さて、前回言った通り今回から数回にわたって各選手の指名に至った経緯を書いていきます。今回は野手の上位指名を振り返ります。

1位:レミリア
まず1位はレミリアを指名。あらかじめ公言していたため、公言通りの指名となった。なおこの指名は一本釣りだった。
まず彼女を1位指名しようとした理由について。実力的に頭抜けたものがあるのは皆の知っての通りだと思う。
そしてここの界隈の傾向として、文や教授こと岡崎夢美に1位指名は集中する傾向がある。ちょうどこのレミリアは一本釣りできるギリギリのラインにいると思ったため公言をすれば他の指名者が競合を避けて他の1位候補に走ってくれるだろうと期待し公言に至った。
結果は先ほど書いた通り無事一本釣り。労せず有力選手を確保することができた。

2位:フラン×→輝夜×→夢子
首尾よくレミリアを一本釣りできた。せっかくなので姉妹で揃えたいと思ったのでフランを指名した。
したが抽選で外れ。外れ2位として指名した輝夜・夢子は共にセンターラインの守備を重視した指名である。
余談だが、3位ではたてが指名された。正直2位で指名されたものと勘違いしうっかり見逃していた()

3位:椛
2位は2回抽選に外れ、最終的に夢子を指名した。レンジ5の夢子を指名できたので夢子と共に高レンジの二塁が欲しくなり椛を指名。競合はなかった。

4位:ドレミー
2,3位でレンジ5の二遊間が作れた。今回は高レンジの内野を作ろうと決意。この時点で一塁の指名候補にはドレミーが、三塁の指名候補には寅丸・慧音・衣玖の3人がいた。さすがに4位の段階で三塁の候補3名が全員消えるとは思わなかったのでドレミーを先に確保する事にした。

5位:寅丸
先に挙げた三塁候補の中では、衣玖が4位で指名された。慧音・寅丸の2人がいたがレンジ5が3人いたのでここまできたらレンジ5で内野を揃えたく思い寅丸を指名。こうして全員レンジ5の内野が形成された。


今回はこの辺で。次回は残りの6-9位の野手について書きます。それでは。