納税は国民の義務です

東方BIG野球のプレー記録、その他諸々な感じです。

カテゴリ: BIG野球

さて今回は90年大洋対16年DeNAの第3戦である。
第2戦は2-0でDeNAが勝利し対戦成績を1勝1敗のタイに戻した。
では早速第3戦のハイライトをしたい。

3連戦もついに第3ラウンド。DeNAは左腕の今永が、大洋は広島のアレンに追いかけ回された大門が先発となった。
DeNAは初回に筒香のタイムリーで幸先よく先制。しかし大洋も2回に進藤の内野ゴロの間の1点で追いつく。
その後は今永・大門の投げ合いが続き同点で試合が進む。
試合が動いたのは7回表。1死1・3塁として高木豊の犠牲フライで勝ち越し点をあげる。
勝ち越されたDeNAは8回、1死2・3塁のチャンスも痛恨の無得点。このビックチャンスを逃してしまうと9回には4番手三上が今季を彷彿とさせる炎上を見せつけ3失点で試合を決定づける。
大洋は最後抑えの遠藤が9回のDeNA打線を3人で封じゲームセット。大洋が対戦成績を2勝1敗で勝ち越しとなった。
DeNAは田中・三上が失点とまるで今年のような燃えっぷりだった。

DeNA-大洋3回戦(横浜スタジアム)
W|010 000 113|6
D|100 000 000|1
勝:大門
敗:今永
本塁打:なし
継投
大洋:勝大門6.0-H新浦1.0-H松本0.2-H岡本0.1-遠藤1.0
DeNA:敗今永6.2-須田0.1-田中1.0-三上1.0
※詳細は後日掲載予定

さて今回は90年大洋対16年DeNAの第2戦である。
第1戦は4-3で大洋が勝利した。
では早速第2戦のハイライトをしたい。

第1戦は大洋が1点リードを守りきり勝利。この第2戦目、DeNAは左腕の石田が、大洋はベテランの斉藤明雄が先発となった。
DeNA石田は5回までパチョレックの二塁打一本に抑える好投を見せる。一方の大洋斉藤もベテランの技で3回までDeNA打線を0に抑える。
試合が動いたのは4回裏。2死から倉本が内野安打で出塁すると続く石川のセンターへの当たりを大洋山崎が後逸し二塁打に。これを見た倉本が一塁から長駆ホームインし昨日と代わり今日はDeNAが先制する。
DeNAはさらに6回、2死満塁として打者は石田。ショートへの打ち取った当たりだったがこれを大洋高橋が上手く捌けず内野安打としてしまい追加点になった。
DeNAの先発石田は終盤、疲れがあったかピンチを作ったものの7回無失点の好投でリリーフに試合を託す。そして後を継いだ三上、山崎康晃が8回9回と大洋打線を0に封じゲームセット。完封リレーで勝利し対戦成績を1勝1敗のタイとした。
大洋としては2失点共に守備の乱れからの失点だっただけに悔やまれる失点だった。

DeNA-大洋2回戦(横浜スタジアム)
W|000 000 000|0
D|000 101 00x|2
勝:石田
敗:斉藤
S:山崎康晃
本塁打:なし
継投
大洋:敗斉藤7.0-岡本1.0
DeNA:勝石田7.0-H三上1.0-S山崎康晃1.0
※詳細は後日掲載予定

さて以前の記事の通り、90年大洋対16年DeNAの第1戦をした。この試合は3連戦で開催し、実際の3連戦のように先攻後攻を統一して行う。(どっちが後攻でもハマスタ開催だから球場特徴はホームランだけど)
早速第1戦のハイライトをしたい。

DeNAの後攻で行われるこのカード、先発投手はDeNAは初戦というわけでどこぞの力士の尻拭いの結果井納、大洋は左腕の野村弘樹となった。
DeNA井納は毎回のように走者を出す苦しい投球もなんとか0に抑えていたものの4回、7番清水に2点タイムリー二塁打を許し先制される。
しかしその裏DeNAは5番宮崎の同点2ランで追い付いたのだが5回にも井納が今度はパチョレックに2点タイムリー二塁打を打たれてしまう。
DeNAは7回、桑原のタイムリーで1点差に迫るが反撃はここまで。9回は大洋ストッパー、遠藤の前に三者凡退で試合終了。大洋がこのカード、初戦を取った。

DeNA-大洋1回戦(横浜スタジアム)
W|000 220 000|4
D|000 200 100|3
勝:野村
敗:井納
S:遠藤
本塁打:宮崎(4回2ラン)
継投
大洋:勝野村7.0-H新浦1.0-S遠藤1.0
DeNA:敗井納6.0-ザガースキー1.0-須田1.0-砂田1.0
※詳細は後日掲載予定

を、今後やる予定です。
もう2017年のペナントも大詰めの中半ば現実逃避的に1990VS2016をおっ始めます。
試合は1カード、3連戦でやります。
16も90も借金2のAクラス、3位でフィニッシュと中々似通った点のあるチームであります。
シーズン自体もAクラスが広島、巨人、横浜で構成され共に1位が大差をつけ優勝とこちらも似通った点のあるシーズンでありました。(1990:巨人優勝、2位広島22.0差 2016:広島優勝、2位巨人17.5差)
果たしてどんな結果になるのか…

さて、昨年はソフトバンク帝国相手にに鮮やかな逆転優勝をきめそのまま日本一の栄冠も掴んだ日ハムですが今年は散々。
谷元やエスコバーという高給取りを放出し再建モードの感も強いですが今年の冬コミで出されるであろう17年版BIG野球では注目の選手がいます。
それは近藤健介。シーズン序盤に打率4割超と打ちまくり夢の4割打者かと期待されましたが惜しくもリタイア。夢は夢で終わってしまいました。
この近藤のカード上の能力には大注目です。
昨年、154打席で.374だった岡が1-15まで確定安打て16がスラッシュ。2-9確定に3-2スラッシュという強能力でした。
154打席、.374だった岡でこれですから150打席(210打数)、.407である近藤はどうなることやら。
しかも出塁率が.567と尋常ならざる数値でIsoDも.160と驚異的データだけにもう末恐ろしさ全開であります。
この近藤に対する答えは(冬コミ受かれば)冬コミ当日に待っています。はてさて、どうなるんでしょうか?

↑このページのトップヘ