終盤の猛攻で逆転勝利

浜宮オイスターズ 11-2 天神マキノウドーンズ 18:00 西武ドーム
天| 000 001 001 | 2 
浜| 000 000 56x | 11
勝:豊姫 1勝1敗 
敗:カナ
継投:W豊姫7.0-パチェ1.0-ルナサ1.0

スタメン
4石川
8文
Dお空
3純狐
7フラン
5美鈴
9妖夢
6夢子
2レイセン
P豊姫

・トピックス
石川の1番打者は今季初

クリーンアップ2人が負傷欠場中のオイスターズ。その影響か今日は1番打者に石川を抜擢することになった。
試合は豊姫-ムラサの両先発が抑えゼロ行進で中盤まで進む。6回に幻月のタイムリーで天神が1点を先制するとその裏のピンチは継投で凌いで試合は7回に。
7回裏、3番手のカナから1死2塁のチャンスを作ると夢子のタイムリーでまず同点に。その後1死1・2塁として左打者が続く打順で天神は投手を左腕のユキに交代。この逆転のチャンスを今日1番起用の石川が応えライトへのヒットで逆転するとその後打線が繋がり一挙5点で逆転に成功する。
9回にも大量点を取り終わってみれば二桁11得点を取り大勝となった。

試合後コメント
「お疲れ様でした。相手が弱っているところに上手く畳み掛けることができました。」
(石川を1番起用)
「今(妹紅・雷鼓の)2人いないからね。いつもとは違った形のオーダーを組むときもある。」
(豊姫が初勝利)
「ここまでいい投球はしていたけど勝ちに結びついてなかった。今日もいい投球だったしそれが結果に出て良かった。」
「やっと豊姫にも勝ちがついたね。ここからはたくさん勝ってくれると思います。ありがとうございました。」