―この話は、私がサークル「一発勝負」さんの例会で参加する(予定)BIG野球のペナントレースをベイスターズの監督として1年間戦う様を書いたり書かなかったりする感じのアレです。(ここまでテンプレ)

番外編 巨人で代理監督編

監督「今回は番外編だ!人数やなんやかんやの都合で代理で他球団の監督をする時もある。今回は巨人で数試合振ったからその時の感想や諸々だ!」
コーチ「記憶が正しければ広島に1試合→中日に3試合→広島に3試合の合計で7試合やってるはずです。」
監督「この辺うろ覚えだが最初の広島戦は負け、中日に2勝1敗、広島と2回目の対戦ではスイープだ!」
監督「ちなみにオーダーは概ねこんな感じだった。」



7重信
6坂本
5マギー
3岡本
9長野(対左)/亀井(対右)
8陽
4吉川尚(2大城←小林負傷時)
2小林(4吉川尚)
1投手


コーチ「2番坂本は史実を先取りしていますね。」
監督「ちなみに大活躍したのが重信だ。トップバッターとして俊足を活かして長打を連発したぞ。あいつこそ巨人の「シンノスケ」だな!」
コーチ「元祖シンノスケこと阿部はどうでしたか?」
監督「たまーに代打で出てきては凡退して帰る。偽之助だありゃあ()」
コーチ「偽扱いってあーた。では投手はどうでしたか?」
監督「まず大エース・菅野がいるのが大きい。一本大黒柱があるのは大きい。」
コーチ「他の先発はどうですか?」
監督「まあまあだな。東以外投げてみないと分からない18Deに比べれば良い。比較対象が比較対象だがな()」
監督「リリーフだがこっちは……。それこそマシソン以外は投げてみないと分からん。継投策としては、終盤相手打線の上位打線など優先度の高いところにマシソンをぶつけて最後は上原に名前で抑えてもらう。後は……なんやかんやだ。」
コーチ「なんやかんや?」
監督「なんやかんやはなんやかんやです!」
コーチ「で、なんやかんやの結果は?」
監督「中継ぎで負けた試合はサンプル数が少ないながら無かったしまぁそれなりにうまくいったとみていいだろう。」
コーチ「でもこの勝ちっぷり……、巨人の方が向いてませんか?」
監督「……。」
コーチ「……。」

監督「さ、さぁ次の試合の準備するぞ!」
コーチ「は、はい!」


-つづけ-