納税は国民の義務です

東方BIG野球のプレー記録、その他諸々な感じです。

タグ:三浦大輔

image
さて、暗黒シリーズの第1回はTBS末期横浜の先発について見てみる。
今回は2008-2011年の4年間の先発回数上位8人の先発数や勝敗イニング、そしてその選手の立場について見てみたい。
ここで言う立場とは例えば若手や外国人といったものである。前々から私は「TBS末期のローテは番長・若手・外国人・外様の4人がメインだ。」と考えており、今回実際にそうなのか検証してみたことになる。
立場の区分は以下の通りになる。
・番長:皆様ご存知、ハマの番長・三浦大輔
・新人:新人投手 経験値リセットで翌年はいない気がする
・若手:プロ入り2-5年目の選手 経験値(ry
・中堅:新人若手に入らない横浜生え抜きの選手
・外様:他球団から移籍して来た選手 寺原とか山本省吾とか
・外国:外国人投手 球団創設以来1人も2桁勝った投手がいない
・復帰:横浜一筋ではないが外様でもない選手 具体的には大家友和
区分がベテランの投手がいないのかって?そんな先発投手が(番長以外に)横浜にいるわけないだろ。(リリーフなら木塚や川村がいたが・・・)
では前置きはこの辺りにして早速データを見てみよう。それと少々私の私見も書いておく。

2bays08
・三浦の登板数が少ないがこの年は戦線離脱の関係などが理由である。
・新人・小林が中々の奮闘。
・5勝12敗防御率6.47の那須野が登板数4位な辺り闇を感じる。

2bays09
・FA残留を見せた番長がまぁ例年通りの活躍。いなかったら本当にやばかっただろう。(この年は51勝93敗。番長不在ならまず彼に代わる投手はここにいない投手からも務めることになり戦力大幅ダウン。そしてイニングイーターがいなくなるため中継ぎも負担増加。もし番長がいなかったら本格的に100敗も見えただろう。)
・防御率こそ悪いがグリンがムエンゴに苦しむ。ゾウのグリンのコピペ誕生へ。(元々は元日ハム・スウィーニーらしいとも)
・小林、登板数減でリセットを感じる。珍プレーもやらかしていた。 (下記動画参照)
・途中入団したランドルフの活躍が光る。なお翌年以降。

2bays10
・番長、大不振。他球団だったら引退のピンチだっただろう。
・彗星のように現れたムエンゴ加賀繁登場。
・大家がアメリカから復帰。パワプロ2010だと強かった。
・地味様こと清水、5点台で10勝。何があったし。
・昨年活躍のランドルフ、なお。

2bays11
・高崎健太郎、昨年の加賀に引き続き2年連続のムエンゴ病に。
・番長復活。翌年感動の通算150勝達成へ。
・須田ァ!がデビュー。よく今の地位まで登りつめたものだ。
・国吉もデビュー。
・寺原とトレードで来た山本、どうしてこうなった。なお寺原はオリックスで2桁勝利。
・加賀、先発とリリーフを行ったりきたり。マシンガン継投の被害者の1人だろう。昨年大のムエンゴだったがこの年は開幕戦リリーフで勝ち投手に。

以上が08-11年に渡る4年間の主な先発の成績だった。この4年間で23人がリストに名を連ねた。(1年あたりリストに8人、09年のみ同数がいたため9人)毎年のように投手をとっかえひっかえしていたことが窺える。
この23人の内複数回リストに登場したのは7人だ。そのメンバーは三浦、小林、吉見、寺原、藤江、ランドルフ、加賀である。当然三浦は4年間全てに登場しているが小林太志が10年を除く3年でリスト入りしていた。
各区分ごとのリスト入り回数は、
外国人8
若手7
新人6
外様5
三浦4
中堅2(実質吉見)
復帰1(実質大家)
となった。
新人若手を足すと13となり圧倒的多数派、割合にすると約4割となった。これを見るに、学徒出陣した若手、毎年とっかえひっかえした外国人に番長三浦が主要な先発要員であることが見えた。それに補助的な役目として他球団から移籍してきた投手が先発に入る形となった。
こう見るとやはりと言うべきか案の定と言うべきか番長頼みな先発だったことが分かる。そして毎年のように他球団ならとっくに2軍に行ってそうな成績の投手が結構な試合・イニングを投げている辺り深刻な人材不足だったことが分かるだろう。
それが今や先発リリーフを中心とした投手陣の力で試合に勝つチームとなり念願のCS出場を果たした。あれから5年以上が経過し時の早さを感じるばかりである。

