納税は国民の義務です

東方BIG野球のプレー記録、その他諸々な感じです。

カテゴリ:東方BIG野球 > 試合

2回に熱い責任追及を見せつけ大勝

浜宮オイスターズ 14-2 地底界スパイダーズ 18:15 幻想郷スタジアム
オ| 1130 000 000 | 14
地| 000 110 000 | 2
勝:赤蛮奇 5勝4敗 
敗:サグメ
継投 W赤蛮奇5.0-一輪1.0-こころ2.0-エリー1.0

スタメン
8レミリア
7八雲藍
2純狐
5星
3雷鼓
4椛
6石川
D芳香
9妖夢
P赤蛮奇

・トピックス
ラインナップ自体は前戦と同じ(7-9番の打順を弄った)

さて連勝の中迎えた今日の1戦。本来はさとりが先発の予定だったが例によって雨で流れ赤蛮奇が先発と相成った。
試合は初回、藍のヒットの間に地底のお燐に送球ミスが出て2塁へ進塁すると寅丸の3試合連続となるタイムリーで先制する。
続く2回、先頭の石川がカナックのエラーで出塁するとここから打つわ打つわのお祭り騒ぎ。4連打の後6連打、その間に特例ちゃんの後逸もあるわで責任を過度に追及しこの回だけで先発全員安打一挙13得点の猛攻で試合を決定づける。
地底のサグメは2回で、赤蛮奇も5回2失点で降板してから試合は一気にクールダウンしそのまま試合終了。本家広島も驚愕の責任追及ぶりで3連勝を決めた。

今日の寅丸さん
中安1 右安1 右三2 二ゴ 遊ゴ .260 24本 85点
寅丸さんへのひとこと「3試合連続タイムリーで3連勝。残る10数試合このまま行ってくれれば。」

試合後コメント
「お疲れ様でした。とにかく凄かったねぇ、こりゃあ。」
(2回に大量点を取りましたが)
「シーズン1年、140以上試合をするわけで、それだけ試合をすれば幾つかはそうそう滅多に無い事って起こるわな。相手のミスを突いてそこで試合を決められたのは良い攻撃だった。」
「打ち合いの試合に投手で試合を作った試合、そしてワンサイドゲーム。色々な勝ち方で3連勝出来た。残りもついに15を切ったけど、1個でも多くの試合を色々な形で勝っていきたいね。」

雷鼓、2試合連続弾で連勝

浜宮オイスターズ 4-2 茨城ミラクルズ 13:00 西武ドーム
茨| 200 000 000 | 2 
オ| 011 020 00x | 4
勝:サグメ 6勝8敗 
敗:天子
S:サリエル 1勝5敗13S
継投 Wサグメ8.0-Sサリエル1.0

スタメン
8レミリア
7八雲藍
2純狐
5星
3雷鼓
4椛
9妖夢
D芳香
6石川
Pサグメ

・トピックス
7番までは前戦と同じオーダー。

新戦力の台頭で前戦を勝利したオイスターズ。今日も勝利と行きたかったがサグメは初回からてゐに2ランを被弾してしまう。
しかし2回裏、雷鼓の2試合連続となるソロHRで反撃を始めると寅丸の2打点などで5回が終われば勝ち越しとなった。
サグメは初回にいきなり2失点もその後は立ち直り8回2失点の好投。最後はサリエルが2奪三振〆でゲームセット。雷鼓の一発もありめでたく連勝となった。

今日の寅丸さん
左飛 右二1 四球1 二ゴ .257 24本 81点
寅丸さんへのひとこと「同点打に勝ち越しの四球。頼むからこのまま素晴らしい寅丸でいてくれ」

試合後コメント
「お疲れ様でした。よく抑えて、投手でゲームを作れてスムーズに試合を運べたと思います。。」
(雷鼓が2試合連発)
「こうしてシーズン最終盤に来て、いきなり結果が出せている。それが彼女の実力、凄さだと思います。」
(サグメが好投)
「8回まで、スイスイっと行けたね。おかげで大分楽に試合を作れましたわ。」
「投手主導で今日は試合を作れた。打って打って打つ、以外の勝ち方が出来た。勝ち方の幅がつくのは良いね。ありがとうございました。」

新戦力の台頭で針妙丸が10勝目!

浜宮オイスターズ 10-7 霧島ハルバーズ 18:00 MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島
霧| 000 400 300 | 7
浜| 010 062 01x | 10
勝:針妙丸 10勝5敗 
敗:理香子
S:サリエル 1勝5敗12S
継投 W針妙丸6.2-H舞0.1-Hメリー1.0-Sサリエル1.0

スタメン
8レミリア
7八雲藍
2純狐
5星
3雷鼓
4椛
9妖夢
6石川
1針妙丸

・トピックス
雷鼓・舞が1軍登録。

コスト改定後の初戦。雷鼓に舞を補強し残る試合に挑む。
試合は2回に石川のタイムリーで先制。4回に一度逆転されるも5回裏、石川の安打で先陣を切るとレミリアのタイムリーから4連打で再逆転すると打者1巡6得点の猛攻を見せる。
このまま優位に終わりたかったが7回、エラーで走者を許すと霧島のヘカーティアに3ランを緩し2点差に。さらに後続にも安打を許した所で舞にスイッチ。1人で反撃を抑えると9回にはこちらも新戦力の雷鼓が初戦から一発をかっ飛ばしトドメを刺すと最後はサリエルが3者凡退で試合終了。新戦力の躍動もあり針妙丸が念願の2桁10勝目をマーク。一方打線も純狐が100打点を達成した。

