納税は国民の義務です

東方BIG野球のプレー記録、その他諸々な感じです。

タグ:公式戦

大量ビハインドを追いつくも4連敗

浜宮オイスターズ 10-12 筑波ツインアルプス 18:00 福岡PayPayドーム
筑| 203 400 120 | 12
浜| 102 060 100 | 10
勝:牛崎 
敗:ルナサ 1勝1敗
S:野崎
継投:赤蛮奇5.0-さとり1.0-Lルナサ1.0-パチェ1.0-こころ1.0

スタメン
8文
7フラン
3雷鼓
2純狐
Dお空
9妖夢
4石川
5美鈴
6夢子
P赤蛮奇

・トピックス
赤蛮奇は今年ここまで負けなし。

ここまで3連敗のオイスターズ。今季負けなしの赤蛮奇で連敗を止めたかったが大乱調で5回9失点。
早くも敗色濃厚かと思われたものの5回に四球を絡めた攻撃で一気に同点とする。
しかし3番手のルナサが乱調で2回で3失点を喫し万事休す。連敗は4となってしまった。

試合後コメント
「お疲れ様でした。10点取れた。その事実を忘れないでおきたい。」
(赤蛮奇が乱調)
「1年ローテを回れば20試合以上投げる。そうなればそんな日もある。負けが彼女につかなかったし何か持っているのかもね。」
(4連敗)
「流れが良くないとそういうことも起こる。変えるところ変えないところを見極めないといけないね。」

終盤踏ん張れず3連敗

浜宮オイスターズ 2-4 里ヶ浜ガールズ 18:00 ZOZOマリンスタジアム
浜| 010 010 000 | 0 
里| 010 000 12x | 0
勝:泉田
敗:久侘歌 1敗
S:椎名
継投:L久侘歌7.0-パチェ1.0

スタメン
8文
7雷鼓
3お空
2純狐
5雛
9妖夢
1久侘歌
4石川
6夢子

・トピックス
久侘歌が今季初登板。雷鼓が負傷から復帰。3番ファーストでスタメンのお空は今季初めて守備についた。

マイの乱調で連敗となったオイスターズ。3連敗は避けたい中今季初登板の久侘歌を先発として送り出した。
久侘歌は期待に応え6回までソロホームランの1安打に相手打線を抑える好投を見せ1点リードで試合終盤を迎える。
7回に同点に追いつかれると8回に先頭打者にヒットを許したところで久侘歌は降板。2番手にはパチュリーが送り込まれたものの守備の乱れも絡んで結局2失点。
9回表も反撃ならず試合終了。これで3連敗となった。

試合後コメント
「お疲れさまでした。久侘歌は良い投球をしてたし勝ちたい試合だった。」
(初登板の久侘歌)
「かなり良かった。次に期待したいね。」
(これで3連敗)
「なってしまったものは仕方がない。次でこれをとめることが重要になる。」

マイの乱調で大敗

浜宮オイスターズ 1-10 妖精帝國アースガルズ 18:00 福岡PayPayドーム
妖| 200 152 000 | 10 
浜| 000 001 000 | 1
勝:赤蛮奇 
敗:マイ 1勝3敗
継投:Lマイ5.0-小悪魔2.0-ルナサ2.0

スタメン
8文
7フラン
Dお空
2純狐
9妖夢
5美鈴
3オレンジ
6夢子
4石川
Pマイ

・トピックス
昨日に続いてオレンジが一塁でスタメン

昨日は惜しくもウノゼロで敗れたオイスターズ。連敗は避けたいところだったが先発マイが初回から2失点すると5回8失点と大乱調。
一方の打線も赤蛮奇を前に押し出しの1得点に留まってしまい反撃はならず。二桁10失点で大敗となった。

試合後コメント
「お疲れ様でした。まぁ、こんな負け方は年間通じればそら出るわな。」
(マイが乱調)
「それこそそんなときもある。過去3試合はいいピッチングだったし次に期待したい。」
「明日に切り替えて行きたい。連敗は伸ばしたくないね。」

ムラサに3安打完封負け

浜宮オイスターズ 0-1 亀有アイアンカップス 18:00 MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島
亀| 001 000 000 | 1 
浜| 000 000 000 | 0
勝:サグメ 2勝4敗 
敗:ムラサ
継投:Lサグメ8.0-こころ1.0

スタメン
4石川
8文
Dお空
2純狐
7フラン
9妖夢
6夢子
3オレンジ
5美鈴
Pサグメ

・トピックス
昨日に続いて1番石川。オレンジがスタメンに。

昨日に引き続き相手の先発はムラサが出てきたオイスターズ。昨日の試合も大勝こそしたものの打ったのはリリーフだけに今日こそはムラサ攻略の期待がかかったものの快音は出ない。
先発のサグメは3回に1点を取られたもののその後はゼロに抑え反撃を待つもののムラサ相手に反撃は出ずに試合終了。結局3安打完封負けとなった。

試合後コメント
「お疲れ様でした。良い投球をされてはいたし、ワンチャンスを活かせなかった。」
(サグメは8回1失点)
「良いピッチングだったしせめて負けは消してやりたかったんだけどね……。」
「とにかく、次こそムラサを攻略したい。対策を練っていきます。」

終盤の猛攻で逆転勝利

浜宮オイスターズ 11-2 天神マキノウドーンズ 18:00 西武ドーム
天| 000 001 001 | 2 
浜| 000 000 56x | 11
勝:豊姫 1勝1敗 
敗:カナ
継投:W豊姫7.0-パチェ1.0-ルナサ1.0

スタメン
4石川
8文
Dお空
3純狐
7フラン
5美鈴
9妖夢
6夢子
2レイセン
P豊姫

・トピックス
石川の1番打者は今季初

クリーンアップ2人が負傷欠場中のオイスターズ。その影響か今日は1番打者に石川を抜擢することになった。
試合は豊姫-ムラサの両先発が抑えゼロ行進で中盤まで進む。6回に幻月のタイムリーで天神が1点を先制するとその裏のピンチは継投で凌いで試合は7回に。
7回裏、3番手のカナから1死2塁のチャンスを作ると夢子のタイムリーでまず同点に。その後1死1・2塁として左打者が続く打順で天神は投手を左腕のユキに交代。この逆転のチャンスを今日1番起用の石川が応えライトへのヒットで逆転するとその後打線が繋がり一挙5点で逆転に成功する。
9回にも大量点を取り終わってみれば二桁11得点を取り大勝となった。

試合後コメント
「お疲れ様でした。相手が弱っているところに上手く畳み掛けることができました。」
(石川を1番起用)
「今(妹紅・雷鼓の)2人いないからね。いつもとは違った形のオーダーを組むときもある。」
(豊姫が初勝利)
「ここまでいい投球はしていたけど勝ちに結びついてなかった。今日もいい投球だったしそれが結果に出て良かった。」
「やっと豊姫にも勝ちがついたね。ここからはたくさん勝ってくれると思います。ありがとうございました。」

↑このページのトップヘ