納税は国民の義務です

東方BIG野球のプレー記録、その他諸々な感じです。

タグ:延長戦

先日の勢力対抗でサリエルが13回3失点完投勝利をしたのでサリエルが12回完投勝利した試合を再放送します。

公式戦28試合目 レ2-1妖

レ| 100 000 000 001 |2
妖| 100 000 000 000 |1

勝:サリエル(12回完投)
敗:メリー

スタメン
1中文
2右小町
3一妹紅
4三衣玖
5指夢美
6左ぬえ
7遊雛
8二星
9捕輝夜
Pサリエル

今では懐かしいレッドスターズ時代の試合。4番が衣玖なのは恐らく野外デーゲームだったからと推測される。(延長12回までもつれた結果球場決定などのログが取れなかった模様。)
先発はサリエル対中5日の永淋。試合は1回表に3番妹紅がソロHRを放ちレ軍が先制する。しかしその裏教授に3-2をヒットにされると続く衣玖に3球をレンジ安打にされてさらにエンドランをかけていたため1・3塁のピンチに。4番文は二塁ゴロに打ち取ったがこの間に3塁ランナーに返られて同点にされる。
その後サリエルは妖星打線をバッタバッタと打ち取るも打線が勝ち越し点を取れないまま試合は進行する。特に6回は三者三振に打ち取り6-8回をパーフェクトに抑えるものの援護は入らない。
9回表には2死1・2塁のチャンスを作り小町がライト前ヒットを打つも依姫の好返球で2塁ランナーがアウトになりどうしても勝ち越し点が取れない。
10回表も1死1・2塁の好機を作るが無得点に終わるとその裏、簡単に2死を取ったまでは良かったが青娥の打った投手ゴロをサリエルがエラーしてしまうと次の美鈴のピッチャー返しを捌けず内野安打にしてしまいサヨナラのピンチに。2死1・2塁としたが神子をライトフライに抑えここも0に凌いだ。
11回は両軍3者凡退で終わり最終12回へ。1死として3番妹紅。妖星のメリーはこれで3イニングス目となり疲れが見えた所をフルスイング。レフトへの勝ち越し弾となり土壇場12回で勝ち越す。
12回裏、依姫ちゆりを打ち取り早くも2死に。幻月には疲れが見えたか少し甘く入ったボールが行きライトへのヒットとされるが、最後の打者天子を渾身の球で三振に抑えゲームセット。延長12回にもつれ込む熱戦をサリエル1人で投げきり勝利した。

この日のサリエル:12回 7安打 13奪三振 1四死球 1失点

6月最初の試合は、チーム一丸となって延長戦に勝利!


公式戦51試合目 6.1 明治神宮野球場 14:00 badferd7-6moriさん 勝:リリカ2勝3敗8S 敗:リリカ S:メリー1敗1S
B|001 101 120 1 |7 
M|013 000 101 0 |6
オーダー
1中文
2二鈴仙
3右小町
4一妹紅
5指夢美
6三衣玖
7捕キスメ
8遊雛
9左美鈴
継投:サリエル6.1-H村紗1.2-勝リリカ1.0-Sメリー1.0

6月最初となったこのゲームはエース・サリエルをマウンドに送り必勝モード。しかし、この対戦相手をサリエルは苦手としている不安な点があったがそれが的中。2回に慧音に失投を打たれ先制されると3回にも3失点と振るわない投球。だが、今日は不調のサリエルを見て打線が奮起。いつもは好投を見殺しにしてしまっている。こんな時は自分達が援護するんだと言わんばかりにじいわじわと点差を縮めていく。そして7回に衣玖のタイムリー二塁打で追いつくがその裏、清蘭に勝ち越しソロを打たれ今日はここで降板。ところが続く8回表に1死2・3塁のチャンスで代打フランが逆転の2点タイムリーでついに試合をひっくり返す!こうなれば9回、リリカで締めようと思ったのだが先頭を四球で出してしまうと盗塁→バント→スクイズと小技を使われ同点にされる。このシーソーゲームは延長へ突入したが10回表に1死満塁から妹紅の犠牲フライで勝ち越し。これが決勝点となりその裏はメリーがランナーを許すも0に抑え試合終了。2連勝で6月最初のゲームを勝利で飾った。

