラ勝ちだ。8回終了で0‐1と負けていて9回にアリスが痛恨の4失点で敗色濃厚に。しかし9回裏4連打で2点を取るとそして2死にされるが代打慧音が2点タイムリースリーベースで1点差に迫ると続く代打衣玖がサヨナラ2ランHRを叩き込み9回裏一挙6得点でサヨナラ勝ちとなった。

2 5.11 5x‐4
今季2回目のサヨナラ勝ちはこの試合。7回終わって4‐1と3点リードだったが8回に2点返され1点差にされると9回2死から文が痛恨のエラー。そこから同点に追いつかれるがその裏、四球2つでチャンスを作ると代打コンガラが勝ち越しのサヨナラタイムリーヒットを放ち勝利した。

3 5.23 4x‐3
9回終わり2‐2の同点だったが10回に登板したアリスが勝ち越しを許してしまう。その裏、1死から文がスリーベースで出塁すると雛が同点タイムリーで3‐3に。そこから1死満塁に持ち込むと代打の鈴仙が冷静に四球を選びサヨナラ押し出しで勝利を決めた。

今季のサヨナラ勝ちは以上3回である。ちなみにプロ野球記録は1993年のヤクルトの13回のようだ。やはりサヨナラ勝ちというのは気分がいいものである。これからもサヨナラ勝ちを重ねていきたい。

前回までのあらすじ
2位ではたてを指名。3位は小傘を抽選で当てる。

さて、ここから4位指名である。チームを作るからにはこの4位指名以降も重要である。
この4巡目では永江衣玖を指名。堅実な三塁守備と勝負強さ、さらに死球の多さがバルディリスを彷彿とさせる
この4位と続く5位指名はどの監督も重複なく各々の指名した選手の獲得に成功した。永江衣玖獲得成功である。
そして5位ではこちらも堅実な守備と勝負強さに光るものがある鍵山雛を指名した。badferd監督曰く山崎憲晴ないし倉本寿彦が該当する選手なようだ。今回のチームの野手陣は2014基準なため山崎と見るのが妥当か。
6位指名では妖夢を指名。監督は石川雄洋と見立てているらしい。で、4位5位は重複なしと言ったがなぜ6位に対しての言及がないのかというと抽選になったからである。さーて今日5回目の抽選だ。ここまで2勝2敗のイーブンなのでここで勝ち越しに持って行きたいが結果というと……

ffe470f8

スケボーに乗って大はしゃぎ!妖夢を引き当てることに成功だ!
これにて抽選成績は3勝2敗で勝ち越しに。いい流れで指名が出来ている。
ここから7位8位はダイジェストで。
7位で捕手要員としてレティを指名高城捕手もせめてレティ並みには打っていただきたい。
8位ではDHとしての活躍を期待しコンガラを指名。長打力のある選手なら萃香も残っていたがあえてコンガラを指名するとこれが大当たり!萃香に3監督の指名が集中する中コンガラは見事一本釣りである。
そして残るはラストの9位指名だ。この9位指名では大きなハプニングがあったがそれについては次回以降書くことにしよう…
―続く

4 左 フランドール・スカーレット 99 .311 19 40
上記は日程を6月11日まで消化し、58試合が終わった時点でのフランの成績である。ここしばらくHRがないことが気がかりではあるが、ここまで4番打者の重責を果たしているといっていいだろう。しかし、このフランには大きな問題がある。彼女は吸血鬼なため、日中の屋外試合では出場は難しく、代打1打席限定となってしまう。そのためフラン以外の4番を考える必要がある。ここでここまでの試合でフラン以外の選手が4番でスタメン出場した際の成績を記してみた。

永江衣玖
3試合 4.10 4.15(この試合はフランが3番でスタメン出場 フランが唯一4番以外でスタメン出場した試合である) 5.3
打率.000(8-0) 四死球3 出塁率.273 OPS.273 勝敗:1勝2敗

藤原妹紅
3試合 4.23 6.1 6.4
打率.100(10-1) 打点1(犠牲フライ) 四死球2 出塁率.231 OPS.331 勝敗:2勝1敗

岡崎夢美
1試合 4.25
打率.250(4-1) 盗塁1 出塁率.250 OPS.500 勝敗:1敗

合計 7試合 打率.091(22-2) 打点1 盗塁1 出塁率.250 OPS.341 勝敗:3勝4敗

―こうしてみるとかなり悲惨な成績である。ある意味救いといえばフランが欠場せざるを得ない試合がまだ6試合のみなことだろう。ちなみに勝利した3試合は、
・2番美鈴と3番小町が共に2打点で4-1で勝利
・サリエルが12回を一人で投げぬき2-1で勝利
・7-6で延長の末勝利 この日4番の妹紅は3の0 四死球2 勝ち越しの犠牲フライ
と一応3試合目は勝利に貢献したが4番以外の頑張りで勝利した試合といっていいだろう。
ただ7試合で3勝4敗とほぼ勝敗が五分五分であったことが意外であった。チーム内三冠王の選手が不在となればおのずと試合は不利になってしまうものだがその他の選手の奮闘と試合の絶対数の少なさ故か大きく負け越すことは回避できた。
願わくば今後、フランがいるいないに関わらず4番の座を脅かす成績を出せる選手の登場に期待したいものである。ポテンシャルでいえば夢美はかなりのものがあるし、衣玖は打撃のみならず守備力も中々のものがある。そして絶好調時の妹紅はフランと勝負できるほどに怖い打者だ。無論、ここまでフランの代役で4番に起用した3人以外の選手の頑張りにも期待をしたい。
それでは今回の記事はこの辺りで。ありがとうございました。

↑このページのトップヘ