納税は国民の義務です

東方BIG野球のプレー記録、その他諸々な感じです。

タグ:捕手

今回の選手評価は野手の捕手と内野手です。(先発編 リリーフ編)
評価は基本的にA>B>C>D>Eの5段階評価で(あくまで私個人の主観的評価で、成績以外に印象などの要素もあります。) (規定到達者は太字に、各項目で1位な場合赤字に。) 

鈴瑚
83試合 打率.231 HR7 打点24 出塁率.300 長打率.386 OPS.686 盗塁4 
評価C
シーズン後半はやや出場ペースを落とした。7HRは1-4番の面々に次ぐ数字。

キクリ
12試合 打率.133 HR0 打点1 出塁率.133 長打率.133 OPS.267  
評価D
あくまで控え捕手な人。いるだけだったので後半戦は2軍暮らしに甘んじてしまった。

里香
20試合 打率.277 HR1 打点3 出塁率.320 長打率.383 OPS.703 
評価C
後半戦はいくらか出番を増やした。

幽々子
41試合 打率.246 HR2 打点6 出塁率.287 長打率.311 OPS.598 白玉5
評価C-
左キラーとして期待されたが長打力に欠け出番減。

にとり
71試合 打率.259 HR1 打点7 出塁率.300 長打率.306 OPS.606 代打率.340 
評価B
代打回数はチーム1だった。代打率も高く代打の切り札として君臨した。

純狐
136試合 打率.324(2位) HR34(2位) 打点107(1位) 出塁率.341 長打率.563 OPS.904 盗塁10(1位タイ) 
評価A

9月に失速してしまったがチーム内の打点王で2項目で2位に輝く。野手陣MVPクラスの働きだった。


90試合 打率.315 HR0 打点31 出塁率.371 長打率.391 OPS.762 盗塁8(3位) 
評価B+
夢月の代役からチャンスを掴んだ。上位に下位と様々な打順で幅広く打った。

夢月
74試合 打率.300 HR1 打点23 出塁率.351 長打率.401 OPS.752
評価C+
前半戦は不動の2番だった。成績こそ良かったものの負傷が多くフェードアウトした。

幻月
47試合 打率.271 HR2 打点13 出塁率.278 長打率.443 OPS.721 代打率.355
評価C+
代打を中心に活躍。代打で記録した8打点はチームトップだった。

影狼
60試合 打率.182 HR4 打点17 出塁率.267 長打率.343 OPS.610 盗塁1 
評価D
意外性のある一打が時折光ったがシーズン通しては低調な成績に。

石川
138試合 打率.262 HR5 打点41 出塁率.339 長打率.308 OPS.647 盗塁10(1位タイ) 
評価C+

夏の巻き返しで成績回復。選球眼や機動力を使えるチーム内では稀有な選手だった。

青娥
73試合 打率.184 HR0 打点3 出塁率.262 長打率.184 OPS.446
評価C
後半戦は石川の守備固めとして地位を確立した。

正邪
12試合 打率.133 HR0 打点1 出塁率.188 長打率.133 OPS.321 
評価D-
後半戦は出番がなかった。


5試合 打率.000 HR0 打点0 出塁率.000 長打率.000 OPS.000 
評価D
紫の2軍落ちに伴い2軍落ち。それ以降出番は無かった。

寅丸(フルイニング出場)
144試合 打率.256 HR27(3位) 打点93(2位) 出塁率.302 長打率.437 OPS.738 併殺24(1位:シーズン記録) 
評価C+

終わってみれば27HRで4番として一応の面目を保った。シーズン24併殺は現時点での東方BIG野球記録らしい。

はたて
13試合 打率.231 HR1 打点3 出塁率.286 長打率.327 OPS.613
評価D
合流当初は快打を飛ばしたが持続性が無く登録抹消に。

雷鼓
17試合 打率.258 HR7 打点14 出塁率.313 長打率.613 OPS.926 
評価B+
シーズン最終盤に登録。5番・一塁として17試合、62打席で7HRとハイペースで一発を飛ばし打線に厚みを加えた。

以上、捕手・野手編でした。残るは外野手編だけになりました。
それでは。

今回の選手評価は野手の捕手と内野手です。(先発編リンク リリーフ編リンク)
評価は基本的にA>B>C>D>Eの5段階評価で(あくまで私個人の主観的評価で、成績以外に印象などの要素もあります。)

鈴瑚
53試合 打率.230 HR5 打点20 出塁率.308 長打率.380 OPS.687 盗塁4 
評価C-
ここの所バットが冷えがちでスタメン落ちも増えてきた。

キクリ
11試合 打率.133 HR0 打点1 出塁率.133 長打率.133 OPS.267  
評価C
あくまで控え捕手な人。いるだけだったので2軍に落ちてしまった。

里香
7試合 打率.188 HR0 打点0 出塁率.278 長打率.250 OPS.528  
評価C
チーム状態の悪化に伴い出番が増えた。これからもたまーに出番がありそう。

