納税は国民の義務です

東方BIG野球のプレー記録、その他諸々な感じです。

タグ:打順

と、言うわけで月間勝ち越しを果たした7月は打線とリリーフ陣に拠る所が大きかったのだが実際打線は同だったのか見てみたい。
↓が7月の主な打線の陣容である。(ちなみにこのオーダーで試合はしていない)
07order
月間MVP候補の3人が打率3割とOPS0.8以上を揃って達成しており、打線のキープレイヤーであったことが窺える。そしてフランもOPS0.8以上で月間2位の5HRを、雛はチーム3位となる9打点を達成しており彼女たちもまた打線では欠かせなかった選手になる。
よく打ったからこそこのベストメンバーに入れたとも言えるが8人全員が打率.250以上なことからも打線が力を発揮したことが見れるだろう。比較としてマシンガン打線として有名な98年の横浜いてまえ打線として打力でリーグ優勝を勝ち取った01年の近鉄打線のデータを以下に置いておく。(日本プロ野球RCAA&PitchingRunまとめblog様より)
98横浜
20130819150357bf1
01近鉄
20140712052304e89

8月からは妹紅に代わり5番一塁に雷鼓を抜擢。8月も打線の力は発揮できるのかに注目だ。

どんなスポーツでも開幕というのは大きな意味を持つ。当然野球でも開幕前に準備をし開幕戦に臨むのだがシーズンが進むとどうにも当初の想定とはずれることはよくあることだ。今回は開幕戦と今のスタメンを比較してみた。その結果がこれだ。

o-da-

開幕から変わらずにスタメンを張っているのは文・フラン・ぬえ・妹紅の4人である。それ以外は大きく変わっている。では、開幕時スタメンで今はそうではない選手たちは現状どうなのかを記してみた。(投手は除く)
・小町:一時編成上の都合で2軍落ちも6月は絶好調で一時3番ライトのレギュラーを手にするがそこから絶不調に陥り現在は2軍再調整中。
・椛:攻守でいいところが見られず2軍へ。
・美鈴:開幕戦で負傷交代のあとは1軍2軍を行ったり来たり。一応現在は1軍だが打撃が振るわないため今後は不透明。
・レティ:方針の変更で2軍落ちの後はキスメの台頭などもあり2軍生活を余儀なくされている。

選手には好不調の波は来るので適切な対応をしたいものだ。

今回は誰が何番打者でどこの守備位置かのスタメンを集計してみました。
http://sta-men.jp/ スタメンデータベース様
http://bestorderp.webcrow.jp/ プロ野球ベストオーダー様
上記2つのサイト様が面白くてですね、自分のチーム版をやってみようかと。まだ44試合と中途半端な時期ではありますが。では前置きはこの辺りで早速やってみましょう。

打順別出場試合数
(各打順で最多出場の選手を太字に その選手の中で最も多い守備位置を斜体にしています)
(9番打者は投手と野手で最多出場の選手が太字です)
1番 射命丸文40試合(センター40試合) 寅丸星(セカンド・サード・レフト1試合) 犬走椛1試合(セカンド1試合)

2番 犬走椛10試合(セカンド10試合) 紅美鈴10試合(レフト6試合・ライト3試合・ファースト1試合) 鍵山雛7試合(ショート7試合) 封獣ぬえ6試合(セカンド・ライト2試合キャッチャー・ショート1試合) 小野塚小町4試合(ライト4試合) 藤原妹紅2試合(ファースト2試合) 岡崎夢美2試合(セカンド・サード1試合) ナズーリン2試合(セカンド2試合) 射命丸文(センター1試合)

3番 藤原妹紅18試合(ファースト17試合・サード1試合) 永江衣玖7試合(サード8試合) 封獣ぬえ6試合(ライト3試合・キャッチャー2試合・ショート1試合) 魂魄妖夢2試合(ライト2試合) フラン1試合(DH1試合) 寅丸星1試合(サード1試合) 岡崎夢美1試合(セカンド1試合) 上白沢慧音1試合(ショート1試合)

4番 フラン39試合(レフト26試合・DH13試合) 永江衣玖3試合(サード3試合) 藤原妹紅1試合(ファースト1試合) 岡崎夢美1試合(DH1試合)

