決勝点はまさかの2ランスクイズ 9回の逆転劇で連勝

浜宮オイスターズ 4-3 多摩オリエンツ 18:00 ナゴヤドーム
浜| 002 000 002 | 4
多| 000 100 020 | 3
勝:こころ 6勝2敗
敗:八雲紫
S:サリエル 1勝1敗26S
継投:豊姫7.0-パチェ0.0-Wこころ1.0-Sサリエル1.0

スタメン
8文
3雷鼓
5妹紅
7純狐
Dフラン
9妖夢
4美鈴
6直江
2レイセン
P豊姫

・トピックス
先発サリエル対策で打順を変更

今日対する多摩の先発はサリエル。打順をいじるなど対策を抗じたものの結局3回の2点止まりとされる。
しかしこちらの先発豊姫もピッチングが冴え7回を投げ1失点。8回の先頭を出塁させた所で降板したが続くパチュリーが代わり端の夢美に被弾しあっさり逆転を許してしまう。続くこころは走者を許しながらも何とか追加点を許さずに9回を迎える。
多摩のクローザー紫から妖夢・代打のお空が連打で無死2,3塁と絶好のチャンスを作ると打者は直江太結。ここで直江は意表を突くスクイズバント。
今季74試合ここまで野手にバントを1回たりともさせてなかったせいだったのだろうか。このスクイズで3塁走者のみならず2塁の鈴仙までもが返ってくる2ランスクイズで一挙逆転を見せる。
これで4対3と逆転すると最後はサリエルが3人で締め試合終了。まさかまさかの大逆転で連勝となった。

試合後コメント
「お疲れ様でした。まさか……。ってゲームでした。」
(2ランスクイズで決勝点)
「皆さんご存知かどうかは知らないけどバントさせてなかったからね。野手に。そこで相手の意表を突けたかなってのはあります。でもスクイズのサインを出してやるのは選手だから。上手いバント、上手い走塁。普段させてないのに120点のプレーが出来た。」
(こころが6勝目)
「巡り合せってものがあるんだろうね。でも追加点を許さなかったから最後2点で逆転ってなった。それは評価されても良い。」
「今日はバントでまさかの決着となりましたが、明日からさせまくる!ってことはないと思います。つまるところ点を取るための作戦・行動だからね。チーム状況に合わせて適切にやっていきたいです。」