納税は国民の義務です

東方BIG野球のプレー記録、その他諸々な感じです。

タグ:月間MVP

5月の月間MVPについてです。前回書いたのが2月なので1年近く間が空いてしまった。オーノー()

前置きはこの辺にして、5月の月間MVPはこうなりました。


投手5月度月間MVP:パチュリー 9登板 2勝7H 防御率0.00 KD113
野手5月度月間MVP:純狐 .356 5本 19打点 OPS.968

投手次点:サリエル 11登板 9S 防御率0.82 KD123
野手次点:文 .351 0本 3打点 出塁率.396 OPS1.013 


―3.4月は12勝10敗2分で貯金2。先月に比べると3連敗など苦戦も見られたが順調に貯金を積み重ねた。
5月も文が出て後続の長距離砲で返すのが主な攻撃パターンで、投手陣は先発は支配的な投球を見せる機会こそ少なかったもののそれなりに試合を作りさえすれば勝ち継投で僅差の試合をキッチリとモノにするのが勝利パターンとなった。その影響がこの人選にも出ている。

野手のMVPは純狐。全試合4番としてフルイニング出場中の彼女は5月の間は打棒が冴え月間打率はチームトップ。トップバッターとして出塁した文を返す役割を十二分に果たした。
次点の文も4割に迫る高い出塁率と幻想郷1の俊足で得点力の向上に大いに貢献した。

続いて投手陣。赤蛮奇らの好投は光ったものの先発全体的には平凡な投球に終始した。しかしながら今月もリリーフの踏ん張りが効いて貯金を2つ重ねることができた。
今月は次点止まりだったがサリエルに言う事はないだろう。今月もセーブ成功率は100%と完璧な投球を見せてくれた。
そのサリエルを差し置いてMVPに輝いたのはパチュリー。5月の前半までは便利屋のポジションだったが途中からは5月に入り調子を崩した霊夢に代わりセットアップに配置転換。9試合、7回2/3を投げ2勝7Hに無失点と素晴らしい投球を見せ勝ち継投に入り込んだ。


以上、5月の月間MVPでした。6月以降も貯金を積み重ねて行きたいですね。

前年度もやっていた月間MVP記事を今年度も書いていきます。今回からは投打をまとめて書いていきます。
前置きはこの辺にして、3・4月の月間MVPはこうなりました。


投手3・4月度月間MVP:サリエル 15登板1勝1敗2H10S 防御率1.80 KD175
野手3・4月度月間MVP:藍 .299 6本 16打点 OPS.931 XR27:6.89 wOBA.402

投手次点:里乃 15登板2勝9H 防御率3.52 KD156
野手次点:妹紅 .271 7本 21打点 OPS.838 XR27:5.82 wOBA.401
 

―3.4月は17勝10敗1分で貯金7と好調な滑り出しを切れた。この1ヶ月は、打線と勝ち継投で勝利を積み重ねることが出来たと言えるだろう。
打線は出塁率とスピードに長けた文から雷鼓・妹紅・純狐・藍の4名で打って返すのが主な攻撃パターンで、DHがあればお空が加わり攻撃に厚みを加えた。
投手陣は先発はサグメや豊姫は好投を見せた一方、朝倉理香子や幽香は期待に応えられず再調整となり大きな強みとはならなかった。
しかし、先発はそれなりに試合を作れば打線がリードを取れる可能性が高く、リードさえ取れれば霊夢・里乃・サリエルの勝ち継投で勝利を拾っていく事ができた。これは勝因の1つと言えるだろう。
そんな状況を考慮し、今回の月間MVPはこの面々に決定した。
サリエルに関しては特に言うこともないだろう。ここまで1敗でセーブ成功率は100%と、クローザーとして文句ない活躍を見せてくれた。
次点の里乃も、セットアッパーとして好投を続けた。月の最後に打ち込まれ見かけの成績こそ悪化したものの、チームトップタイの15登板に最多の9ホールド、KD156は2位とチームをこの1ヶ月支えた事が見て取れる。