試合後コメント
「いやーお疲れ様でした。こういった延長戦、チーム一丸となって勝つのはいい勝利ですよ。」
(サリエルが乱調だったが)「どうも相性が良くない相手だからね。いつも通りにはいくまいとは思ってはいたけどね。まぁローテで1年投げれば約30試合は投げるんだから、こういった試合もいくつかはあるでしょ。」「そしてね、こういったエースが打たれて苦しい状況でよく打線が闘ってくれた。チームの成長を感じるよ。」「2死からタイムリーで点を取ったシーンが多かった。粘って粘ってくらいついてる。いいことだ。」
(今日スタメン抜擢の美鈴が4安打1打点)「よくやってくれた!こうした活躍で、レギュラーの座を引っ掻き回す、レギュラーの椅子を奪い取ろうとする。最近当たりが出なかった衣玖も猛打賞。こりゃ(レギュラー陣も)うかうかしてらんないでしょ。こういったね、ポジティブな方向で誰を使えばいいのか分からない状況はドンと来いさ。」
(その他、今日の試合に言及)「選手は良くやってくれた。だからこそ俺も采配にキレを増さないと。いくつか詰めの甘いところがあったからね。つい欲を出して痛い目にあうだとか、1つ1つの采配に覚悟や決心が足らない。俺が勝たせるってワケじゃないけど、少なくともフィールドの足を引っ張っちゃまずいでしょうに。」
「ここ最近チームはいい感じ。チーム一丸となって戦う、粘ってくらいつく。そういった姿勢が見れる。公式戦は6月ですがまだまだこれから、エンジンかけて行きますよ。それじゃ、長い試合お疲れ様。」

さて、今回は今まで行ってきた試合の中で印象に残った試合を振り返ってみようという趣旨でお送りします。
今回振り返る試合は、第28戦目 サリエル先発の試合です!

5.3 第28戦目 12勝15敗1分

ワイ 100000000001 2点 11安打 1失策
相手 100000000000 1点 7安打  0失策

勝 サリエル2勝3敗 敗 メリー

スタメン
1中文
2右小町
3一妹紅
4三衣玖
5指夢美
6左ぬえ
7遊雛
8二星
9捕輝夜
Pサリエル

試合は初回から動いた。 相手先発は中5日の永淋。 その影響か3番妹紅がソロHRで先制。
しかし相手も夢美がコースに決まった球をライトにはじき返すと、続く衣玖がセンターにエンドランを決め1死13塁。 そして文の内野ゴロで同点に追いつく。
その後打線はチャンスは作るが決めきれない。 3・6・9回には先頭打者が出塁するも点に結びつかず、試合は延長戦に突入。
そんな中力投を続けるサリエルにピンチが訪れる。 10回裏、簡単にツーアウトを取ったサリエルだが、ピッチャー返しを自らのエラーと強襲安打でアウトに取れず2死ながら12塁と一打サヨナラのピンチ。 しかしサリエル踏ん張る! このピンチ、バッター神子をライトフライに打ち取り凌いだ。
11回は共に3者凡退で引き分けも見えてきた12回、ついに試合が動く。 1死からバッターは妹紅。 3イニング目で疲労が明らかな相手投手メリーの失投をレフトへ一閃! 今日2本目のHRで2-1と勝ち越しに成功。
12回裏、サリエルはランナーを1人許すが無失点に抑えゲームセット!
延長12回の熱戦をどうにか制した。


この試合でサリエルの凄さ、評価が決定的になりましたね。 息詰まる攻防で自分の中でもベストバウト候補に入るかなぁって試合ですが反省点も。 何より11安打2点は厳しい。 7回と11回以外は全て出塁しているので、どこかしらで点を取れればもっと楽に試合を運べたはず。
しかしこのゲームが熱かったのは事実ですし、ハードなゲームでサリエルに勝ちがついたこと、中々一発の出なかった妹紅の2HRは明るい材料!
この辺りで試合の振り返りは終わりとさせていただきます。 さいなら~

↑このページのトップヘ