納税は国民の義務です

東方BIG野球のプレー記録、その他諸々な感じです。

カテゴリ: チラシの裏

さて、只今日本球界はJ1J2交流戦が今年も毎年のように行われています。
セパとは銘打っているものの実質J1対J2なので結果は火を見るより明らかであります。J1とJ2が戦っているのならなぜいくつかのJ2チームは上位進出してるのか疑問にもなりますが、Jリーグでも昇格組がJ1でも即降格とならず健闘する例は多々あるのでまぁそんなもんです。
しかし上位カテゴリーと下位カテゴリーを戦わせるとなると上位サイドは中々にキツいものがありますね。なんてったって勝って当然、負けたらアウトなんですから。
一方下位サイドからすりゃ結構気楽です。だって上位カテさんサイドと逆やもん。みんなで負ければ怖くない、自分が勝てば一人勝ちとなるのですから。まぁ罰ゲームだと思いせめて負傷者が出で今後に悪影響をもたらす事が無いことを祈るばかりであります。
そう言えば横浜はウィーランドが負傷の疑いで2軍落ちとなりましたが、この時期なのが不幸中の幸いです。負け投手がウィーランドから有象無象の谷間投手に変わるだけですから。とにかく大事にならない事を祈るばかりです。
J1J2で戦わせるのでやれJ1で苦戦している千葉や大阪が相手で負けてもカテゴリーが違うんで仕方ないと予防線を張っておきます。
例えるなら現在J1最下位の大宮アルディージャ(現在2勝10敗1分)にJ2中位ないし下位チームが勝てるか?って話です。まぁ1回ならまぐれで勝てるかもしれない?それに例え相手がGP2エンジンでも自分たちが遊園地のゴーカートで勝てるかーっ?て話でもあります()

さーて、ええ加減な事を言いまくったのでそういうお前の考えがアカンねんだのその言い方はあんまりだのお前が気に入らんだの色々反感を買いそうですが言いたい放題でこの記事を〆ます。ほなまた。

昨日の記事のおまけです。
外国人だろうが何だろうが金さえ出せば強奪できると書きましたが外国人の検証対象がロマックということでそらロマックなら誰でも出すわという可能性があったためまともな外国人で調べました。
image

image

ロペスと広島のジョンソンを要求。これが成立したら正真正銘金で選手は取り放題になるが…

image

image


・・・
獲れました。


ジョンソンとロペスが獲れるということはガチのマジで選手は取り放題ということが分かりました。
みなさん乱獲には気をつけましょう。それでは。

まずはこの動画を見ていただきたい。

なお20分程あるが最初の5-10分位を見れば内容は分かるし見るのが面倒なら以下にやりたい事を記す。
・「パワプロ2012決定版では年俸の1.5-2倍の金銭を出せば大抵の選手は金銭トレードで来る。」これが最新作2016でも通用するのかの検証記事だ。大方調べてる人いるだろうけど。
では早速行ってみよう。今回はトレードに備え人数を減らした楽天で検証する。
image

まずはパ・リーグ新人王高梨を1500万で要求。
image

image

貰えました。新人王ゲット。これで2012決定版から仕様は変わってないことが分かった。さらに調子にのり広島の鈴木誠也を3500万で、DeNA筒香を2億で要求してみる。
image

image

image

image


楽天「高梨鈴木誠也筒香くーださい!」
ハム広島De「あーげるwwwwwwwwwwww」
と、いうわけでこのゲームだと2億あれば筒香が買える事が分かりました。そいつはすげえや!

閑話休題。上記動画を見た方なら分かるかもしれませんが2012決定版ではいくら金を積んでも、
・外国人
・ベテラン
・新人

の3つにあたる選手はトレードが出来ませんでしたが今回はどうなのか調べてみました。

・外国人
image

image

楽「ロマックくーださい!」(1.5億)
De「あーげるwwwwwwwwwwwwwww」

・ベテラン
image

image

楽「番長くーださい!」(2.5億)
De「あーげるwwwwwwwwwwwwwww」

・新人
image

image

楽「高山くーださい!」(3000万)
虎「あーげるwwwwwwwwwwwwwww」


・・・・・・
全部取れちまったよ!


何ということでしょう。パワプロ2012決定版ではいくら金を積んでも取れなかった選手が2016では獲得できました。(そらロマックに1.5億出すからよこせと言われたら誰でも渡すわな)
もうパワプロ世界では金さえあれば7月までなら選手取り放題となってしまいました。ちゃんと獲得選手を考えれば上記動画のように2年でどんなチームも優勝させることが出来るでしょう。しかしなんで数年前出来たことができなくなっとんねんお前
この手を使えばお好きな選手が取り放題ですがガチでゲームバランスが壊れるなどチーム運営が楽しめなくなるおそれがありますので縛りなど考慮したほうが良いかと思います。それでは。

※いつもの事かもしれませんが今回の記事は東方もBIG野球も関係ないです。

非常に個人的な話題ですがパワプロ2016のオーペナで自分の操作しているオリックスが優勝したのでパワプロ2016最新版においてのオリックスにいる選手について書いてみたいなと思います。

