ついに金曜にはプロ野球が開幕します。
順位予想と言う名の怪文書は先日書きましたが、(/)なんか適当に書きます。
さて、ベイスターズは16年のAクラスのおかげで07年以来のホーム開幕となりました。あの時は高橋由伸に開幕プレーボールホームランを番長三浦大輔が被弾し開幕に弱い番長は残念ながら敗北、その後しばらく〇●〇●と連勝も連敗もしない奇妙な星取が続いたものです。
この年は第二次大矢政権初年度で4位となり惜しくもAクラスとはなりませんでした。翌年からの事はもう言うまでもないので省きます。水差し野郎が爆誕したのもこの年でした。
今年の開幕ですが、昨年の主要な先発投手がことごとく離脱という苦難のスタートとなりました。それがどうした!
これが今季絶望クラスになるとあたふたもするものですが現状5月ころには皆帰ってこれる見込みです。こういう症状の時開幕に合わせて無理をした結果一年を棒に振るのが最悪のシナリオです。
そりゃ怪我なく一年過ごすのが理想ですが怪我するならまだ取り返しのつく範囲内で済ませてほしいもの。
過去2年開幕ダッシュは今一つでしたが終わってみればAクラス。一方15年は春先に後先考えず突っ走りまくったら案の定ガス欠で万策尽き最下位。弱小チームが春先に狂い咲きをするのはある意味ペナントの風物詩でもあります。
最初に負けていても要は最後の瞬間に勝っていれば良いのです。
とりあえず過度にネガらず、(かといって過度にポジるとその通り行かないと辛くなる)自然体でシーズンを迎えたいものです。

それでは。