納税は国民の義務です

東方BIG野球のプレー記録、その他諸々な感じです。

カテゴリ: 幻想郷Bリーグ

Bリーグ、ついに完結!
 
幻想郷Bリーグ最終戦 博麗文々。ドリームズ対斑鳩ミラクルスターズ 東京D(斑鳩ホーム)
博麗6-14斑鳩
 
博| 000 000 024 |6 
斑| 332 202 02x |14 
z334g36order
継投
敗:映姫6.0-ルナサ1.0-弁々1.0―キクリ、大妖精、レティ

―前戦の結果3位以上が確定した博麗。この試合がBリーグ最後戦である。勝って勝率5割と2位を確定させたかったが先発映姫の投球が冴えず大量失点。結果としては試合に敗れ勝率5割こそならなかったが他会場の結果2位になることはでき2位で順位が確定した。
嬉しいニュースとしては、この35試合通してノーヒットだったサラ・スイカが最終戦にて初安打を達成。この結果野手全員に安打が出ることになった。そしてサラはその後得意の走塁でホームに生還。良さを存分に見せ付けた。

試合後コメント
「お疲れ様でした。1年通して満足の行く結果にはなりませんでしたが選手たちはグラウンドの中で素晴らしいプレーを見せてくれたよ。」
(今日の試合について)
「今日も最初に大差がつけられる厳しい展開でまぁ残念な結果に終わってしまったけどそれでも最後まで各々がらしさを出して光るプレーを見せてくれたと思います。」
(スイカ・サラに初安打)
「ちょっと気になっていてね、最後の試合どうにか打たせたいって思っていたけど打ってくれて何より。」
(最終結果は2位になりました)
「まぁ俺個人としてはもっと出来たっ!って感じもあるけど2位でしょ?選手の皆は本当に良くやってくれた。様々だね。」
「こうしてね、36試合。長い期間でした。とにかく終われてホッとしてます。いやぁみんなね、お疲れ様でした。それじゃ、ありがとう。お疲れ様でしたっ!」

Bリーグも今日が最終戦。長きに渡る戦いは今日終わるのだ。対戦カードは以下の通りになる。(左がホーム、カッコ内が予告先発)


妖怪(静葉)VS薬局(永淋) @幻想郷
斑鳩(魔理沙)VS博麗(映姫) @東京D 


・試合開始時刻は2試合共に22時

35節終了時点での順位
(左より、勝ち-負け-引き分け-勝率-ゲーム差)

斑鳩 20-15-0 .571 優勝
博麗 16-16-3 .500 2.5 
妖怪 16-17-2 .485 3.0
薬局 15-19-1 .441 4.5


前の試合でついに斑鳩が優勝を決めて迎える最終戦。各チームエースをマウンドに上げラスト1戦を勝ちで飾ろうとしている。この最終戦では2位3位の座と各タイトルがかかっている。例えば斑鳩先発魔理沙は現在4勝でこの試合で勝利投手になれば単独最多勝が決まる。その他にもタイトル争いをしている選手は多く最後まで目が離せないだろう。
プレーボールは22時だ。

前回対戦時のオーダー

z334g33order

8回に主軸の集中打で3位以上が確定 


幻想郷Bリーグ第35戦 博麗文々。ドリームズ対妖怪寺エヴィルプレジデンツ 横浜(博麗ホーム)
博麗5-1妖怪
妖| 100 000 000 |1  
博| 000 100 04x |5
z334g35order

継投 

勝:菫子9.0―大妖精、キクリ

―前戦の大敗で優勝の可能性が潰えた博麗。だが残る2試合を勝利し少しでもいい形でリーグを終えたい。先発菫子は立ち上がりこそ不安定で先制を許すも以降は立ち直り相手を0に封じる。打線は4回に4番・岡崎夢美の一発で追いつくと同点のまま試合は終盤へ。8回、ランナー2人を置いて2番はたてが勝ち越しの2点タイムリーが飛び出て勝ち越すと直後雷鼓に9号2ランが出て試合を決定的にする。9回には2死2・3塁のピンチを招いたものの菫子が最後の打者純狐を二塁ゴロに打ち取り完投勝利。防御率ランク2位に浮上。チームはあと1試合を残して3位以上が確定した。

試合後コメント

「ここの所は苦しい戦いが続いていたけど最終盤で勝てて何より。」
(今日の打線について)
「1-4番には1本しか当たりが出なかった。けれどその1本が一番必要な場面で出てくれた。さすがだね。」
(菫子が完投勝利)
「最初こそ不安定だったけど投げるにつれて立ち直ってくれた。ナイスピッチングでした。」
「次で最後だね。長かった。ラスト勝って2位フィニッシュ、勝ち越しで終えたいね。」

斑鳩、逆転勝ちでV決める 


image

30日夜、幻想郷Bリーグ35節が開催された。神宮球場で開催された薬局対斑鳩は斑鳩が7-5で勝利した。この結果残り1試合を残して斑鳩の優勝が決まった。


試合内容:4回を終えて0-4と苦しい展開だったがその直後5回表に安打を重ね4点ビハインドを追いつく。8回裏に咲夜のタイムリー1点勝ち越されるものの9回に代打・諏訪子の代打本塁打で再び同点にして延長戦へ。11回にランナー1人置いて明羅が決勝点となる勝ち越し2ランを放つ。最後早苗が1死1・2塁のピンチを作ったが0に抑え試合終了。他会場で行われていた博麗対妖怪で2位妖怪が敗れたため既に優勝は決まっていたが自ら勝利し優勝に花を添えた。


幻想郷Bリーグ第35節 八意薬局ウィングス5-7斑鳩ミラクルスターズ(延長11回) 明治神宮球場 18:00
斑|000 040 001 02|7
薬|000 400 010 00|5
勝:早苗
敗:朱鷺子


日本ハム日本一から1日。今日Bリーグも王者が決定するかもしれない。対戦カードは以下の通りだ。(左がホーム、カッコ内が予告先発)


博麗(菫子)VS妖怪(朝倉) @横浜
斑鳩(パルスィ)VS薬局(赤蛮奇) @神宮 


・試合開始時刻は2試合共に22時

34節終了時点での順位
(左より、勝ち-負け-引き分け-勝率-ゲーム差)

斑鳩 19-15-0 .559 M1
妖怪 16-16-2 .500 2.0 
博麗 15-16-3 .484 2.5
薬局 15-18-1 .455 3.5


前戦負けてついに優勝の可能性が潰えた博麗。現在斑鳩がM1で優勝目前だ。今日対戦する妖怪は逆転Vを遂げるには全勝かつ斑鳩の全敗が求められる。そしてこの試合の勝者はリーグの3位以上が決まるだけに非常に大事な試合になる。プレーボールは22時だ。


前回対戦時のオーダー

z334g32order

↑このページのトップヘ