納税は国民の義務です

東方BIG野球のプレー記録、その他諸々な感じです。

カテゴリ: ブログ

走塁時に気をつける事として、アウトカウントが少ない時は確実に、多い時は積極的に~と聞いた事がありました。
この言説を元に積極的な走塁をした際に得られる得点期待値と、逆に失敗しアウトになった場合失われる得点期待値を計算し、表としました。
なお今回得点期待値のソースには1.02 ESSENCEofBASEBALL様の
得点期待値/得点価値 のページ内の表を使用しました。

今回計算し表とした場面は、
・単打で2塁走者が本塁突入を試みた場面
・二塁打で1塁走者が本塁突入を試みた場面 の2つとしました。理由としてはこの2つの場面がBIG野球において積極走塁を試みる事例が多いと思い、調査価値があると思ったからです。

runs2a

これだけだと一体なんのこっちゃとお思いでしょうし各項目の説明に移ります。

2走凸:2塁走者がホームへ突入する場面の結果を示す表だという事。後に1塁走者版のも貼るがその際この部分は1走凸になる。
0-2等となってる部分:各場面を表したもの。左がアウトカウント、右走者のいる塁となっている。Fはフルベース、満塁という意味である。
基準:無死2塁など各場面において打撃結果が発生する前の得点期待値。
突入:本塁へ突入を行った際の期待値。成功/失敗は各結果ごとの期待値だが成功した場合1点は入っているので本来の数値に+1している。(例:無死2塁で本塁突入→成功となった場合は1点入りさらに無死1塁という場面になる。無死1塁時の期待値は.807だが本塁突入が成功し1点が現実に入っているため1.807となる。)
自重:本塁へ突入せず自重した際の期待値。
備考:走者の状況次第では自分より先の走者が自分に関わらず得点している場合がある。+1点なら1人が、2点なら2人が得点している事を表す。

自分で書いててこれで分かるのか?って不安になりますが以上が各欄の説明です。それでは
・単打で2塁走者が本塁突入を試みた場面
・二塁打で1塁走者が本塁突入を試みた場面 の表を順に貼っていきます。

・単打で2塁走者が本塁突入
runs2a

・二塁打で1塁走者が本塁突入
runsaa

どの場面でもアウトカウントが少ないと自重した時と突入し成功した時の期待値の差が少ないのに対してアウトが多いと期待値の差が大きくなっています。
それを分かりやすくするために先ほどの表から少しいじったものを用意しました。
突入欄の値を成功/失敗で自重時より得た/失った期待値としました。

runs2b

runsab

どちらの場面でもアウトが少ないと積極的に走塁をさせてもリターンが少ないです。それどころかアウトになった際の損失が非常に大きくなっています。
一方アウトが増えるとリターンは大きく/リスクは少なくなっている事が見て分かるかと思います。

本来はこのデータを元にBIG野球における状況別の積極走塁をした際の損益分岐点などを割り出したかったのですが、これは少し時間がかかりそうだったので今回はこのデータだけで終わりとさせていただきます。何なら数字に強い方代わりにやってくれ(他力本願寺顕如)

それでは。

(元阪神・ブリーデンの画像を載せる予定だったが上手くうp出来なかったため略)
kwjr

お久しぶりです。更新停止から約1月です。久々の更新であります。今後もたまに記事書くかもね。
(更新しとらん間も10近くPVあるのね。びっくりドンキーですわ)

それでは。

pS5dcR2

さてさて、今日は4月1日。エイプリルフールであります。
今日はあらゆる所からネタ企画がぞろぞろ出ております。ご多分に漏れず私も各所のネタを楽しんでいたものです。
そして4月の初日と言うわけで新年度初日にもなり、様々な環境や状況が変化する日でもあります。色々変わるため知らせないといけないものもありますが日付が日付だけに信じてもらえないーって悲劇が待っているかもしれません。

そして私からもお知らせです。
明日を最後に当ブログ開設から継続していた連続投稿を一区切りしようと思います。
これが嘘か本当かは明日の記事をご覧ください。
それでは。

さて野球ファンなら重々承知でしょうが今日は開幕戦。それもこれを書いてる時はただ今真っ最中であります。
さて我らが横浜は開幕先頭打者に遊撃手がエラーと昨年と何ら変わらない日常風景があり春の訪れを感じざるをえないばかりであります()
かと思えば二塁、右翼のお見合いから送球エラーで失点と二遊間が揃ってミスと球春到来を更に強く感じさせるのはいいのですが二遊間をこなせる名手はどこへ行ったのでしょうか?
近年MLBでは打者により極端なシフトを敷くことがよくあり、先日センバツでも膳所高校が極端なシフトを敷きましたが横浜でも二遊間を区別せず状況に応じて配置転換させる作戦を採用したのでしょうか?惜しむらくはことごとくそれが裏目に出ている事なのですが。(1回:山田の打球を遊撃手がエラー 3回:広岡の打球を二塁右翼がお見合い後送球エラーで失点 4回:バレンティンのセンター前の打球を二塁がキャッチもセーフ 果たしてどちらが遊撃手を守っているのでしょうか?)
よしんば開幕戦に負けてもたかが1/143。下手にじたばたせず最後に勝てば良いという事を忘れずにいれば良いのであります。妄言を言うなら開幕戦に勝つと最終戦も勝てばオセロなら全勝との妄言を吐けなくなるのが惜しい点ではあります。
そうこうしている間に石田の代打新人楠本が死球で出塁しました。

それでは。

1/4がもうすぐ終わろうとしています。そう思うと一年、早いですね。
いよいよ明日からはプロ野球が開幕します。
本来なら3シーズン皆勤賞な選手の記事など書く記事はあるのですが私の事情で今日のところは後回しにさせてもらいます。後日書きます。

それでは。

↑このページのトップヘ