納税は国民の義務です

東方BIG野球のプレー記録、その他諸々な感じです。

カテゴリ:東方BIG野球 > 試合

ムラサに3安打完封負け

浜宮オイスターズ 0-1 亀有アイアンカップス 18:00 MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島
亀| 001 000 000 | 1 
浜| 000 000 000 | 0
勝:サグメ 2勝4敗 
敗:ムラサ
継投:Lサグメ8.0-こころ1.0

スタメン
4石川
8文
Dお空
2純狐
7フラン
9妖夢
6夢子
3オレンジ
5美鈴
Pサグメ

・トピックス
昨日に続いて1番石川。オレンジがスタメンに。

昨日に引き続き相手の先発はムラサが出てきたオイスターズ。昨日の試合も大勝こそしたものの打ったのはリリーフだけに今日こそはムラサ攻略の期待がかかったものの快音は出ない。
先発のサグメは3回に1点を取られたもののその後はゼロに抑え反撃を待つもののムラサ相手に反撃は出ずに試合終了。結局3安打完封負けとなった。

試合後コメント
「お疲れ様でした。良い投球をされてはいたし、ワンチャンスを活かせなかった。」
(サグメは8回1失点)
「良いピッチングだったしせめて負けは消してやりたかったんだけどね……。」
「とにかく、次こそムラサを攻略したい。対策を練っていきます。」

終盤の猛攻で逆転勝利

浜宮オイスターズ 11-2 天神マキノウドーンズ 18:00 西武ドーム
天| 000 001 001 | 2 
浜| 000 000 56x | 11
勝:豊姫 1勝1敗 
敗:カナ
継投:W豊姫7.0-パチェ1.0-ルナサ1.0

スタメン
4石川
8文
Dお空
3純狐
7フラン
5美鈴
9妖夢
6夢子
2レイセン
P豊姫

・トピックス
石川の1番打者は今季初

クリーンアップ2人が負傷欠場中のオイスターズ。その影響か今日は1番打者に石川を抜擢することになった。
試合は豊姫-ムラサの両先発が抑えゼロ行進で中盤まで進む。6回に幻月のタイムリーで天神が1点を先制するとその裏のピンチは継投で凌いで試合は7回に。
7回裏、3番手のカナから1死2塁のチャンスを作ると夢子のタイムリーでまず同点に。その後1死1・2塁として左打者が続く打順で天神は投手を左腕のユキに交代。この逆転のチャンスを今日1番起用の石川が応えライトへのヒットで逆転するとその後打線が繋がり一挙5点で逆転に成功する。
9回にも大量点を取り終わってみれば二桁11得点を取り大勝となった。

試合後コメント
「お疲れ様でした。相手が弱っているところに上手く畳み掛けることができました。」
(石川を1番起用)
「今(妹紅・雷鼓の)2人いないからね。いつもとは違った形のオーダーを組むときもある。」
(豊姫が初勝利)
「ここまでいい投球はしていたけど勝ちに結びついてなかった。今日もいい投球だったしそれが結果に出て良かった。」
「やっと豊姫にも勝ちがついたね。ここからはたくさん勝ってくれると思います。ありがとうございました。」

拙攻も響き敗戦

浜宮オイスターズ 2-5 妖精帝國アースガルズ 18:00 広島市民球場
球| 000 000 110 | 2
団| 200 120 00x | 5
勝:サニー
敗:永琳 4勝2敗
S:天子
継投:L永琳7.0-さとり1.0

スタメン
8文
4石川
3雷鼓
2純狐
7フラン
5美鈴
9妖夢
6夢子
1永琳

・トピックス
石川が2番に入る。美鈴は今季初スタメン

今日から6月に入るオイスターズ。先発永琳が初回から2失点を喫する苦しいスタートとなってしまった。
打線は相手先発魔理沙を前に2回3回と先頭打者を出塁させるも併殺やバント失敗でチャンスをつぶしてしまう。
4回、雷鼓の打席で魔理沙は頭部死球により危険球退場となったもののその後も妖精の小刻みな継投の前にソロHR2本に抑えられ試合終了。6月初戦は黒星となってしまった。

