夢子が攻守に躍動し2夜連続で輝く

浜宮オイスターズ 4-2 Euphoria 13:00 西武ドーム
E| 000 000 200 | 2
浜| 000 110 02x | 4
勝:パチェ 3勝1敗 
敗:舞
S:サリエル 1勝1敗14S
継投 永琳7.0-Wパチェ1.0-Sサリエル1.0

スタメン
8文
3雷鼓
5妹紅
2純狐
Dお空
4雛
6夢子
7妖夢
9小町
P永琳

・トピックス
石川と藍が離脱中。妖夢・雛が代役として入る。

昨日のゲームは夢子のサヨナラ打で制したオイスターズ。今日も勝ち連勝を重ねたい中先発としてマウンドに上がるのは永琳。初回、咲夜に四球を出してしまうも直後の打者の打球をショート夢子が華麗に捌いて併殺が完成しピンチの芽を摘んだ。
その後も永琳が好投を続ける中4回、妹紅の11号ソロで先制すると5回には小町のタイムリーでリードを広げる。
6回まで四球2つ、エラー1つのノーヒットピッチングを見せていた永琳だったものの7回、雷鼓が今日初安打となる同点2ランを放ち同点とされてしまう。結局永琳は7回被安打2の2失点で降板となった。
なんとか勝ち越し点の欲しいオイスターズは8回裏、相手リリーフの舞を攻め立て2死満塁の好機を作ると打席には昨日サヨナラ打の夢子。センター前へ勝ち越しの一打を放つと純狐も好走塁でホームを陥れ2点を勝ち越す。9回表の守りはサリエルが三者三振の完璧な投球を見せ試合終了。攻守に夢子が躍動し連勝となった。

試合後コメント
「お疲れ様でした。競り合うハードな展開でしたが上手く取ることができました。」
(永琳が6回まで無安打投球)
「こういうのって表に出すとダメなジンクスもあるし、言わずにはいたんだけどね。こういう記録は中々難しいよねぇ。でも昨日一昨日とリリーフを多く使う展開だったし、今日の永琳の投球には本当に助けられた。価値のあるピッチングだったよ。」
(夢子が2試合連続決勝打)
「自分の中でいい感覚が持てているんじゃないかな?守りは文句がないし、出塁能力も十二分にある。それで打でさらに貢献できたら素晴らしすぎるね。」
「とにかくナイスゲームでした。明日もこうありたいね。」