image

さる9/29。私はハマの番長、三浦大輔投手の現役最後のマウンドを見届けに行った。チケットこそ持ってなかったが試合時に開かれるビアガーデンにて映像が中継されるのでそこで観戦した。
私がスタジアムに着いたときには既に大勢のファンが番長の最後を見届けようとつめかけていた。image
(一部、画像を編集しています)

そして試合開始である。初回いきなり連打を浴びピンチを招くも山田哲人の打った投手への打球を見事処理しゲッツーに。これで3塁ランナーこそ生還されたが1失点で初回を凌ぐとその裏梶谷が同点弾。
2回は3ランで失点するもエリアンのホームランの後2アウトから番長自らヒットで出てそこから連打でこの回一挙5点で勝ち越し。番長の、そしてナインの勝利への意気込みが見れるすばらしい攻撃だった。特に番長は2アウトランナーなしなだけにさっさと凡退して戻るのかと思ったがこれをヒット。勝利への闘志を感じた。
こうしてさあ勝つぞと思ったが現実はそううまくいかなかった。失点を重ねる番長。打線も2回以降点を奪えず回は進む。5回には番長に打席が回る可能性がありここで代打を送り出番終了かと思われたが打席へ向かう用意をする番長。結局5回に打席は回らなかったが6回も続投となった。そして6回裏、先頭打者は番長。今度こそ代打かと思われたが打席へ。そして横浜の攻撃が終わりマウンドへ向かう番長。いったいどこまで行くのかはさっぱり分からなくなった。
7回、先頭の雄平をストレートで三振に取るとラミレス監督は番長の交代を告げる。
6.1回 8奪三振 10失点。
これがハマの番長三浦大輔、最後のマウンドだった。

とにかく今日は番長の日だった。番長がピンチを迎えるとスタンドからは大きな声で三浦コールをし後押しした。ヤクルトの東京音頭もかき消すほど大きな声の三浦コールだった。

正直言うと私はまだ番長の引退についてフワフワした気持ちである。多分本当に番長がいないのを実感するのは、選手名鑑で横浜のページを読んだ時に「18」に誰もいないことあたりのエピソードになると思う。
やれ寂しさとかは感じないのか?って言われてもそれこそ私が野球を見始めたら時からずっといる選手、特に好きなチームの主力をずっと張り続けていた選手だけにいるのが当たり前、当然の存在であり、いないってことを考えていなかったからだろう。今でも三浦大輔がいないベイスターズを想像できていない。

この番長の引退により11年前、最後にAクラスになった時の主力選手は横浜からいなくなった。他チームには相川や村田という当時のレギュラーがいて在籍した選手なら石川雄洋がいるが彼は当時ルーキーで一年通して二軍暮らしだったためAクラス戦士と言われると?である。
しかし、2016年ベイスターズはこの2005年以来のAクラスとなった。当時のAクラスを知るものはいなくなったが今日グラウンドに立った選手、彼らが新しいAクラス戦士である。
Aクラスはとにかく98年の優勝メンバーも全員現役を退いたが今のベイスターズにいる全員が新たなAクラス戦士だ。
三浦大輔が去り横浜大洋-横浜-DeNA と続く歴史を知る選手はいなくなったがこれからは今のメンバーで新たな歴史が作られるだろう。

ここまで長くなってしまった。
ホエールズ、ベイスターズの良いときも悪いときも常にマウンドで投げ続けた番長に、ありがとう。

今回はいつもと趣向の違う記事になりましたがここまで読んでくださってありがとうございました。2016/9/29
image

↑このページのトップヘ