納税は国民の義務です

東方BIG野球のプレー記録、その他諸々な感じです。

タグ:東方BIG野球

今年で第6回目となる第6回東方BIG野球甲子園。1回戦第1試合として武道が丘高校対紫足農業高校の試合が行われた。
ここ数回の甲子園は19がエラーチェックになる事もあり守備重視のチームを組んで臨んだものの優勝には至らずに終わったため、180度方向性を変え攻撃・火力重視の陣容で試合に挑んだ。

さて試合の方だが初回に柴足農の藤原が2ランを打ち先制すると3回の第2打席にも2打席連続となる2ランを放ち3回終わって柴足農が4-0とリードを取る。
武道が丘は3回で先発聖を諦め2番手四季映姫にスイッチするも火のついた柴足農打線の勢いを封じ込めるどころか逆に加速させてしまい3回6失点の滅多打ちにあってしまう。
反撃したい打線も柴足農先発博麗を前に一発長打どころかチャンスの糸口を掴むこともままならない。
8回に4番多々良の2点タイムリーが出て辛うじて完封は阻止したものの反撃はこれまで。2-11の大敗を喫し早々に甲子園を去る結果に終わってしまった。こういう試合展開なら某足農もエースを温存できただろうに


武道が丘 2-11 柴足農 阪神甲子園球場
柴| 202 213 001 | 11
武| 000 000 020 | 2
勝:博麗
敗:聖
継投 L聖3.0-四季映姫3.0-ユキ3.0

スタメン
5寅丸
4へカーティア
8フランドール
9多々良
3ユキ
2鈴瑚
7コンガラ
1聖
6ナズーリン

終盤一気呵成の猛攻で8連勝

浜宮オイスターズ 8-4 霧島ハルバーズ 18:00 阪神甲子園球場
浜| 000 100 511 | 8
霧| 002 200 000 | 4
勝:ルナサ 1勝 
敗:豊姫
S:サリエル 5S
継投 赤蛮奇5.0-Wルナサ1.0-H霊夢1.0-H里乃1.0-Hパチェ0.1-Sサリエル0.2

スタメン
8文
3雷鼓
5妹紅
2純狐
7藍
Dお空
9妖夢
6夢子
4石川
P赤蛮奇

・トピックス
3試合ぶりのDH制ゲームなためお空が指名打者に入る。

引き分けを挟み7連勝中と絶好調のオイスターズ。しかし今日は赤蛮奇の制球が定まらず5回4失点、打線も豊姫の球威ある投球の前に6回まで藍のソロHRによる1得点に抑えられていた。
試合が大きく動いたのは7回表。1つの安打と3四球で1点を返しなおも満塁のチャンスを作ると打者は雷鼓。ここで豊姫がボークを犯し1点を返すと残る走者も雷鼓の4号3ランHRで一掃し逆転。6対4と逆にリードを取る形になった。
その後も追加点を重ね4点リードで試合は9回裏。パチュリーが登板したものの1死1.3塁のピンチを招くとセーブシチュエーションとなり投手をサリエルに交代。先頭打者を併殺打に切ってとりゲームセット。この勝利で連勝を8に伸ばした。
なおこの試合、オイスターズは奪三振がゼロという珍しい記録を残した。

試合後コメント
「お疲れ様でした。物の怪の類が憑いてるかのような猛攻だったね。」
(赤蛮奇が4四球)
「相手の待球戦術が上手くはまったね。そういう時もある。」
(7回に5得点)
「先頭のお空が出てからリズムが変わったね。(豊姫の)制球がバラついてきた。走者が貯まったところで雷鼓に一発が出た。チャンスを引き寄せたこと、そしてそのチャンスをモノにしたこと。本当によくやってくれた。」
「おかげでまた連勝が伸びた。選手の調子は上々だしそれを邪魔しないようにしたいね。」

妹紅、殊勲のサヨナラ打で7連勝!

浜宮オイスターズ 6x-5 茨城ミラクルズ 18:00 福岡 ヤフオク!ドーム
茨| 002 010 200 0| 5
浜| 004 001 000 1x| 6x
勝:里乃 1勝 
敗:早苗
継投 朝倉6.0-霊夢0.1-Hエリー1.0-Hこころ0.2-Hサリエル1.0-W里乃1.0

