ishida3-770x433

さて、先日横浜のラミレス監督は今年の開幕投手に石田を選出した事が明らかになりました。
【DeNA】石田、2年連続開幕投手決定的 ラミ監督信頼のキャンプMVP
これで石田は2年連続の開幕投手となりハマの番長・三浦大輔氏以来久し振りとなる連続ないし複数回の開幕投手となりました。
しかしこの横浜の開幕投手、任命された選手が活躍出来ないジンクス、呪いがあったりなかったりします。ここに過去10年の開幕投手を書いてみます。

・過去10年の開幕投手
08 寺原3勝9敗22S 3.30 本塁打王、首位打者を擁しながらダントツの最下位。寺原は先発・リリーフどちらも貧弱な投手陣の結果抑えに回される。

09 三浦11勝11敗 3.32 TBS末期らしく例によってダントツの最下位。貧弱な投手陣の中三浦は孤軍奮闘するも開幕戦は例によって負ける。結局三浦は開幕戦を勝つ事は無かった。

10 ランドルフ 2勝9敗 4.25 前年シーズン途中に来日し好投を見せた(09年:5勝2敗 1.96)ランドルフが開幕投手も活躍出来ずこの年で解雇。なお翌年他の外国人投手の影響でシーズン途中再来日も約1ヶ月で解雇された。

11 山本 2勝11敗 5.92 寺原らとのトレードで加入した山本が開幕投手に。開幕戦は内藤のサヨナラ打で久し振りに勝利も山本はこのシーズン打たれまくる。違反球でほぼ6点台ってあーた。

12 高崎 7勝10敗 3.20 前年ローテ入りしムエンゴながらチーム内で好投した高崎がDeNA初代開幕投手に。この年も自ら打点を上げかつ自責点0ながら敗戦投手、鳳凰の絵を描くなどムエンゴぶりを見せつけた。
images

13 藤井 6勝5敗 3.54 ブランコやモーガン、新鋭梶谷らが大暴れした13年は藤井が開幕投手。藤井は貧弱な投手陣の中安定してゲームを作ったものの夏場に故障で戦線離脱。この故障が重症だったのか翌年は1軍登板0で引退。

14 三嶋 1勝2敗 10.88 前年ルーキーながら三振を取りまくった三嶋が開幕投手も大☆爆☆死 この年以降、ルーキー時代のキレキレだった三嶋は見られていない模様。

15 久保 8勝7敗 4.12 前年度最多勝争いをした久保が開幕投手も前年ほどの活躍は出来ず。

16 井納 7勝11敗 3.50(山口 11勝5敗 2.86) 本来は山口が務める予定だったが故障で井納が代役に。この後も井納は、オールスター・CS・さらに翌年のオールスターと代役まみれに。井納は非常に「らしい」成績に。山口はこの年こそ活躍も… 再起はあるのか?

17 石田 6勝6敗 3.40 ご存じ昨年の開幕投手。故障もあり前年の成績は越せず不本意な一年に。

以上、過去10年の横浜の開幕投手でした。多くの投手が不振や故障などロクでもない末路をたどってしまっています。今回めでたく石田が2年連続開幕投手となりましたがこのジンクスを払拭出来るのかに期待と注目が集まるばかりであります。

それでは。