打線の方は、雷鼓・妹紅・純狐・藍の4人で23HRと攻撃力を存分に発揮した。4人共OPSは.830を超え攻撃力の向上に貢献した。その中で成績の良かった藍・妹紅をMVP・次点に選考した。


以上、3.4月の月間MVPでした。5月以降も好調をキープしたいものですね。 

2年目に突入したオイスターズ。最初の1ヶ月終わりが近づいています。今回は現時点での4月の月間MVPを予想しちゃおうという記事を上げます。(ここまでコピペ)今回は投手編です。(データは4/18終了時でのもの)

候補選手(4月度の成績)
・サグメ 4試合 2勝1敗 28.2回 防御率2.20
・サリエル 10試合 1勝1H7S 9.2回 防御率0.93
・里乃 10試合 2勝6H 10.2回 防御率0.84

今回の有力候補はこの3名になりました。今月ここまでの勝敗は13勝5敗1分と勝ち越し8つ。上々の開幕ダッシュを切れそうです。今月はあと10試合あります。
まず1人目のサグメ。2年連続開幕投手に抜擢。直近の登板で完封勝利とムラこそあるものの実力は確か。
残る2人はクローザーとセットアップ。2人とも今月ここまでチーム最多の10試合に登板し好投を続けています。そのマウンド捌きが勝利を手中にする最後の1シーンを担っていると言っていいでしょう。

今回はここまで。それでは。

2年目に突入したオイスターズ。最初の1ヶ月終わりが近づいています。今回は現時点での4月の月間MVPを予想しちゃおうという記事を上げます。今回は野手編です。(データは4/18終了時でのもの)  

候補選手(4月度の成績)
・藍 .329 5本 12打点 OPS1.051
・雷鼓 .250 5本 18打点 OPS.899
・妹紅 .296 4本 14打点 OPS.869

今回の有力候補はこの3名になりました。今月ここまでの勝敗は13勝5敗1分と勝ち越し8つ。上々の開幕ダッシュを切れそうです。今月はあと10試合あります。
まず1人目の候補は藍。怪我で若干の欠場がありますが打率・本塁打・OPSでチームトップの活躍。開幕直後は1番、その後は5番で活躍を見せています。
藍と本塁打数で並ぶのが雷鼓。やや打率では劣りますが本塁打・打点でトップ。選球眼もよく、強打の2番として打って繋いでの活躍を見せています。
3人目は妹紅。ここまでは3番打者としてプレー。残る10試合で上記2人に勝る活躍を見せれば受賞の可能性も大いにあるでしょう。

今月はこの3人をピックアップしました。4番の純狐が開幕から不調で打率は2割前半と思うように行かない面もありましたが、ここまで勝ち越し8つとチームは好調ぶりを見せています。当の純狐も段々と復調の兆しを見せていますし、これから4番として打ちまくることを期待しています。

今回はこの辺で。それでは。

ab00c9c6

以前、各月の月間MVPを表にまとめた記事を書いた。今回はそれの次点バージョンである。早速一覧を掲載したい。
1monthmvpjiten

以上が月間MVPの次点をまとめた表であった。各月の選評や詳細を見たい場合はまとめ記事のリンクから各月の欄へ行ってほしい。
まず野手編だが、本編のMVPは純狐・藍・レミリアで独占されたがこちらはバラエティのあるメンツとなっている。だがその中でも純狐は2回ずつMVP・次点を獲得しており打者の中ではずば抜けた選手であったことが見て取れる。
一方の投手はMVPでは複数回受賞者が不在という結果になったがこちらでは永琳が2ヶ月連続次点受賞となっている。MVPにこそあと一歩届かなかったが安定して成績を残した事が分かる結果となった。


今回はここまで。それでは。

↑このページのトップヘ