今日の寅丸さん
内飛 二ゴ 左二1 左二1 内飛 .256 24本 79点
寅丸さんへのひとこと「久々の安打だったがまさか23打席ぶりの安打だったとは・・・ 今日の調子で最後まで行ってくれれば。」

試合後コメント
「お疲れ様でした。打って抑えた。いい試合だったね。」
(雷鼓や舞を昇格させた意図とは)
「一塁やリリーフでいい選手がいればって所だったので、初日から活躍してくれるとは幸先いいね。」
(7回途中から舞を初登板)
「エラーから失点ってなって、ちょっと針妙丸は疲れてきたかなって所で、ここで間違うと持って行かれるシーンだった。いきなりターニングポイントになりかねない場面だったが上手く投げてくれた。」
(針妙丸が10勝目)
「失点の仕方こそ不運だったが内容は良いものだった。好投が打線の援護に繋がっているのかな。」
「新戦力がいきなりいい仕事をしてくれて、元々の面々でも節目の記録を立てた試合だった。いい事ってのは重ねて起こるものなのかな。ナイスゲームでした。」

エラーでみすみす勝ちを落とす

浜宮オイスターズ 1-2 茨城ミラクルズ 14:00
浜| 000 010 000 | 1 
茨| 000 000 20x | 2
勝:リリカ 
敗:永琳 4勝1敗
S:サニー
継投 L永琳7.0-一輪1.0

スタメン
7八雲藍
2純狐
4椛
5星
3鈴瑚
D天子
9妖夢
8はたて
6石川
P永琳

・トピックス
天子がDHでスタメン。屋外デーゲームのためレミリアはベンチに。

先日延長12回引き分けの翌日にコンディションの問題で登板を1回回避した永琳。リリーフ陣の疲労が不安視される中やって来たのは雨。この雨で丸一日日程が空き投手陣の体力面は万全の状態で試合に臨める事になった。
先発永琳は3回まで四球1つ、無安打に抑える好投を見せる。4回に初安打を許した以降は走者こそ出すものの何とか抑える投球を見せた。
打線は5回、石川のタイムリーで先制点を取り優位に進めてきた7回裏。永琳が疲れを見せ2死満塁とするとてゐの打球を二塁椛がエラー。さらに後続に逆転打を許してしまう。結局この失点を返せずゲームセット。永琳は自責点0ながら初の黒星となってしまった。 

今日の寅丸さん
右飛 三振 内飛 三ゴ .255 24本 77点
寅丸さんへのひとこと「11日に24号を打ってからずーっとノーヒット。そうですか。」

試合後コメント
「お疲れ様でした。細かい所、ディティール面で甘さがあった。」
(永琳が1敗目)
「7回、結構球威も落ちていたし代えてやれればまた違う結果になっていたかもしれない。こういう形で負けがついて残念だけど、1つ負けがついたからって今までの貢献がパーになるわけではないし、残り少ない出番かもしれないけどまたいい投球を見せてほしい。」
(失策は痛かったのでは?)
「そらスコア的にはね。でも今日は結局1点しか取れなかった。そこもアレやったね。」
「細かい所の差で負けがついた。微差は大差とも言うしそこ、細かい所で極めきれなかったのがそれこそ今までの負けに繋がっているね。残り試合、来季以降の課題だね。」

土壇場9回に同点弾で引き分け

浜宮オイスターズ 3-3 フラワー・ユニオン 18:00 横浜スタジアム
浜| 000 000 201 000 | 3 
フ| 002 010 000 000 | 3
継投 赤蛮奇6.0-一輪1.0-エリー2.0-Hメリー1.0-Hこころ0.2-Hエリー0.1-サリエル1.0

スタメン
8レミリア
7八雲藍
2純狐
5星
4椛
9はたて
3鈴瑚
D芳香
6石川
P赤蛮奇

・トピックス
芳香が1週間ぶりのスタメン。

先日は投手陣大炎上で2桁失点の末負けとなったオイスターズ。今日の先発赤蛮奇はワンチャンスを活かされ終わってみれば6回3失点だったが上々な内容の投球を見せた。
一方打線は相手先発針妙丸を打ちあぐね試合は終盤に。7回、レミリアと純狐のタイムリーで1点差に迫ると9回、1死としてレミリアがチームトップとなる34号ソロを放ってついに追いつく。
その後は両軍点が入らず12回を終えゲームセット。今年4回目のドロー決着となった。

今日の寅丸さん
二ゴ 内飛 二ゴ 中飛 三ゴ 内飛 .257 24本 77点
寅丸さんへのひとこと「他の1-5番の打者が皆マルチ以上の中1人無安打。どこかで1本出てれば・・・」

試合後コメント
「お疲れ様でした。長い時間、緊張感のある試合でした。長い時間の中集中力を保って守れていたと思う。」
(赤蛮奇の投球について)
「6回3失点と結果だけ見ると凡庸かも知れないけど非常にいい内容の投球だった。相手もチャンスとあらば攻め立て3点。上手い攻めだったね。」
(9連戦もあと3試合)
「休みがなく皆キツいかと思う。負けが込んでいるし、ラスト3つは勝ち越したい。。」
「12回、タフな試合だった。本当にお疲れ様でした。」

↑このページのトップヘ