納税は国民の義務です

東方BIG野球のプレー記録、その他諸々な感じです。

タグ:宇佐見蓮子

※あくまでネタ記事ですが不快な思いをしたらすいません。あくまでネタ記事なのでここに出た選手を誹謗中傷する意図はないのでよろしくお願いします。

ここ東方BIG野球界隈にてミセリといえば浅草大使こと稗田阿求を指すことで有名だ。しかし今現在この浅草大使に迫る大器が現れた。それこそが宇佐見蓮子である。この宇佐ミセリこと蓮子のBリーグ活躍ぶりをメインに見てみたい。

・まず宇佐見蓮子の特徴としてランナーを出すと途端に弱くなることが挙げられる。メンタルが山口俊並みに弱いのか(そのため山口の愛称の1つ、ドスコーソをもじって蓮コーソと呼んだりしている)それともミセリ並みにセットからの投球が下手なのか知らないがとにかくランナーを出すと弱く球が真ん中に集まってしまう。ただでさえ失投が真ん中に集まりやすく一発病の傾向があるだけに1点を競うリリーフとして投げるにはとてもまずい。

ここからはBリーグでの活躍?ぶりを見たい。
・第2節 対斑鳩
乱打戦となった試合の8回に登板。早速先頭の衣玖に失投しライト前ヒットを打たれると続くカナゲでお馴染み()神奈子に四球。もう駄目だと思った監督はこの2人で蓮子を降板させる。その後4連敗の戦犯の一角岡崎がエラーするわ乱闘騒ぎが起こるわ相手の代打の神様・諏訪子が満塁HRを打つわでこの回6失点でジ・エンド。その後3点を返したがいわゆる「追いつかない程度の反撃」で開幕2連敗となった。
(ちなみにミセリは初登板の広島戦では先頭の嶋を打ち取っている。なお解説の原氏は嶋の打ち損じであると評した模様。)
この日の成績:打者2人 1安打1四球 自責点2 敗戦投手 防御率∞

・第4節 対妖怪寺
初登板となった次の試合も落とし3連敗で迎えたこの試合も乱打戦となり同点の9回表に登板。先頭のマミゾウはボール球だったが上手く打ち取り念願のアウトを取る。が、続く寅丸星に持病の一発病が発病し被弾。一応続く2人は抑え1イニングを終えるがこの1点が決勝点になり無残に開幕4連敗。ちなみに一発を打った寅丸はこのリーグで以前サヨナラエラーをしでかしベンチ落ちしていたがそんな彼女相手に戦犯力の違いを見せ付ける形になった。
(ちなみにミセリの2試合目は横浜戦、同点の延長12回に投げ多村にサヨナラタイムリーを打たれた。なおこの日には1死1・2塁の場面でウィットと対戦しダメ外人の頂上決戦が行われた。結果はウィットの三振。)
この日の成績:打者4人 1安打被本塁打1 自責点1 敗戦投手 防御率27.00

宇佐見蓮子ミセリ説を裏付けるデータがある。
・2試合登板時点で2敗
・チームが開幕4連敗。その内(宇佐)ミセリで2敗
・背番号の下一桁が5(ミセリ35 宇佐ミセリ55)

果たしてこの後宇佐見蓮子はどうなってしまうのか。首脳陣と仏教について話した末浅草へ観光へ行ってしまうのか?そしてBリーグの行方はどうなるのか?(ミセリが巨人にいた2005年、巨人は5位だった。しかしBリーグは4チームで5位などない。それとも4チーム5位扱いな負けっぷりでもするのか?)

全てはまだ始まったばかりである。


(ミセリ様の初登板 残念ながら嶋の凡退は入っていない模様 ってかクイック・・・)

(2登板目、ミセリVSウィット 突っ立ってりゃ四球だ。)

(ウィットこそ三振に打ち取ったがその次の多村にサヨナラタイムリーを打たれる しかしこの椎野アナ、ウキウキである。多村を種田といい間違えるあたりにそれが窺える。)

前回までのあらすじ
投手のドラフトは1位2位を終えてまさかの抽選なし。これは抽選のない優しい世界か、それとも嵐の前の静けさか…

さて、3位指名である。ここでは7回から登板できるリリーフの指名となった。バフェ監督は九十九弁々投手を指名する。彼女は右打者に滅法強いが逆に左打者に弱い投手で、姉妹である八橋が弁々とは逆に左に強く右に弱いため、姉妹のワンポイントリリーフで1回を抑えることが期待される投手である。監督曰く、「加賀(繁 DeNAのリリーフ投手で特にヤクルトのバレンティンに滅法強い)みたいでいいね。」とのこと。
b2bc89b3
(↑加賀投手 ちなみにバフェ氏は加賀投手が現役で1番好きな投手なようだ)

さて、3位指名の公表である。弁々は重複なく指名に成功したが、華扇に3監督の指名が重複。このドラフト初の抽選となった。

続くは4位指名。トーナメントの決勝以外で登板する先発の指名だ。一部ではエース格として起用しているサリエルの指名が予想されていたが意外にもここでサリエルをスルー。どうもクローザーとして使いたいようだ。ここでの指名選手はルナサ。普段使ったことのない選手なのでせっかくだから使いたいらしい。
さて4位の入札であるがここでまさかのルナサ重複! 抽選になってしまった。しかもここでサリエルを他監督に獲られてしまった。なおサリエルの件についてはあまり気にしてない模様。
さて、抽選の結果は…

1142083i
20151022-OHT1I50092-T

外れである。正真正銘の外れである。
気を落としてもしょうがないので外れ4位にて朱鷺子を指名。公式戦では不本意な活躍で2軍落ちとなってしまったためリベンジが期待される。この時会場ではため息や嘆きの声。どうやら次の指名で狙っていたようだ。

さて、5位指名は8回以降のリリーフ。ここではサウスポーのエリーを指名。今まで使ったことがないのでぜひ使ってみたいとのこと。入札の結果ここも重複なしで問題なく指名成功。期待の左腕である。他の指名を見ると小鈴が抽選になっていた。ここまで3回抽選があったがこれを1人の監督が全て引き当てる豪運を発揮。凄いものである。

そして最後の6巡目。よりにもよってここでクローザーの指名である。もう7人の監督が5投手を指名し延べ35人が指名されると中々いい投手は残っていない。どの投手も一癖も二癖もある投手ばかりである。ある意味各監督の相馬眼が問われるし開催されるトーナメントは試合終盤に大どんでん返しがありそうでもある。
この6巡目指名では宇佐見蓮子投手を指名。ランナーを出すと投球にもろさが見られるがそうでないなら中々の投球が期待できる。ランナーさえ出さなければ良いのである。まるで山口俊みたいだ。
NANIDOSU

この蓮子の指名も問題なく通り指名終了。この6位指名も重複なく平和に終わった。
主な指名漏れ投手には、メルラン・カナ・パルスィ・一輪などがいた。
この中のある一人の選手がこの後大騒動を起こすのだがそれはまた別の話しである。ここでそれを述べるかはまだ決まっていない。 いわゆるわかさぎダービーである。

ここで投手ドラフトは終了し続くは野手ドラフト。果たして射命丸文の指名は成功するのか!?続きはパート4以降である!
―続く

投手ドラフト 指名選手
1位:リリカ・プリズムリバー(先発1)
2位:聖白蓮(中継ぎ3)
3位:九十九弁々(中継ぎ2)
4位:×ルナサ・プリズムリバー→朱鷺子(先発2)
5位:エリー(中継ぎ1)
6位:宇佐見蓮子(抑え)

↑このページのトップヘ