延長までもつれる投手戦を制して予選は2位に

浜宮オイスターズ 3-2 柴又フーテンズ 18:00 横浜スタジアム
浜| 010 000 010 1 | 3
柴| 000 200 000 0 | 2
勝:里乃 4勝1敗
敗:とり
S:サリエル 1勝1敗25S
継投:赤蛮奇6.0-さとり1.0-Hパチェ1.0-W里乃1.0-Sサリエル1.0

スタメン
8文
Dフラン
3雷鼓
2純狐
5妹紅
7妖夢
9美鈴
6直江
4石川
1マイ

・トピックス
石川が一軍復帰。9番セカンドでスタメンに。

サヨナラ負けで連勝が止まったオイスターズ。この敗戦を引きずりたくない中の試合だったが、2回に直江の内野安打で先取点を奪取。
先発の赤蛮奇は4回に集中打を浴び逆転を許したものの、6回2失点6奪三振の好投で試合を作る。
しかし打線はちぐはぐな攻めで試合は進行。今季ここまでの9試合で負けなしの赤蛮奇不敗神話もここまでかと思われたが、8回表に先頭のフランが値千金の同点弾で追いつくと試合は延長に。
延長10回、先頭打者の今日一軍復帰の石川が勝ち越しのホームランをライトスタンドに運び勝負アリ。
最後はサリエルが3人で締め試合終了。CSの予選も2位に浮上となった。

試合後コメント
「お疲れ様でした。タフな試合だったけど勝ててよかった。」
(赤蛮奇が好投)
「本当に良いピッチングだった。勝ちをつけられなくて残念な出来だったよ。でもここまで負けてないのも頷ける好投でした。」
(石川が逆転弾)
「いきなりマルチだし、良かった。ロースコアな試合だっただけに一発が大きく左右したね」
「攻撃面でつながりの悪さがあったけど勝てて良かった。そんな試合ですね。たとえ内容が悪くとも勝てるような試合運びをできるようになりたいね。」