納税は国民の義務です

東方BIG野球のプレー記録、その他諸々な感じです。

タグ:ブログ

ついに金曜にはプロ野球が開幕します。
順位予想と言う名の怪文書は先日書きましたが、(/)なんか適当に書きます。
さて、ベイスターズは16年のAクラスのおかげで07年以来のホーム開幕となりました。あの時は高橋由伸に開幕プレーボールホームランを番長三浦大輔が被弾し開幕に弱い番長は残念ながら敗北、その後しばらく〇●〇●と連勝も連敗もしない奇妙な星取が続いたものです。
この年は第二次大矢政権初年度で4位となり惜しくもAクラスとはなりませんでした。翌年からの事はもう言うまでもないので省きます。水差し野郎が爆誕したのもこの年でした。
今年の開幕ですが、昨年の主要な先発投手がことごとく離脱という苦難のスタートとなりました。それがどうした!
これが今季絶望クラスになるとあたふたもするものですが現状5月ころには皆帰ってこれる見込みです。こういう症状の時開幕に合わせて無理をした結果一年を棒に振るのが最悪のシナリオです。
そりゃ怪我なく一年過ごすのが理想ですが怪我するならまだ取り返しのつく範囲内で済ませてほしいもの。
過去2年開幕ダッシュは今一つでしたが終わってみればAクラス。一方15年は春先に後先考えず突っ走りまくったら案の定ガス欠で万策尽き最下位。弱小チームが春先に狂い咲きをするのはある意味ペナントの風物詩でもあります。
最初に負けていても要は最後の瞬間に勝っていれば良いのです。
とりあえず過度にネガらず、(かといって過度にポジるとその通り行かないと辛くなる)自然体でシーズンを迎えたいものです。

それでは。

さて今回は独断と偏見マシマシでセ・リーグの順位予想をします。言いたい放題やるんであしからず。(パはこっち)

・セ・リーグ 順位予想
1広島
2阪神
3横浜
4巨人
5ヤクルト
6中日

以下各球団についてあることないこと書きます。
・広島
セはやはり広島が大本命でしょう。他と比べ戦力が際立っています。序盤のうちにリードを作りさえすればV3でしょう。しかしV2は共に独走での優勝。もし終盤まで競り合うと圧倒的戦力でカバー出来てた緒方が爆発しV逸の可能性も()

・阪神
若手は育ちつつありベテランは何とか今年くらいまでは持つか。若手が伸び悩むと今年はともかく今後厳しいか。藤浪は・・・ 横浜戦では好投するんだけどね・・・ 1ファンとして阪神にはここ数年やられまくっている感があるので阪神への評価は高いです。

・横浜
2年連続Aクラスは21世紀初(97-01間Aクラス)で同一監督での連続Aクラスは権藤さん以来。凄惨な過去が窺える。着々と戦力は増しているがAクラスに入ったからこそ上を目指すには不足している事が多いと実感する。今年こそハマスタでCSがしたいところだ。

・巨人
横浜をAクラスに入れる過程で割りを食った() 世代交代はどうしたなど目をつぶられている面もあるが、ゲレーロはじめ補強を今年も敢行。核となる選手はしっかりしているし、やりよう次第ではどうとでもなるが由伸だしなぁ・・・やっぱ監督なんぞやりたくないのかなぁ() 代打でもいいから野球がしたい中某氏は代打だと「ヒマー!」とのたまう() しかも彼に現役唯一のチャンスだったタイトルをかっさらわれる。ミステリものなら犯行動機になりかねないわね()
一向に決まらない二塁は来年の浅村に備えて空けているんですかね()

・ヤクルト
昨年記録的大敗を喫したヤクルト。(それを08-12と5年続けた横浜)色々変えて青木の復帰とやる気は満々だろう。ベストメンバーさえ揃えば面白い存在かもしれないがそのメンツを揃えるのが何よりも難しい球団だ() そして開幕前から畠山が逝った。復帰はいつだ。

・中日
落合時代の栄冠から世代交代に悩まされここ数年は低迷。まだ時間がかかるだろう。しかもゲレーロが今年は不在である。ここ最近は開幕直後に好調で「中日下位予想した奴www」てな文言がネットに並ぶが終わってみると・・・である。余計なお世話かもしれないが優勝もAクラスも100敗もかかってないのに何で酷使するんだろうか()

以上セ・リーグ順位予想と各球団への寸評でした。お筆先な状態で特に考えず筆を走らせた結果の怪文書なのであまりアテにしないほうがいいでしょう。特に巨人は怪文書度合いがアレになってしまった() ( ・`ω・´)ごメンチ
大まかには、
>虎星巨>燕竜
って階層になると思っています。球団変えるとパになるね()

それでは。

さて今回は独断と偏見マシマシでパ・リーグの順位予想をします。言いたい放題やるんであしからず。

・パ・リーグ 順位予想
1ソフトバンク
2楽天
3オリックス
4西武
5ロッテ
6日本ハム

以下各球団についてあることないこと書きます。
・ソフトバンク
よほどのアンチか大穴党でもない限りここを優勝予想するでしょう。特に言うことは無いです。そういえば14年以降偶数年は接戦になってる(14:オリックスと優勝争い 16:日ハムに逆転優勝を許す)ので今年は接戦になるとおもしろいなーって
時に川崎はどうしたのでしょうか?また元気な姿を見せてほしいです。

・楽天
昨年は2番ペゲーロ等で序盤快走も後半戦失速し残念賞となった楽天。Wオコエは何か面白いので活躍すると楽しいですね。後横浜高校卒業の藤平選手にも期待。

・オリックス
昨年ロメロマレーロと外国人を両当てしたオリックス。クローザー平野がメジャー行きも増井獲得で被害は低減出来たか?てか去年とAクラスの顔ぶれが同じだと書いてて面白くないので()Aクラス目指して頑張ってほしい。
吉田正尚は怪我なくプレー出来ますかね…?

