納税は国民の義務です

東方BIG野球のプレー記録、その他諸々な感じです。

タグ:勝率

さて、今年こそ念願のAクラスに入りCSに初出場した横浜だが、そこまで長く低迷。万年最下位で暗黒時代に陥っていたのは皆良く知っているだろう。
当時のネタとしてチームの勝率が首位打者の打率に劣る(08年:横浜.338 内川.378)というのがあった。
そこで今回は08年のケース同様に首位打者の打率>チーム勝率となった例を探そうという試みである。早速見てみよう。(とりあえすセリーグの首位打者と比較で)

1954 洋竹.250 与那嶺要(巨人).361
1955 大洋.238 川上哲治(巨人).338
1956 大洋.331 与那嶺要(巨人).338
1981 大洋.344 藤田平(阪神).358
1989 大洋.370 クロマティ(巨人).378
2003 横浜.324 今岡誠(阪神).340
2008 横浜.338 内川聖一(横浜).378
2010 横浜.336 青木宣親(ヤクルト).358

ワーオ、これは絶対にあきまへんで。
こうして見ると50年代半ば、80年代、00年代に10年とやらかした年代がまとまっている。TBS末期、主に08年から11年が暗黒の底として酷い時代だったのはよく知られる所だが50年代もそれを凌駕するレベルで酷い有様だ。特に54・55年。勝率が4割どころか3割を切るってあーた。首位打者がヒット打つ率より1割勝率が低いってこのご時勢考えるのは厳しい。
この2年間勝率2割台では流石に100敗しただろうと思われるがこの2年間は、
54年:130試合 32勝 96敗 2分 勝率.250
55年:130試合 31勝 99敗 勝率.238
と130試合制に救われたかギリッギリで100敗を回避している。(そもそも100敗自体61年に近鉄が103敗をした以外事例がない。)
そもそも50年代は54年から59年まで6年連続最下位というTBS末期からDeNA初期に08年から12年までしでかした5年連続最下位を越える連続最下位を見せつけ低迷する中翌1960年に三原監督が就任し優勝というもう何が何だか分からないことをしでかしている。(ちなみに優勝の翌年は最下位。そして38年待つことに・・・)
それとやる大矢などでお馴染みTBS末期より大ちゃんが率いた2003年の方が勝率が低かったのには驚かされた。もっとも負け数は似たり寄ったりで03年は140試合、08年や10年は144試合と試合数の差が響いたかもしれない。

最後に余談だがお前のチームはどうなんだって言われると現在勝率.351だ。規定到達のトップが純狐で.341に規定は到達してないが夢月.359にレミリア.371が控えている。
さて、どうなる!?

前回の記事(http://badferd-bigbaseball-etc.doorblog.jp/archives/45448653.html 前回記事)にて、計算上どれだけ勝てるかについての指標・ピタゴラス勝率を実際の勝率が上回っていたことが証明された。勝率>ピタゴラス勝率とするには接戦を勝ち負けるときは大敗となるとそうなりやすいし、僅差で勝ち大差で負けるチームが強いチームとの言葉がある。ではこのチームでは点差別勝敗の比率はどうなっているのか?以下に表があるので見ていただきたい。
gurahusouhai
以上結果でした。と言えばそこまでになるので、なぜ点差を3つに分類したのかについて。まず1点差ゲームと、理論上1HRで追いつく2-4点差。そして1HRでは追いつけない5点差以上の3つに分類した。
パーセンテージを分かりやすくするためにグラフも作成してみた。以下グラフである。
gurahu
借金が2桁あるので負けの割合が多いのは仕方のないことであるが、5点差以上、つまり大差での勝利が少ないことが分かる。これの理由については、5点差をつけられるような強力打線ではないことなどが挙げられるだろう。その他、1点差ゲームの勝敗は五分五分なことなどがあるだろう。
このチームの勝ち負けに言えることは…

大差でも僅差でも負けて、たまに勝つときは僅差!

と、いうことになる。なるほどそうなれば実際の勝率がピタゴラス勝率を上回ることも頷ける。これからも数少ない勝てるチャンスはキレのある指揮で勝利を掴み取りたいものである。

それでは、今回の記事はここまで。ありがとうざいました。

現在日程は5月24日まで消化。45試合で17勝26敗2分の借金9と苦戦する我がレイブン・レッドスターズ。苦しい現状だが何か面白いデータやなんやかんやはないのかと色々調査をしてみた。
そして今回は対戦相手別の試合数や勝敗、勝率を見ていきたい。
↓がそのグラフになる。(アルファベットは相手の頭文字)
syouritu

……特定の相手にひどく負け越しまくってるんですがそれは
ちなみにこのお方に14戦2勝11敗1分と結局借金が全てこの相手からのものとなっているのだがこのお方に対しての2勝は現在最多勝である。後の方はこの人に1勝か0勝なんだぜ!なんてこったい!
ちなみにこの某氏を除いた結果は31試合15勝15敗1分でちょうど5割。
5月24日時点で勝率5割だったときの順位はセリーグ3位・パリーグ4位である。
借金9パターンならセは最下位・パは5位だ。
とりあえず一つの事実から思いっ切り目をそらせばどの相手とも五分五分に戦えている。今後公式戦を優位に進めたいなら得意な対戦相手を作りたいものだ。
(…これからは実質勝敗や勝率も出そうかしら…)
そんな感じで今回は終わりです。 ではでは~

↑このページのトップヘ