さて、春の恒例行事であるセンバツ大会も第4回目となった。私は昨年の大会は欠席だったため2年ぶりの参戦となる。早速試合結果を書いていきたい。

――1回戦は旧作選手で編成された昭和高校との対決となった。ちなみにこちらはT京令和大付属である。先発はマガンVS魅魔。
試合は両軍先発が相手打線を0に抑える投球で序盤は進行。試合が動いたのは4回裏。T京令和3番の依姫がUPからランニングHRを出して先取点を奪取。その後6回にも神子に一発が飛び出て2点差に広げる。
先発のマガンは令和の怪物の名に恥じない堂々たる投球で7回を終えて昭和打線をノーノーに抑える快投を見せた。
しかし8回表、エラーと四死球で1死2,3塁とすると昭和の代打はくるみ。スクイズを敢行。これをマガンは見事ピッチドアウトし2死3塁に追い込んだものの打者のくるみがまさかまさかまさかのランニングHR。昭和高の初安打はまさかの同点走本となり試合は振り出しに戻った。
その後試合は延長戦へもつれ込んだ。T京令和はマガンが相変わらず昭和打線を0に抑えると昭和は投手を9回からサリエルにスイッチ。
11回裏、2死から慧音が三塁打を放ち一打サヨナラの好機を作ると続く打者は途中出場の鈴仙。この鈴仙がセンター前にサヨナラ打を放ち試合終了。見事サヨナラ勝ちで4強に駒を進めた。
なおマガンは11回を投げて被安打1 四死球2 1失点 14奪三振の怪投を見せ、令和の怪物の名を欲しいままにするピッチングを見せた。