9回2死から脅威の逆転劇! チームは6連勝、CS予選の連勝を4に

浜宮オイスターズ 3x-2 筑波ツインアルプス 18:00 阪神甲子園球場
筑| 200 000 000 | 2
浜| 000 000 003x | 3x
勝:こころ 5勝1敗 
敗:カナ
S:なし
継投:聖8.0-Wこころ1.0

スタメン
8文
7フラン
3雷鼓
2純狐
5妹紅
4妖夢
9美鈴
6直江
1聖

・トピックス
聖は今季4試合目の登板。結果的には毎回安定した投球を見せているが今回は?

現在5連勝中のオイスターズ。先発の聖は初回パッとせず、2失点を喫してしまう。
2点差なら本来はまだまだ戦える点差だが今日は筑波先発の戎瓔花が絶好調。3回まで一回りをパーフェクトに抑えるとその後も快刀乱麻の投球でオイスターズ打線を寄せ付けない。
一方の聖ものらりくらりとしたピッチングで追加点を許さずに投げると徐々にエンジンがかかりはじめ8回2失点の好投を見せた。
そのまま瓔花完封ペースで試合は9回裏に。1番からの好打順だったがあっさりと2死まで追い込まれてしまう。3番雷鼓が四球で粘ると打順は4番純狐。瓔花はベストピッチを投じたものの打球は無情にもライトスタンド最前列へ。9回2死、土壇場から同点弾が飛び出すとここで筑波はカナにスイッチ。
代わり端を妹紅が捉え2死2塁とサヨナラの好機を作ると、妖夢敬遠後バッターは美鈴。捉えた打球はセンターへ。2塁から代走レイセンがホームインしその瞬間ゲームセット。9回2死ランナーなしからの大逆転劇で連勝は6に、CS予選もストレート4連勝となった。

試合後コメント
「お疲れ様でした。勝った方だけどさ、信じられないね。すごいね。」
(瓔花の前に抑えられる)
「付け入る隙がなかった。9回は1番からだったし、ワンチャンスはあるかなって思ったけど2死。これは相手の日だったのかな、って思っちゃったんだけどね……。」
(9回2死から追いつく)
「それにしても凄かった。野球の凄さや怖さがあった。一度追いついてからはこっちのものだったね。」
(聖も8回2失点)
「序盤こそ今ひとつだったけど、立ち直ってくれた。なんだかんだ初回の2点で止めることができたのも勝因の一つ。」
「何度も今日言ってるけど、凄い試合だった。この勢いをこれからの予選、そして決勝ラウンドに持ち込みたい。」