2021年初HRが飛び出す一発攻勢で新年初勝利

浜宮オイスターズ 4-2 阿波座ファクトリーズ 13:00 東京ドーム
阿| 100 000 100 | 2
浜| 000 040 00x | 4
勝:豊姫 4勝1敗
敗:メルラン
S:サリエル 1勝1敗30S
継投:W豊姫7.0-Hパチェ1.0-Sサリエル1.0

スタメン
8文
7フラン
3雷鼓
9純狐
4妖夢
6直江
5衣玖
2レイセン
1豊姫

・トピックス
2021年初試合は豊姫が先発のマウンドに。

後半戦開幕から連敗スタートのオイスターズ。年が変わったこの試合で勝ちを掴み取りたかったが豊姫は初回から失点を許してしまう。
3回まで相手先発メルランに無安打だったものの5回、衣玖に2021年初となる同点弾が出るとランナーを2人置いてフランが逆転の3ランを放つ。
豊姫は先生こそ許したものの7回2失点で試合を作るとその後パチュリー・サリエルと繋いで試合終了。
後半戦と2021年の初勝利となった。

試合後コメント
「お疲れ様でした。今日はうちらしい勝ち方ができたんじゃないかな。」
(衣玖が今年の初HR)
「そこまでメルランに抑えこまれていたし、逆転のきっかけとなるいい一発だった。これが弾みになってくれるといいんだけどね。」
(サリエルが30S到達)
「ここの所出番をやれなかったんだけど、問題なく抑えてくれた。流石の一言。これからも頼りにしている。」
「ビッグイニングと勝ち継投。うちらしい勝ち方を出来たと思っています。これを弾みにして今年も勝って行きたいね。」