8回の猛攻で今季初勝利

浜宮オイスターズ 7-4 フラワー・ユニオン 18:20 京セラドーム大阪
浜| 011 000 140 | 7 
フ| 010 300 000 | 4
勝:こころ 1勝 
敗:エレン
S:サリエル 1S
継投 幽香5.0-エリー1.1-Wこころ0.2-H霊夢1.0-Sサリエル1.0

スタメン
7藍
8文
3雷鼓
2純狐
5妹紅
6夢子
9妖夢
1幽香
4石川

・トピックス
投手以外は昨日と同じオーダーに。

開幕戦は相手投手陣の前に4安打1得点に抑えられ敗れたオイスターズ。今日の先発は過去の公式戦を通して初登板の幽香。
肝心の投球というと4回に打ち込まれ5回4失点と期待に応えられたとは言い難い初登板だった。
打線も序盤に2点取って以降静かだったが7回に1点差に迫ると8回、文と雷鼓の連続タイムリーでこの回一挙4点を取り逆転に成功する。
新たにセットアッパーを任された霊夢と昨季からクローザー続投のサリエルが8回9回をパーフェクトに抑え試合終了。今季初勝利を逆転勝ちで掴み取った。

試合後コメント
「お疲れ様でした。開幕戦こそ落としたけど2試合目という早いタイミングで初勝利を出来て良かったです。」
(昨日と打って変わって2桁安打7得点)
「序盤は後1本が出ずやきもきもしたが最後に大量点に繋げられて良かった。」
(霊夢をセットアッパー起用)
「落ちる球を軸に高い奪三振能力を彼女は持っている。1イニングで勝負させても面白そうだと思った。」
「まず1つ勝った。ここから貯金を作りたいね。」