・投手

知名度的に2枚看板の金子・西は赤特能があまり活躍は期待できない。西はともかく金子が特に。それに東明も。一方松葉は対左こそEだが赤特能はないので留学をさせれば大きく能力アップし先発の柱に据えられるだろう。
リリーフ陣は海田・吉田一・塚原・平野が期待できる。私は1年で平野を放出してしまったが。特に塚原と吉田一は塚原が四球・吉田一が対左Fを持っているが2人とも全ての投手適正を持っているため幅広い活躍が期待できる。スタミナを上げ先発起用してもいいだろう。特に吉田一は勝ち運持ちなので先発の方がいいかもしれない。2人の年齢は塚原が23歳で吉田一が26歳だ。26歳だが吉田一は晩成型なので長い期間チームの役に立ってくれるだろう。
2軍投手ではルーキーの吉田凌に注目したい。まだ18歳かつ成長期でないのでじっくりと育成できる。若い間に有力な特殊能力を仕込んで留学をさせればエース候補の誕生だ。

・捕手

オリックスには若月がいる。彼は20歳の若さながら捕手C。かつまだ成長期ではないので1年目で古田か堀口を守備コーチにして捕手Bにさせれば向こう10年は正捕手に困らないだろう。残りは精々バックアップ要員だろう。

・内野手

中島は能力はさておき広角打法をコーチできるので出来るだけ長く現役でいさせよう。(コーチにさせるとアベヒパワヒが指導できる能力になる)
ショートには名手・安達がいる。現実では難病との闘いがあるがゲームなので気にせずフル出場が出来る。打はともかく守備での貢献が大きい。能力や年齢を考えると5-6年くらいは持つのでその間に後継者を見つけよう。
二塁は西野。まぁドラフトやFAで有力選手を獲れたらそちらにシフトすればいいかと。
一・三塁はT岡田を一塁に回すか補強してください。
2軍で面白そうなのは正直・・・。思い入れがある選手を留学させるかドラフト助っ人などで補強した方がいいかと。既存の若手よりドラフトで出る架空新人の方が大体強いので。

・外野手

T岡田・吉田正・糸井と駒が揃っている。(Tは一塁かもしれないが)まず糸井は絶賛衰え中だが1-2年は主力で行ける。というか他が育ってないので行かざるをえない。期待のスラッガー吉田正はルーキーながら4DBCDED初球お祭り男とかなりの高評価。能力アップというよりは中島の広角打法など様々な特殊能力を仕込んだ方が好成績を残すだろう。
T岡田も能力アップよりかは特殊能力を仕込んだ方が活躍できるだろう。大体5-6年程は今の能力のまま行ける。
やれ駿太小田など身体能力型の選手が多くいる。若さを考えると駿太が最も戦力として使えるだろう。初期の打力こそ悲惨だが一転守備走塁はもう上げる必要がなく打力向上に専念できる。現在23歳。ピーク時にはそこそこの打者になれているかもしれない。
川端が31歳ながら晩成型。ずっとミート練習だけさせてたらF(37)からBまで上がってました。

戦略と言うほどではないが年度ごとの狙いとして、まず最初の2-3年は捨てる。ぶっちゃパはハムが半端なく強い。それこそ90勝とかしかねないレベルで初期は強い。かつオリックスの戦力はお察しなのでまぁ太刀打ちは出来ない。はじめの数年間の間に松葉や吉田一に吉田正など主力クラスを留学させ大幅な能力アップを狙うべきだろう。控えクラスならともかく主力クラスを留学に送ると戦力ダウンは免れない。なので序盤のそもそも勝ち目のない年に送りこんでしまおう。年齢などの制限もあるし。
野手の補強ポイントとしては三塁>一塁(T岡田を一塁起用するなら外野)>二塁の選手。FAやドラフトに助っ人ではこのポジションを重点的に補強したい。ただFA選手は大抵衰えが始まっているので一線級で使える年月は短い。あくまで短期的補強である。
いい投手は何人いても問題ないので良さそうなのがいたらガンガン獲ろう。

こんな所がオーペナでのオリックスに関する私見である。オリックスは初期戦力こそ乏しいが目ぼしい若手がチラホラいるため中期的な難易度はそれほど高くない。若手を鍛えれば数年後には強豪チームになっているだろう。
私は5年目で2位からCS突破→日本一、6年目でリーグ優勝となった。この記事がプレーの参考になり、先述した年数より早く優勝を達成できたら幸いである。それでは。

isikawa_0
皆様、改めまして新年明けましておめでとうございます。今回は野球に関するクイズを出します。果たして全問正解できるかな!?ぶっちゃけ松井雅人や谷繁のパクリです

Q1 横浜DeNAベイスターズにて2012年から14年までキャプテンを務めた選手は
A:石川雄洋
Q2 2010年にセリーグ盗塁数2位になった選手は
A:石川雄洋
Q3 2015年シーズン、1番打者として初回に出塁するとチームは必ず勝つ不敗神話を一時期作った選手は
A:石川雄洋
Q4 2016年8月13日広島戦で通算1000試合出場を達成したのは
A:石川雄洋
Q5 2013年シーズンの8月、球団新記録となる8試合連続マルチ安打を達成した選手は
A:石川雄洋
Q6 ロッテ涌井と同級生で同じ年にドラフト指名されプロ入りした選手は
A:石川雄洋
Q7 2016年限りで三浦大輔氏が引退した結果ベイスターズで最古参の選手となったのは
A:石川雄洋
Q8 2015年3月28日巨人戦にて通算100盗塁を達成した選手は
A:石川雄洋
Q9 2010年にショートでセリーグトップの守備率.990を出した選手は
A:石川雄洋
次で最後の問題です。
Q10 横浜DeNAベイスターズで現在背番号7の選手といえば!?
A:石川雄洋

全部で10問です。お付き合いいただきありがとうございました。
img_photo_140407_01

↑このページのトップヘ