・西武
課題だったショートは新人王・源田で穴が埋まる、他山川や外崎と若手の台頭で昨年2位も牧田・野上と計算出来る投手が2枚離脱はキツいか?オリックスをAクラスに入れる過程で割りを食った()

・ロッテ
昨年負けまくったロッテ。井口新監督で立て直しを目指す。ここと日ハムは蚊帳の外かな?「永遠の0」岡田に2年ぶりの安打は出るのか!?

・日本ハム
ゴールデンルーキー・清宮入団も増井、大野に大谷翔平が抜けては今年は厳しいか。まぁここはしばらくしたらまた上がってくるでしょ。チームを壊して再建中って段階か。
清宮に中々一本が出ずしまいには盲腸になったが一応彼は高卒ルーキー。この時期にやんややんや言うのはさすがに短絡的というか何か人生楽しそうですね()

以上パ・リーグ順位予想と各球団への寸評でした。少年野球程度しか経験無いですしパは詳しくないので(セが詳しいとは言っていない)あまりアテにしないほうがいいでしょう()
偶数年だから接戦になるといいな~って書きましたが大まかには、
>楽檻西>鴎公
って階層になると思っています。球団変えるとセになるね()
今から開幕が楽しみなばかりですな。

それでは。

ishida3-770x433

さて、先日横浜のラミレス監督は今年の開幕投手に石田を選出した事が明らかになりました。
【DeNA】石田、2年連続開幕投手決定的 ラミ監督信頼のキャンプMVP
これで石田は2年連続の開幕投手となりハマの番長・三浦大輔氏以来久し振りとなる連続ないし複数回の開幕投手となりました。
しかしこの横浜の開幕投手、任命された選手が活躍出来ないジンクス、呪いがあったりなかったりします。ここに過去10年の開幕投手を書いてみます。

・過去10年の開幕投手
08 寺原3勝9敗22S 3.30 本塁打王、首位打者を擁しながらダントツの最下位。寺原は先発・リリーフどちらも貧弱な投手陣の結果抑えに回される。

09 三浦11勝11敗 3.32 TBS末期らしく例によってダントツの最下位。貧弱な投手陣の中三浦は孤軍奮闘するも開幕戦は例によって負ける。結局三浦は開幕戦を勝つ事は無かった。

10 ランドルフ 2勝9敗 4.25 前年シーズン途中に来日し好投を見せた(09年:5勝2敗 1.96)ランドルフが開幕投手も活躍出来ずこの年で解雇。なお翌年他の外国人投手の影響でシーズン途中再来日も約1ヶ月で解雇された。

11 山本 2勝11敗 5.92 寺原らとのトレードで加入した山本が開幕投手に。開幕戦は内藤のサヨナラ打で久し振りに勝利も山本はこのシーズン打たれまくる。違反球でほぼ6点台ってあーた。

12 高崎 7勝10敗 3.20 前年ローテ入りしムエンゴながらチーム内で好投した高崎がDeNA初代開幕投手に。この年も自ら打点を上げかつ自責点0ながら敗戦投手、鳳凰の絵を描くなどムエンゴぶりを見せつけた。
images

13 藤井 6勝5敗 3.54 ブランコやモーガン、新鋭梶谷らが大暴れした13年は藤井が開幕投手。藤井は貧弱な投手陣の中安定してゲームを作ったものの夏場に故障で戦線離脱。この故障が重症だったのか翌年は1軍登板0で引退。

14 三嶋 1勝2敗 10.88 前年ルーキーながら三振を取りまくった三嶋が開幕投手も大☆爆☆死 この年以降、ルーキー時代のキレキレだった三嶋は見られていない模様。

15 久保 8勝7敗 4.12 前年度最多勝争いをした久保が開幕投手も前年ほどの活躍は出来ず。

16 井納 7勝11敗 3.50(山口 11勝5敗 2.86) 本来は山口が務める予定だったが故障で井納が代役に。この後も井納は、オールスター・CS・さらに翌年のオールスターと代役まみれに。井納は非常に「らしい」成績に。山口はこの年こそ活躍も… 再起はあるのか?

17 石田 6勝6敗 3.40 ご存じ昨年の開幕投手。故障もあり前年の成績は越せず不本意な一年に。

以上、過去10年の横浜の開幕投手でした。多くの投手が不振や故障などロクでもない末路をたどってしまっています。今回めでたく石田が2年連続開幕投手となりましたがこのジンクスを払拭出来るのかに期待と注目が集まるばかりであります。

それでは。

を作ったのって誰ないしどのチームなんでしょうか?
送りバントは現在日本において非常にポピュラーな作戦で現に今日の代表戦でも初回、1番が出塁の後2番がバントを実行しました。(結果はエラーで出塁)
日本においてバント作戦の人気ぶりといえば、パワプロでも2番にはバントをしなさいとばかりに打力に劣る打者をCPUは起用します。例えば元DeNAの内村とか。パワプロのCPUは一筒香ニ内村三ロペス遊桑原(梶谷)みたいに素敵なオーダーをお組みになさる。
yb_23
(↑内村賢介のパワプロ2016における能力)

しかし現在、セイバー等の研究ではバントは得点効率の上昇には大きく貢献しないとの分析結果が出ており有効性において疑問視されていますが日本では依然としてポピュラーな作戦です。
打力に劣る事の多い投手や下位打線ならいざしらず打席の多く回る上位打線でバント、と言うのを言い出したのは誰なんでしょうか?

それでは。

↑このページのトップヘ