幽々子
33試合 打率.258 HR0 打点2 出塁率.310 長打率.280 OPS.590 白玉5
評価C
左キラーだが単打ばかりで出番減。

にとり
34試合 打率.186 HR0 打点2 出塁率.239 長打率.186 OPS.425 
評価C+
打率こそ1割だが代打時の打率が3割オーバーな代打の切り札。

純狐
77試合 打率.344(1位) HR22(1位) 打点63(1位) 出塁率.356 長打率.619 OPS.975 盗塁3 
評価A
打線の中核でバースの再来の如き打棒。ただ今チーム内三冠王。


29試合 打率.343 HR0 打点8 出塁率.402 長打率.392 OPS.794 盗塁5(1位) 
評価B+
夢月の代役からチャンスを掴む。ぶっちゃけアヘ単だが打ってるし良し。

夢月
57試合 打率.332 HR1 打点18 出塁率.380 長打率.457 OPS.838  
評価B+
交流戦前に比べ少し落ち着いたが素晴らしい選手である事に変わりはない。あと怪我の影響で今は規定未到達な模様。

幻月
23試合 打率.235 HR0 打点1 出塁率.235 長打率.235 OPS.470 
評価C
安打が全部単打。特に良くも悪くもないのであまり言うことが無い()。

影狼
41試合 打率.198 HR3 打点12 出塁率.253 長打率.385 OPS.637 盗塁1 
評価D+
調子が上がってきそうで来なかったがついに目覚めるか?

石川
82試合 打率.225 HR2 打点21 出塁率.304 長打率.261 OPS.564 盗塁4 
評価D-
大スランプで成績急降下。これから得意の夏になるだけに巻き返せるか。

青娥
29試合 打率.194 HR0 打点3 出塁率.286 長打率.194 OPS.479  
評価C
打撃はともかく守備走塁に選球眼と使い道は多い。

正邪
12試合 打率.133 HR0 打点1 出塁率.188 長打率.133 OPS.321 
評価D-
打撃こそ唯一の生き残る道だがそれがダメとなると・・・


5試合 打率.000 HR0 打点0 出塁率.000 長打率.000 OPS.000 
評価D
紫の2軍落ちに伴い2軍落ち。橙なしで今後の藍の打撃はどうなる。

寅丸
82試合 打率.277 HR13 打点47(3位) 出塁率.321 長打率.436 OPS.757 併殺12(1位) 
評価B-
13ホーマー12併殺。どちらも20に到達はするのか?
 
以上が捕手と内野手の評価でした。残りは外野手編のみとなります。

ps1ps1mak46625
さて、今回の話は捕手ごとの防御率について。このデータを見ると面白いものが見えたり見えなかったりする。(巨人の捕手別防御率リンク。これはどういうことやろなぁ・・・)
そこで今回は各捕手別の防御率について出して見たいと思う。以下がその結果になりちょっとしたコメントもつけておく。ちなみに、現在のチーム防御率は5.41。これを参考にして見てみるといいだろう。
・ルイズ
0c_ruiz
開幕スタメンマスクがルイズだったことを知る人は何人ほどいるのだろうか・・・
マスク時の防御率は5.23と平均的。

・キクリ
0c_kikuri
高い守備力がウリのキクリだが厳しい結果になってしまった。本来アピールポイントのはずの守りでこれでは・・・

・里香
0c_rika
果たして試合に出ている里香を見たことがある人は何人いるのか?そんな里香だが悪くはない成績だ。もっとも試合数が少なく参考程度だが。

・純狐
0c_jyunko
一時は捕手も務めたが鈴瑚が来て以来専ら一塁の純狐。一部投手で大幅に成績を悪化させているとはいえ魅魔との相性も良くない。一方サグメや針妙丸とは相性が良いのをどう見るか。

・鈴瑚
0c_ringo
一方現在正捕手の鈴瑚。チーム防御率(5.41)と比較して自身の防御率4.76は立派だ。針妙丸とは相性が良くなさそうだがリリーフ陣との相性の良さが光る。

・藍&橙
0c_yukari
最後にこの2人。この2人は共に紫の専属捕手のためまとめた。藍は式神としてよく紫をリードしているがそのさらに式の橙は甘さが見える。

以上が各捕手別の防御率であった。こうして見ると鈴瑚は捕手として優秀なことや純狐はやはり一塁のままであるべきことが見えてきた。(ただし一部投手ではその限りではない)
そして今後第3捕手がキクリから里香に入れ替わるかもしれない。この結果を踏まえ今後のシーズンを有利に戦いたいものだ。それでは。

今回の選手評価は野手の捕手と内野手です。
評価は基本的にA>B>C>D>Eの5段階評価で(あくまで私個人の主観的評価で、成績以外に印象などの要素もあります。)

鈴瑚
21試合 打率.303 HR2 打点10 出塁率.404 長打率.513 OPS.918 盗塁3 
評価B+
安打の約半分が二塁打と長打の多さが良い。


キクリ
9試合 打率.143 HR0 打点1 出塁率.143 長打率.143 OPS.286  
評価C
あくまで控え捕手が主な仕事。いるということも重要である。


