機動力と固い守備に屈する

浜宮オイスターズ 1-3 八頭ホワイトラビッツ 18:00 福岡 ヤフオク!ドーム
浜| 000 010 000 | 1
八| 000 002 01x | 3
勝:ムラサ 
敗:サグメ 2勝3敗
S:隠岐奈
継投:Lサグメ7.0-こころ1.0

スタメン
8文
7フラン
3雷鼓
2純狐
Dお空
5妹紅
9妖夢
6夢子
4石川
Pサグメ

・トピックス
今日が初スタメンのフランは2番で出場

昨日は赤蛮奇の完投で連敗を止めたオイスターズ。相手八頭先発のエースムラサに対して昨日合流したフランを2番で初スタメンに据え普段とは違う打線でこの好投手に相対することになった。
試合が動いたのは5回。無死1・2塁のチャンスでバッターはその2番フラン。レフト前にヒットを放つと石川の好走塁も光り先取点をゲット。その後も安打を重ねたものの惜しくも1点止まりでこの回を終えた。
しかし6回に機動力を絡めた攻撃で逆転を許すと9回にもトドメに近い1点を許してしまう。9回はついに神秘のベールを脱いだ隠岐奈が登板。3人で抑え反撃を許さずにゲームセット。
八頭は1試合4盗塁を決め機動力と投手陣の活躍が光る試合となった。

試合後コメント
「お疲れ様でした。ムラサ相手に、安打は出せていたんだけどね。」
(フランを2番に据える)
「相手はあのムラサだし、チャンスは限られるだろうと思った。だから一発で圧をかけられて左右でムラサに有利なフランを2番に置いた。」
(機動力で揺さぶられる)
「速いねぇ。リリーフにも好投手が揃っているし、僅差の勝負を仕掛けるとなるとあの機動力は大きなプレッシャーになる。」
「厄介な相手だったし敗れはしたけど得るものもあった。リベンジしたいね。」