5番 藤原妹紅17試合(ファースト15試合・サード2試合) 永江衣玖13試合(サード13試合) 岡崎夢美5試合(セカンド3試合・サード・DH1試合) 封獣ぬえ4試合(キャッチャー4試合) 堀川雷鼓3試合(ファースト3試合) キスメ2試合(キャッチャー2試合)

6番 封獣ぬえ17試合(ショート8試合・レフト5試合・セカンド・ライト2試合) 永江衣玖8試合(サード8試合) 鍵山雛7試合(ショート7試合) 岡崎夢美3試合(セカンド2試合・サード1試合) 魂魄妖夢2試合(ライト・レフト1試合) 犬走椛1試合(セカンド1試合) 八坂神奈子1試合(キャッチャー1試合) 藤原妹紅1試合(ファースト1試合) 射命丸文1試合(センター1試合) 宮古芳香1試合(DH1試合) 寅丸星1試合(ライト1試合) 鈴仙1試合(セカンド1試合)

7番 封獣ぬえ7試合(ショート5試合・セカンド・ライト1試合) 鍵山雛6試合(ショート6試合) 小野塚小町6試合(ライト6試合) 魂魄妖夢5試合(レフト3試合・ライト2試合) 寅丸星3試合(セカンド2試合・DH1試合) コンガラ3試合(DH3試合) 紅美鈴2試合(ライト2試合) 犬走椛2試合(セカンド2試合) 八坂神奈子2試合(キャッチャー2試合) 永江衣玖2試合(サード2試合) 鈴仙2試合(セカンド2試合) 射命丸文1試合(センター1試合) キスメ1試合(休ッチャー1試合) 藤原妹紅1試合(ファースト1試合)

8番 蓬莱山輝夜10試合(キャッチャー10試合) 八坂神奈子7試合(キャッチャー7試合) 寅丸星5試合(セカンド3試合・レフト・ライト1試合) 小野塚小町5試合(ライト5試合) 鍵山雛4試合(ショート4試合) 霧雨魔理沙2試合(ピッチャー2試合) 犬走椛2試合(セカンド2試合) レティ2試合(キャッチャー2試合) キスメ2試合(キャッチャー2試合) 魂魄妖夢1試合(ライト1試合) 封獣ぬえ1試合(ライト1試合) 鈴仙1試合(セカンド1試合) 永江衣玖1試合(サード1試合) ナズーリン1試合(ショート1試合)

9番 ピッチャー21試合 蓬莱山輝夜6試合(キャッチャー6試合) 小野塚小町5試合(ライト3試合・レフト2試合) 寅丸星4試合(セカンド4試合) 八坂神奈子3試合(キャッチャー3試合) キスメ1試合(キャッチャー1試合)  レティ1試合(キャッチャー1試合) ナズ1試合(ショート1試合) 藤原妹紅1試合(ファースト1試合) 射命丸文1試合(センター1試合)

この結果を見て各打順で1番多い選手をメインにスタメンを組んでみるとこうなります。(複数打順で1位の選手は次点の選手を選出している場合があります)
1中射命丸文    .263 1 10
2二犬走椛     .236 0 3
3一藤原妹紅    .246 6 17 
4指(左)フラン    .318 18 34
5三永江衣玖    .248 5 11
6左(遊)封獣ぬえ .240 2 12
7遊鍵山雛     .247 0 9 (右小野塚小町 .255 3 14)
8捕蓬莱山輝夜  .125 0 3
9右小野塚小町  .255 3 14 (投手)

…結論からいうとこのオーダーは1回も試合で使われたことはないですしこれからも試合で出ることはないでしょう。使われなかった理由としては2番椛の時期と捕手輝夜の時期が違うから、使わないであろう理由としては椛や輝夜のように打撃成績が不振な選手がいるからです。ちなみに、今までの42試合で一つとして同じオーダーはありませんでした。日替わりオーダーですね。もっとも、試合によってDHの有り無しが変わるという要素があります。
そしてこうして数字で見るとフラン以外の打撃成績が今一つな感じがしますね。これからの巻き返しに期待をしたいです。
それでは今回はこの辺りで、さいなら~

↑このページのトップヘ