納税は国民の義務です

東方BIG野球のプレー記録、その他諸々な感じです。

タグ:横浜DeNAベイスターズ

さて今回は90年大洋対16年DeNAの第3戦である。
第2戦は2-0でDeNAが勝利し対戦成績を1勝1敗のタイに戻した。
では早速第3戦のハイライトをしたい。

3連戦もついに第3ラウンド。DeNAは左腕の今永が、大洋は広島のアレンに追いかけ回された大門が先発となった。
DeNAは初回に筒香のタイムリーで幸先よく先制。しかし大洋も2回に進藤の内野ゴロの間の1点で追いつく。
その後は今永・大門の投げ合いが続き同点で試合が進む。
試合が動いたのは7回表。1死1・3塁として高木豊の犠牲フライで勝ち越し点をあげる。
勝ち越されたDeNAは8回、1死2・3塁のチャンスも痛恨の無得点。このビックチャンスを逃してしまうと9回には4番手三上が今季を彷彿とさせる炎上を見せつけ3失点で試合を決定づける。
大洋は最後抑えの遠藤が9回のDeNA打線を3人で封じゲームセット。大洋が対戦成績を2勝1敗で勝ち越しとなった。
DeNAは田中・三上が失点とまるで今年のような燃えっぷりだった。

DeNA-大洋3回戦(横浜スタジアム)
W|010 000 113|6
D|100 000 000|1
勝:大門
敗:今永
本塁打:なし
継投
大洋:勝大門6.0-H新浦1.0-H松本0.2-H岡本0.1-遠藤1.0
DeNA:敗今永6.2-須田0.1-田中1.0-三上1.0
※詳細は後日掲載予定

さて今回は90年大洋対16年DeNAの第2戦である。
第1戦は4-3で大洋が勝利した。
では早速第2戦のハイライトをしたい。

第1戦は大洋が1点リードを守りきり勝利。この第2戦目、DeNAは左腕の石田が、大洋はベテランの斉藤明雄が先発となった。
DeNA石田は5回までパチョレックの二塁打一本に抑える好投を見せる。一方の大洋斉藤もベテランの技で3回までDeNA打線を0に抑える。
試合が動いたのは4回裏。2死から倉本が内野安打で出塁すると続く石川のセンターへの当たりを大洋山崎が後逸し二塁打に。これを見た倉本が一塁から長駆ホームインし昨日と代わり今日はDeNAが先制する。
DeNAはさらに6回、2死満塁として打者は石田。ショートへの打ち取った当たりだったがこれを大洋高橋が上手く捌けず内野安打としてしまい追加点になった。
DeNAの先発石田は終盤、疲れがあったかピンチを作ったものの7回無失点の好投でリリーフに試合を託す。そして後を継いだ三上、山崎康晃が8回9回と大洋打線を0に封じゲームセット。完封リレーで勝利し対戦成績を1勝1敗のタイとした。
大洋としては2失点共に守備の乱れからの失点だっただけに悔やまれる失点だった。

DeNA-大洋2回戦(横浜スタジアム)
W|000 000 000|0
D|000 101 00x|2
勝:石田
敗:斉藤
S:山崎康晃
本塁打:なし
継投
大洋:敗斉藤7.0-岡本1.0
DeNA:勝石田7.0-H三上1.0-S山崎康晃1.0
※詳細は後日掲載予定

を、今後やる予定です。
もう2017年のペナントも大詰めの中半ば現実逃避的に1990VS2016をおっ始めます。
試合は1カード、3連戦でやります。
16も90も借金2のAクラス、3位でフィニッシュと中々似通った点のあるチームであります。
シーズン自体もAクラスが広島、巨人、横浜で構成され共に1位が大差をつけ優勝とこちらも似通った点のあるシーズンでありました。(1990:巨人優勝、2位広島22.0差 2016:広島優勝、2位巨人17.5差)
果たしてどんな結果になるのか…

2017年8月30日 中日 vs DeNA (ナゴヤドーム)
中日3-6DeNA 
勝:飯塚
敗:大野
S:山崎康
http://baseballking.jp/npb-game?id=2017083002

と、いうわけで今日の中日戦でプロ3年目、新潟出身の飯塚悟史投手がプロ初勝利を成し遂げました。
飯塚投手は今季1軍初登板しその後5試合で先発したものの後続の投手に勝ちを消されたりバックのマズイ守備に足を引っ張られたり、さらに地元新潟での登板が雨で流れたりと中々初勝利まで遠かったのですが今日の試合は5回までに5得点の援護を得ると投げては中日打線を5回まで無失点に抑えました。
6回、京田に被弾され結局6回途中1失点で降板したものの今日はリードを最後まで守りきり見事勝利。念願のプロ初勝利を手に入れました。

-以上の通り飯塚投手が見事プロ初勝利を達成しました!
昨日はウィーランド先発に宮崎の満塁弾が出たものの敗北となってしまい、今日は大野相手に未だ白星なしの飯塚投手というわけで苦戦を予想していたんですがその予想を裏切り見事に勝ってくれました!

ここまでなんやかんやで白星がつかずにいましたがようやく念願の初勝利。これからのチームを担う先発に是非なってほしいものです。
現在今永や濱口と若い左腕は続々出ていますが一方右は?だったチームに風穴を空けるかの活躍。
将来は番長の18番を継げるような良い投手になってほしいばかりです。
それでは。

山口俊が先発した今日の巨人戦に大勝し、横浜は今年初のスイープを成し遂げました。
昨日の貯金の壁に引き続きスイープの壁をも連日で乗り越えました。えてしてこういうものは1回超えるとスイスイ行けるものですがそれにしても今日はファンの溜飲が下がるような快勝でありました。
一方で心配なのは途中、小林との交錯で負傷退場した石川。今日は2番起用で3打数2安打1打点と起用に応える活躍だっただけに痛いものがあります。
本人は平気な事をアピールしていましたが果たして実際プレーできるのか?今日良かっただけに悔やまれる負傷であります。
ついでにいうともし2軍落ちとなる場合、目ぼしい候補が居ないことも不安材料であります。
内野ユーティリティーの柴田が負傷で2軍落ち。それの実質2番手的立ち位置の白崎も同じく負傷。
そして彼ら以外の選手はもうロクなのがいない。エリアンは再昇格できるのが8日以降とサッパリであります。(ちなみに代えられそうな要員として挙げられるのは山崎・飛雄馬・狩野・松尾らがいるが飛雄馬を除き2軍で1割台という現状である。)
その為1軍で2割5部打てる石川は何やかんや言って今の横浜には必要な選手なのです。

さて石川の負傷度合いという不安要素こそありますが見事な快勝でスイープを成し遂げた横浜。呪縛から解き放たれたチームの躍進に期待したいものです。間違っても3タテの壁までついでに越さないように

それでは。

↑このページのトップヘ