納税は国民の義務です

東方BIG野球のプレー記録、その他諸々な感じです。

タグ:オレンジ

いよいよ今週日曜に迫ったコスト会議。会議の注目と言えばアプデされた選手たちだろう。今回はそのアプデされた選手たちのアプデ内容を大まかに見てみたい。

・オレンジ
ホームランを打てるパワーを身につけた。代打要員などでの起用が増えるかもしれない。

・神子
盗塁機会を生贄に成功率の向上に成功。盗塁の神子、走塁の文として後述の文との棲み分けを図る。

・文
盗塁能力を生贄に唯一の走力6へ。「幻想郷最速」のランナーに。

・ヘカーティア
バントが上手くなった。そいつはすげえや!

今回野手ではこの4名がアップデートされることになった。装いを新たにした選手たちの活躍に期待したい。

オレンジ、7打数4安打5打点2HRで延長17回の大熱戦をサヨナラ勝利!!

バフェ7x-6紫安 勝:蓮子 敗:小悪魔 ナゴヤドーム
紫|000 030 020 000 010 00 |6
バ|041 000 000 000 010 01x|7x

オーダー
1二妖夢
2遊雛
3右はたて
4左フラン
5一小傘
6三衣玖
7指コンガラ
8捕レティ
9中オレンジ
継投:朱鷺子6.0-聖2.0-勝:弁々1.0-蓮子7.0

1回戦を劇的なサヨナラホームランで制して臨む準決勝。2回にレティがサードのタイムリーエラーで先制すると続くドラフト9位のオレンジが相手先発神綺の球を見事に捉えホームラン。この回に4点を先制すると3回にはフランが2試合連続HRで加点。序盤から5-0と優位に試合を進める。しかし相手も5回にこちらもドラフト9位・わかさぎ姫が3ランで反撃開始。8回には神子のスリーベースと青娥のスクイズで5-5の同点に持ち込み試合は延長戦に。ここから両軍の抑え投手、蓮子と子悪魔がお互いに好投を続け試合は膠着状態に。そして迎えた延長14回。諏訪子に甘く入った球をレフトへ持ってかれ勝ち越しを許す。しかしこのままでは終わらない終われない。その裏2死ながら2・3塁のチャンスで今日3ランのオレンジ!ここで執念の同点タイムリーを放ち6-6の同点に。そこからはまた両軍の投手の好投で終わりが見えない投げ合いになるかと見えた17回裏、1死から今日のラッキーガール、オレンジ!思い切り振ったバットから放たれた打球は再びスタンドへ!オレンジ今日2本目となるサヨナラHRでこの延長17回の大激戦にピリオドを打った。チームは2試合連続のサヨナラHRという劇的連勝でこのトーナメント、決勝へ挑むことになる。延長無制限ルールの当トーナメントだからこそ起こった大熱戦であった。

試合後コメント
「なんなんだいこりゃあ!なんか言葉では言い表せない凄い試合だったねぇ。あと相手さんにはお疲れ様でしたと言いたいです。(ちなみに相手チームは1回戦も延長15回の試合をしていた。2試合合計32イニングである。ちなみにこの1回戦はわかさぎダービーと呼ばれる大激戦であった。)」
(大活躍のオレンジ選手について)「ドラフト9位で今日の相手さんと抽選した結果引き当てた選手だし、何かやってくれるかなとは期待していたけど、こっちの予想を何千倍も上回る凄いプレーでした。あっちのわかさぎ姫も一発打ったし、9位の選手にはなんか物の怪でも憑いているんじゃあないかな(笑い)」
「このトーナメントね、さっきも言ったけど物の怪の類が憑いてるかのような試合だし、決勝も勝って優勝したいね。やってやりますよ!それじゃ!」

前回までのあらすじ
野手も8人を指名。残るはあと1人。

残されたあと一人にはオレンジを指名することにした。外野手である。しかし、このオレンジが重複し抽選に!
最後の最後に大きな山場である。さて、その抽選の結果は…?












fimg_70_1280


勝利!抽選に勝利!
こうしてわが軍は9人の野手の獲得に成功。野手編では一番最初に文を外したが残りの抽選に全勝である。変な話、文が生贄になったとも言える。
ちなみにこの後色々あったのですがそれについてはまぁ余力やなんやかんやがあれば書こうと思います。(主にわかさぎダービーとかね)
それではこのあたりでこのドラフト指名についての記事は終わりです。最後に野手の指名選手を記載しておきます。それでは。
野手ドラフト 指名選手
1位:×射命丸文→フランドール・スカーレット
2位:姫海棠はたて
3位:多々良小傘
4位:永江衣玖
5位:鍵山雛
6位:魂魄妖夢

7位:レティ・ホワイトロック
8位:コンガラ
9位:オレンジ

―プレイバック 運命の1日 完

↑このページのトップヘ