今回の選手評価はリリーフ投手をやります。(先発編)
評価は基本的にA>B>C>D>Eの5段階評価で(あくまで私個人の主観的評価で、成績以外に印象などの要素もあります。)(規定到達者は太字に、各項目で1位な場合赤字に。)

一輪
61試合 9勝(2位)1敗14H(1位) 防御率3.34 投球回62 自責点23 KD416(3位/リリーフ1位)
評価A
展開を問わずに投げまくりリリーフながらチーム2位の9勝。救援陣で大車輪の働きだった。

こころ
65試合(最多) 6勝1敗8H(2位)1S 防御率2.86 投球回69.1 自責点22 KD358(リリーフ2位)
評価A
一輪と共に1年間投げまくり救援陣を支えた。

エリー
41試合 1勝2敗6H 防御率3.86 投球回39.2 自責点17 KD189
評価C+
ビハインドを中心に登板。9月は舞やメリーの入った影響で登板を減らしたが縁の下の力持ち的存在だった。

ルナサ
14試合 2敗 防御率12.50 投球回18 自責点25 KD54
評価D
後半戦では存在感を示せず。

朱鷺子
9試合 1勝1敗 防御率10.24 投球回9.2 自責点11 KD39
評価D-
この朱鷺子という投手はスペックはいいのだが成績が出ない。なぜだ。後半戦で登板はなかった。

小悪魔
17試合 1敗 防御率10.69 投球回32 自責点38 KD96
評価C
敗戦処理がメインでイニングを食べるのが主な仕事だった。しかしその位置に甘んじた事、非はそちらにあるのでは・・・

ルナチャ
21試合 1勝7H(3位) 防御率5.06 投球回16 自責点9 KD118
評価C
ワンポイントに近い起用法を後半戦はされた。成績以上の貢献を見せた。


18試合 3勝4敗3H5S 防御率5.30 投球回18.2 自責点11 KD166
評価D
後半戦は登板なし。

クラピー
23試合 1勝5敗6H4S 防御率6.12 投球回25 自責点17 KD185
評価E
後半戦は登板なし。高いスペックを結果に生かせなかった。

ミスティア

12試合 1勝2敗4H2S 防御率8.68 投球回9.1 自責点9 KD98
評価D
紫・クラピ降格後の勝ち継投探しの一環で登録も期待に応えられず。

ムラサ
7試合 2勝1敗3H 防御率5.19 投球回8.2 自責点5 KD76
評価D
サリエル抑え定着後セットアッパーの期待を受け登録も結果は残せず。

メリー
13試合 1勝7H(3位) 防御率1.54 投球回11.2 自責点2 KD115
評価A
ミスチー、ムラサと来て待望のセットアッパーがついに見つかった。安定感ある投球で試合終盤を引き締めた。


10試合 1敗6H 防御率1.00 投球回9 自責点1 KD87
評価A
舞の合流で勝ち継投はより強固になった。

サリエル(リリーフ)
28試合 1敗3H16S(1位) 防御率2.48 投球回29 自責点8 KD277(リリーフ3位) WHIP0.93 被打率.211 奪三振27 四死球4 K/9:8.38 BB/9:1.24 K/BB:6.75 
評価A
先発では不振だったがリリーフ転向した後半戦は好投を見せクローザーに。課題だった勝ち継投に解決を見出した。
なお総合では、36試合 1勝5敗3H16S 防御率5.78 投球回62.1 自責点40 KD387 だった。

以上、リリーフ編でした。残るは全2回の野手編です。
それでは。