里香
3試合 打率.000 HR0 打点0 出塁率.250 長打率.000 OPS.250  
評価D
出番も少なく、これといって言うこともない。


幽々子
28試合 打率.253 HR0 打点2 出塁率.311 長打率.265 OPS.576 白玉4
評価C
左キラーとしてある程度の地位。長打を増やしたい。


にとり
17試合 打率.167 HR0 打点2 出塁率.231 長打率.167 OPS.397 
評価C
代打兼守備固め。こういう選手がベンチに控えているというのは大きい。


純狐
41試合 打率.335 HR12(1位) 打点37(1位) 出塁率.339 長打率.615 OPS.953 盗塁2 
評価A
打線の中核として必要不可欠。チーム内三冠王を達成できるか。


夢月
34試合 打率.370(1位) HR1 打点14 出塁率.427 長打率.504 OPS.930  
評価A
どんな時も堅実に安打を積み重ねる。出塁率も良く様々な指標で上位に顔を連ねる。


幻月
22試合 打率.242 HR0 打点1 出塁率.242 長打率.242 OPS.485 
評価C
それなりの数字は見せるが肝心の長打が出てこない。


影狼
20試合 打率.174 HR1 打点2 出塁率.255 長打率.304 OPS.559 盗塁1 
評価D+
中々打撃成績が上がってこなかったが最近上がり調子か。


石川
45試合 打率.270 HR0 打点16 出塁率.346 長打率.288 OPS.634 盗塁2 
評価C
好不調の差は激しいが選球眼は良く安定して塁には出られる。


青娥
14試合 打率.083 HR0 打点0 出塁率.214 長打率.083 OPS.298  
評価C
打撃はともかく守備走塁に選球眼と使い道は多い。


正邪
10試合 打率.167 HR0 打点1 出塁率.167 長打率.167 OPS.333 
評価D-
打撃こそ唯一の生き残る道だがそれがダメとなると・・・



3試合 打率.000 HR0 打点0 出塁率.000 長打率.000 OPS.000 
評価D
いつもベンチに控えているので藍様は頑張ってください。いざとなれば紫の捕手ができる。



40試合 打率.299 HR10(2位) 打点24(3位) 出塁率.341 長打率.540 OPS.881 盗塁1 
評価B+
彼女も打線の中核。しかし持てるポテンシャルを考えると更なる上積みにも期待したい。


寅丸
45試合 打率.301 HR8 打点31(2位) 出塁率.338 長打率.487 OPS.825 併殺8(1位) 
評価B
なんだかんだでぼちぼちやれている。4番という立場を得てパワーアップできるか。


以上が捕手と内野手の評価でした。残りは外野手編のみとなります。

今回の選手評価は野手の捕手と内野の一部選手です。目ぼしい選手を取り上げます。
評価は基本的にA>B>C>D>Eの5段階評価で(あくまで私個人の主観的評価で、成績以外に印象などの要素もあります。)

(交流戦前にやった同じ企画のリンク 先発 リリーフ  捕手・内野手パート1 内野手パート2・外野手)
(リンク:先発投手編 リリーフ編)

封獣ぬえ
試合56 打率.230 HR2 打点12 出塁率.295 長打率.355 OPS.650 盗塁1 
評価C-
どこでもそれなりに守れるがそれだけな印象。後半戦は打撃でアピールを。


キスメ
試合43 打率.258 HR6 打点21 出塁率.294 長打率.406 OPS.701 
評価B+
ここ一番で光る勝負強い打撃は数字以上の貢献。


幽谷響子
試合10 打率.455 HR0 打点1 出塁率.455 長打率.455 OPS.909  
評価B+
まだ出番こそ少ないが限られた出番で好成績。これからの出番増に期待。


寅丸星
試合42 打率.247 HR2 打点9 出塁率.290 長打率.315 OPS.605 盗塁3 
評価C+
7月になって高いポテンシャルの片鱗を見せつつある。これからの活躍が見放せない。


ナズーリン
40試合 打率.231 HR0 打点7 出塁率.315 長打率.277 OPS.592 盗塁3 
評価C
小技に優れる好選手。相手にとってはやりずらい相手だろう。


上白沢慧音
20試合 打率.241 HR0 打点5 出塁率.241 長打率.414 OPS.655 
評価C
巧みな守備と勝負強い打撃が売りだが同じサードの星や衣玖に押され出番は少ない。


サラ
19試合 打率--- HR0 打点0 盗塁2
評価C
代走・守備固めのみの出場。与えられた出番でベストの結果を残したい。


岡崎夢美
59試合 打率.317 HR11 打点25 出塁率.399 長打率.552 OPS.951 盗塁5 
評価B
7月になってついに打棒爆発。フランと共に打線の2枚看板としての活躍を。


ドレミー・スイート
13試合 打率.209 HR1 打点5 出塁率.244 長打率.326 OPS.570
評価D
デビューこそ派手だったが後が続かず。


石川雄洋
7試合 打率.087 HR0 打点0 出塁率.125 長打率.087 OPS.212
評価E
7月に緊急登録されたが調整不足か。8月以降に挽回を。


以上で野手編のパート1を終えます。次回は残りの内野手と外野手を取り上げます。

↑このページのトップヘ