試合後コメント
「お疲れ様でした。まぁ、こんな日もあるわな。」
(雷鼓が頭部死球で退場)
「明日以降の出場は様子を見て判断します。(離脱者)は重なるときは重なるよね。そこをしのぎたい。」
(フランに第1号)
「ついに!って感じだね。1本出たらバンバン出るんじゃないかな?」
「今日は色々上手くいかなかった。まぁ1年長いし、そんな日もあるわな。明日に切り替えて行きます。」

赤蛮奇、8回1失点の好投で勝利

浜宮オイスターズ 6-1 筑波ツインアルプス 18:00 福岡PayPayドーム
筑| 000 000 010 | 1 
浜| 110 100 03x | 6
勝:赤蛮奇 4勝
敗:サニー
継投:W赤蛮奇8.0-さとり1.0

スタメン
8文
7フラン
3雷鼓
2純狐
Dお空
9妖夢
4石川
5雛
6夢子
P赤蛮奇

・トピックス
負傷した妹紅の代役はとりあえず雛に。あと球場名はどうにかならんのか?()

5月最後の試合となったオイスターズ。筑波先発・サニーを攻め立て2回で2点を先取するものの後1本が出ず畳み掛けることができない。
しかし今日は先発・赤蛮奇の変化球が冴えに冴え7回終わって無失点ピッチ。8回に1点を許したものの、8回を投げ4安打1失点の好投を見せた。
打線も遅ればせながら8回に猛攻を見せ3点を奪取。クローザー・サリエルを休ませる効果的な追加点となった。
9回表はさとりが0点に抑え試合終了。5月を終えて貯金9と上々のスタートダッシュを切れた。

試合後コメント
「お疲れ様でした。とにかく赤蛮奇が良いピッチングを見せてくれた。」
(妹紅に代わって2人昇格)
「とにかく(妹紅を)下げて10日間。この間は色々と試してしのぎたいね。ここで試した結果がシーズン後半戦に生きてくることも期待したいね。」
(5月を終えて貯金9ですが)
「今月は勝ち越し2つ。タフな試合も多かったけどとにかく僅差の試合を拾えたことが効いたね。」
「明日から6月。これからも貯金を重ねて行きたいですね。ありがとうございました。」

初回の得点を守りきり勝利!

浜宮オイスターズ 2-1 筑波ツインアルプス 18:00 楽天生命パーク宮城
浜| 200 000 000 | 2
筑| 100 000 000 | 1
勝:マイ 1勝2敗 
敗:菫子
S:サリエル 1勝1敗19S
継投:Wマイ5.1-Hルナサ0.2-Hパチェ1.0-H里乃1.0-Sサリエル1.0

スタメン
8文
7フラン
3雷鼓
2純狐
5妹紅
Dお空
9妖夢
4石川
6夢子
Pマイ

・トピックス
マイ、初勝利なるか!?

新コスト体制になってから初の試合となるオイスターズ。
初回に菫子の立ち上がりを積極的な走塁も絡めて叩き2点を先制する。一方の筑波もオイスターズ先発マイの不安定な立ち上がりを叩いて初回に1点を返す。
その後は両軍の投手が踏ん張り2-1のままゲームセット。マイが6回途中を1失点に抑える好投で今シーズン初勝利を果たした。
なおここまで32打席連続ノーヒットと不振に悩む夢子だったが第4打席にてライト前ヒットを放ち記録を35打席でストップさせた。(なお3打席無安打ででひとりパーフェクトは達成した模様)

試合後コメント
「お疲れ様でした。1点を競うタフな試合だったけど競り勝てたね。」
(マイが初勝利)
「最初2試合中々良い投球をしてたが勝ちに結びつかなかった。でも今回勝てたね。この勝利が(マイにとって)良い流れになってくれれば。」
(夢子に久々のヒット)
「やっと出たって感じだね。1本出たら気が楽になって打ちだしてくれるんじゃないかな?」
「久々の試合だったけど勝ててよかった。ありがとうございました。」

↑このページのトップヘ