納税は国民の義務です

東方BIG野球のプレー記録、その他諸々な感じです。

カテゴリ: 10連敗の記憶

前回の記事で、めでたく連敗もストップしたので今回はおまけとしてデータを。

10連敗中の試合スコア
1 4‐10 対WBC
2 3‐3 対天地人 引き分け(7回途中雨天中止)
3 1‐3 対WBC 
4 3‐5 対天地人 
5 2‐4 対SEOUL
6 1‐7 対天地人
7 1‐4 対WBC
8 0‐8 対SEOUL
9 0‐2 対天地人
10 3‐4 対WBC
11 4‐11 対天地人

・先制した試合 2
・1点差ゲーム 1
・大差(5点差以上) 4
・大量得点(5点~) 0
・大量失点(5点~) 5
・被完封 2
・2桁安打 2
・総得点 22
・総失点 61
・打率 .219
・防御率 5.95
・QS率 40%
・HQS率 10%
・チーム最多登板 エレン4登板(防御率1.80)
・先発防御率トップ サリエル2.70(13.1回4失点)
・首位打者(25打席以上) 妹紅.325
・HR王 フラン4本
・打点王 フラン8打点

こうしてみると負けるべくして負けたことが頷ける。1試合で2点取れるか取れないかの打線に対して投手陣は6点近く取られている。どんなに点を取っても4点だしその4点取った試合は共に2桁失点で惨敗している。それこそ、「打てないし、打たれる」はこのことだと言っても過言ではない。打線はどの選手も1割から2割代前半で振るわないが1人気を吐いていたのが妹紅だ。(.325)ちなみにHRと打点で2冠王のフランは打率.220と確実性には欠ける結果となった。投手陣も投手陣でサリエル以外の先発は皆4点台以上。リリーフもエレンが4試合で1.80なのを除くと皆1回は打ち込まれ、投打共に総崩れであったことがうかがえる。

とにかく、こうして10連敗(正確には引き分け1試合で11試合)とその前後の勝利を取り上げた。今後もこの時の経験を活かしこういったことが起こらないようにしたいものだ(現に今4連敗中であったりする…)。
ここに、このシリーズの完結を宣言したい。

―10連敗の記憶 完ー

このシリーズはかなりかなりご無沙汰していました。かれこれ前これ書いたのは約2ヶ月前! 待っている人がいたかはさておきここまでお待たせしてすいませんでした。それでは。(前回記事はコチラ)

4.20 公式戦20試合目
昨日の大敗でついに連敗は10の大台に。ちなみにこの連敗はIRC内ワースト記録である。一体全体どうやって今までの試合を勝ったのか?そしてもう勝ち方というものを忘れてもおかしくないチーム状態であったがここで編成にいくつかの変更があった。編成上の都合で2軍落ちしていた小町が1軍に復帰。それと打撃不振であった神奈子の変わりに輝夜が1軍昇格をした。そしてこの2人がこの試合で重要なファクターとなったのであった・・・
こちらの先発は霊夢で相手は屠自古。両軍の投手による投げあいで試合は0行進であったが5回裏、無死1・3塁として打者は今日昇格の輝夜が先制のタイムリーを放つ。続く6回にはこちらも今日再登録の小町がタイムリーで2-0とリードを広げる。ただ昨日の試合も先制こそしたがそこから逆転で負けたためどうなるかが不安であったが先発・霊夢がこの大一番で会心のマウンド。9回を0に抑え完封勝利でゲームセット。これで1引き分けを挟んでの10連敗、かれこれ4月6日から19日まで約2週間勝利無しと長い長いトンネルはここに幕を閉じたのであった・・・

4.20 公式戦20試合目 福岡 ヤフオク!ドーム 18:00 レイブン・レッドスターズ2-0妖星サテライツ

このシリーズもやっとこさ10敗目に この後ももう少しだけ続くのじゃ

4.19 公式戦19試合目 
キスメを使おうが連敗は止まらず当時のIRC内の記録にリーチがかかり迎えたこの試合。先発はこの連敗の起点となってしまったメディスン。己の手でその連敗を食い止められるかに注目が集まった。初回に依姫に先制HRを許すがそこからは0に抑える投球。打線も4回にフランの同点HR、5回に文の逆転タイムリーで2-1と勝ち越し久々の勝利に突き進むが6回に急展開。連打とダブルスチールで無死2・3塁のピンチ招くとここで投手をメリーに交代。しかしこのメリーが大炎上。布都と依姫にHRを打たれるなどこの回2人で10失点。これにはさすがに万策尽きてしまった。ぬえが2ランを打つも焼け石に水。4-11の大敗で10連敗の大台に到達してしまった。一体次いつ勝てるのか?チームは暗いムードに包まれていた…

4.19 公式戦19試合目 京セラドーム大阪 18:00 badferd4-11sianさん

ものすごく久々な気がするこのシリーズ。前の記事投稿が2015-09-17 19:52:10なので約1ヶ月ぶりの投稿(汗)  それでは行ってみましょう。 (http://badferd-bigbaseball-etc.doorblog.jp/archives/43211174.html 一応?前回記事のリンクを貼っておきます)

4.18 公式戦18試合目
この試合ではスタメンに変化がいくつかあった。まず1番に抜擢した星が3試合で14打数2安打と結果を残せなかったためこの試合は1番椛にした。犬走くじを引こうとの狙いである。そして9番捕手にキスメを起用。キスメはこの試合が公式戦初出場である。開幕から第3捕手としてベンチ入りしていたが一向に出番のなかったキスメをこの苦しいチーム状態の中抜擢。起爆剤となってほしいものである。試合開始である。先発は開幕投手の魔理沙。しかし初回から失点すると3回にも失点し0-2とリードを許す。そしてむかえた4回、この日スタメン抜擢のキスメが同点2ランHRを放つ!ベンチの期待以上の大仕事をしてくれた。この後、この勝負強い打撃でレギュラー捕手の座を手にするのだがそれはこの日から約1ヶ月後の話である。5回にはフランにタイムリーが出て勝ち越したが、その直後に代打の芳香に同点タイムリーを打たれると7回には無死2塁から夢美に前進した外野の頭を越されるタイムリー3ベースを打たれ勝ち越されそのまま試合終了。連敗は9まで伸びてしまった。次の試合の先発はこの連敗の起点となってしまったメディスン。自らの手で連敗を止めてほしいところだが…

4.18 公式戦18試合目 サーティーフォー相模原球場 18:00 badferd3‐4moriさん

特に前置きもなしに

4.17 公式戦17試合目
昨日は1番・星に代えて無得点だったがこの日も1番星で挑む。こちらの先発はサリエルで何とかして連敗を止めたい一戦だ。試合は両軍0行進で回を重ねる。そして試合は8回表に動く。ここまで相手の強力打線を0に抑え続けていたサリエルだが1死満塁のピンチを作ると相手は代打に諏訪子を起用。ここで決勝点となるセンターへのタイムリーを打たれてしまう。ここでサリエルを降板させ味方の援護を待つことにしたが結局最後までそれはなくしかもリリーフで出た小鈴も打たれ結局0-2の負けで試合終了。連敗は8になった。
この日の打線は6安打と上手くいけば援護もあっただろうに惜しい敗戦となってしまった。
こうして8連敗。もはややけっぱちである。しかし次の試合の先発は開幕戦で勝利した魔理沙。連敗を止めたいものだ。

4.17 公式戦17試合目 ほっともっとフィールド神戸 18:00 badferd0‐2sianさん

↑このページのトップヘ