スタメン
8文
3雷鼓
5妹紅
2純狐
7藍
9妖夢
6夢子
1朝倉
4石川

・トピックス
前日と同じく1番は文。

先の勝利で引き分けを挟み6連勝のオイスターズ。今日勝てばこの1週間全勝となる勝負だったが3回表、勇儀に先制弾を打たれ先行を許してしまう。
しかし、その直後前の試合から5番に入った藍の2号満塁HRで逆転する。先発朝倉は6回3失点で降板し2点リードの7回。ここまでの試合で完璧に近い投球を見せてた霊夢から茨城小傘が同点2ランを放ち試合は振り出しに戻った。
その後オイスターズはチャンスを作るが点には結びつかず試合は延長へ。10回裏、2死1塁の場面でバッターは3番妹紅。連投中の早苗が投じた甘く入った球を振りぬくと打球は左中間真っ二つ。1塁から文が長躯ホームインしゲームセット。これで今週全勝と引き分けを挟み7連勝が決まった。

試合後コメント
「お疲れ様でした。サヨナラは今季初めてかな?サヨナラ勝ちは活気が出るよね。」
(6回3失点の先発・朝倉理香子)
「悪くは無かったよ。これからもゲームを作ってほしいね。」
(純狐に当たりが出ない)
「まだ9試合目。特別焦ったり何かを講じる必要はまだ無い。幸い他の面々が打っているし、徐々に調子を上げてもらえれば。」
「これで今週は全部勝つことができました。とにかく連勝を伸ばしていきたい。」

雷鼓連発で6連勝

浜宮オイスターズ 7-2 地底界スパイダーズ 18:00 東京D
地| 001 100 000 | 2 
浜| 000 040 12x | 7
勝:幽香 1勝 
敗:聖
継投 幽香6.0-H里乃1.0-H霊夢1.0-パチェ1.0

スタメン
8文
3雷鼓
5妹紅
2純狐
7藍
9妖夢
6夢子
1幽香
4石川

・トピックス
1番を藍から文に変更。

引き分けを挟み5連勝のオイスターズ。久しぶりの試合となった今日の先発は幽香。6回を投げて2失点と試合を作った。
対する地底は先発の聖が序盤から飛ばし4回終わって6奪三振と好投していたもののその流れに待ったがかかる。1死から投手の幽香が二塁打で出塁すると続く石川のタイムリーで1点返すと文が続き打者は2番・雷鼓。逆転となる第2号3ランをかっ飛ばしリードを掴み取る。
その後7回にも雷鼓は2打席連続となる3号ソロを打つと8回には夢子犠牲フライ・昨日昇格の代打清蘭の一発で今日7得点。
最後は今季初登板のパチュリーが3人で地底打線を抑えゲームセット。引き分けを挟み6連勝と好調ぶりを見せつけた。 

試合後コメント
「お疲れ様でした。久しぶりのゲームでしたけど好調さが失われてなかった。」
(雷鼓が2打席連発)
「ナイスバッティングでした。力のある打者だよね、本当に。」
(先発・幽香が二塁打)
「あそこまで聖は好調だった。意外なところから出た一打が(聖の)ペースみたいなものを狂わせたのかもしれないね。」
(パチュリーが初登板)
「8回でリードが作れたし、試してみようと思った。サリエルが温存できたし、パチュリーもいい投球を見せてくれた。」
「いい感じで今試合ができている。好調を維持したいね。」

接戦を制し引き分け挟み5連勝

浜宮オイスターズ 5-4 地底界スパイダーズ 18:00 横浜スタジアム
浜| 110 020 001 | 5 
地| 011 002 000 | 4
勝:サグメ 1勝1敗 
敗:こころ
S:サリエル 4S
継投 Wサグメ8.0-Sサリエル1.0

スタメン
7藍
8文
3雷鼓
2純狐
5妹紅
9妖夢
Dお空
6夢子
4石川
Pサグメ

・トピックス
2試合連続でDH有りの試合に。

4連勝中のオイスターズ。初回、2死から3連打で先取点を取りリードを取る。
今日の先発は開幕投手のサグメが登板。2本の本塁打を許したが尻上がりに調子を上げ試合を作る。
試合は膠着状態のまま9回に。この回先頭の石川が第1号となる勝ち越し本塁打をライトスタンドに持って行き勝ち越し点を獲得。
最後はクローザー・サリエルが相手打線を3者凡退に締めゲームセット。引き分けを挟み5連勝となった。

試合後コメント
「お疲れ様でした。お互い決定打を欠くタフな試合でしたが勝ててよかったです。」
(純狐が猛打賞)
「ここまでちょっと不調な所が見えましたが今日3安打。コツと言うか感覚を掴んだんじゃないかな?」
(石川が決勝弾)
「ここ数試合苦しんでいた中、こう結果を残せてとても嬉しいんじゃないかな。」
「連勝を5まで伸ばせました。このままどんどんと伸ばしたいよね。」

↑このページのトップヘ