納税は国民の義務です

東方BIG野球のプレー記録、その他諸々な感じです。

タグ:堀川雷鼓

ここまでリーグ戦の半分、18試合が終わった幻想郷Bリーグ。ここまで7勝10敗1分の同率3位と中々波に乗れない戦いが続いているが今までの戦いから3つの考えに到った。
「岡崎夢美(以下教授)が打ったら勝って、打てなきゃ負けるのでは?」 
「教授が打つとはたても打ち出すのでは?」 
「雷鼓は勝敗関係なくコンスタントに打っている?」 
気になったので早速調べてみた。その結果が以下の表になる。
選手名の下にある数字はその試合での安打数でありノーヒットなら無地、1安打なら黄緑の背景、マルチ安打以上なら赤地に黒の太字という見方である。ちなみに勝敗でも勝った試合は赤地に白太字である。

0d

以上がその結果である。
Q1:「岡崎夢美(以下教授)が打ったら勝って、打てなきゃ負けるのでは?」
A1:教授マルチ時の勝率75%(8戦6勝)に対して教授非マルチ時の勝率10%(10戦1勝8敗1分)
もう一目瞭然である。ちなみに教授がノーヒットで勝った8試合目だが教授は1打数無安打だが四死球が3つある。もっとも得点に絡んだケースは1回のみで(正邪3ランHR)文と椛が2点タイムリーを打ち勝利している。珍しくこの表に上げた3人以外の活躍で勝利したケースだ。

Q2:「教授が打つとはたても打ち出すのでは?」
A2:はたてがマルチ安打を打った試合では必ず教授もマルチ安打を達成している。もっともマルチ安打以外ではその傾向は見られない。(お互い1安打の試合は第1戦のみ。それ以外ではどちらかが1安打を打ってももう片方は無安打である。)

Q3:「雷鼓は勝敗関係なくコンスタントに打っている?」
A3:ここまでの18試合で無安打は4試合のみ。マルチ安打9試合は3人の内トップ、2-11試合目で10試合連続安打とコンスタントに打っている。もっとも、無安打で終わった試合の勝率は25%(4戦1勝)と打てないと勝利は遠のく傾向はありそうである。

これにより、思い浮かんだ3つの仮説は実際にそうであることが証明された。今後やって来る後半戦では、教授とはたての打棒に期待する事と2人が打てなくても勝利が拾えるような形を考える事の2つが求められる。
後半戦での一気の巻き返しに期待したい。

先日の大敗後の記者会見で1軍2軍の入れ替えを示唆したバフェ監督。その入れ替える内容については堀川雷鼓内野手の1軍登録が濃厚である。しかしこの雷鼓、ここまでの成績は3試合に出場し打率.000 0HR 0打点という成績なのだ!
今回はそんな雷鼓の能力と出場した3試合の結果を見てみたい。
image
まずは能力から見よう。
g00raiko
このグラフを見ても分かるように高い巧打力と長打力、さらに選球眼と一塁の守備にも優れて高いバランスでまとまった実力があるのだ。ベースランニングはそれほどでもないが実は盗塁能力も中々あり侮れない。
一塁手として見るなら幻想郷でも1・2を争う打撃力の星熊勇儀に対し総合力で対抗する堀川雷鼓という構図が見て取れる。・・・というのが表向きのカタログスペックの話である。これからはたった3試合とはいえ1本のヒットも打てなかったレ軍でのプレーぶりに目を向けたい。

5.16 1軍登録 実はこれには事情がある。本来は岡崎夢美を1軍登録しようとしていたのだが日程管理ミスで実は上げられないことが分かり急遽登録された経緯があるのだ。
試合成績 四球-右飛-左飛-三振 3打数0安打1四球 試合結果 1-6 敗戦

5.17 試合成績 三振-二ゴ-四球-三振 3打数0安打1四球1盗塁 試合結果 3-4 敗戦

5.18 試合成績 遊併殺打-内飛-二ゴ-遊ゴ 4打数0安打 試合結果 4-6 敗戦

5.20 この日より交流戦日程が開始。岡崎夢美の1軍再登録が可能になるため2軍落ちに。
―以上が堀川雷鼓が出場した3試合の成績である。結局1安打も打てずに試合も全敗とまるでいいところなく2軍落ちになってしまった。再登録が7月31日になるのかそれとも8月以降になるのかはまだ分からないが再登録が濃厚なためこれからの逆襲に大いに期待したい。

先日試合後のコメントで岡崎夢美選手の一軍昇格を明言していたbadferd監督だが、肝心の岡崎選手の再登録には日付が不足していることが判明した。
このことについてbadferd監督は「こ、交流戦には間に合う…」とコメント。
そして代役には堀川雷鼓内野手が一軍昇格をするようだ。突然のアクシデントになってしまったが雷鼓選手の活躍に期待だ。

↑このページのトップヘ