延長の末サヨナラ負け。連勝は7でストップ

浜宮オイスターズ 2-3x 太宰府ライジングプラムス 18:00 西武ドーム
浜| 000 002 000 0 | 2
太| 100 000 010 1x | 3x
勝:八雲紫 
敗:こころ 5勝2敗
S:なし
継投:Wサグメ7.0-さとり0.2-H里乃0.1-Sサリエル1.0

スタメン
8文
7フラン
3雷鼓
2純狐
5妹紅
4妖夢
9美鈴
6直江
1マイ

・トピックス
この日もオーダーは変わらず。

現在7連勝中のオイスターズ。大宰府とは初対戦になるが、守備の乱れから初回に先制を許してしまう。
一方の打線も大宰府の堅実な守りの前に好機を作れずに試合は6回を迎える。
四球と安打でチャンスを作ると、雷鼓・妹紅のタイムリーで2点を取りこの回逆転。さぁ8連勝とすべく継投に出るも8回にパチュリーが四球でピンチを作ると藍のライトフライの間に文が俊足を飛ばしホームイン。犠牲フライで同点にされる。
そのまま延長戦にもつれると10回裏、6番手こころが連打でピンチを招くと藍の打球はライト前に。ここも2塁ランナー文の俊足が生きて本塁生還。
これでサヨナラとなり試合終了。連勝は7でストップとなった。

試合後コメント
「お疲れ様でした。連勝というのはいつか止まるもの。そんな日もあるね。」
(2得点止まり)
「相手はとにかく守りが良かった。機動力も使われたし、相手の土俵で野球をさせてしまっていた。」
「さっきも言ったけど連勝というのはいつか止まるもの。止まって次の試合に敗戦を引きずらないか。それが重要になるね。」