ついに1年間の日程が終了したので目ぼしい選手の成績と個人的な評価を書きたいと思います。前半戦では交流戦前・前半戦終了時と書いていましたが後半戦は目ぼしい節目も無いため昨年5月以来久々の記事となりました。(前半戦の 先発 リリーフ 捕・内 外野 はコチラ)
今回は先発投手です。
評価は基本的にA>B>C>D>Eの5段階評価で(あくまで私個人の主観的評価で、成績以外に印象などの要素もあります。)(規定到達者は太字に、各項目で1位な場合赤字に。) 

サグメ
26試合 7勝(3位)9敗 防御率3.67(1位) 投球回193.2(1位) 自責点79 QS率69%(26-18) HQS率35%(26-9) KD651(KD2位)
評価B

開幕からローテを守り抜き針妙丸と共に規定到達。ある程度のレベルで計算できる投手だった。

魅魔
17試合 2勝8敗 防御率4.12 投球回118 自責点54 QS率71%(17-11) HQS率41%(17-7) KD374
評価C-
1年を通じて援護が無く、終いには2軍落ちとなった。

天子(投手)
14試合 3勝6敗 防御率6.65 投球回86.1 自責点64 QS率21%(14-3) HQS率7%(14-1) KD290
評価D-
後半戦はほぼ登板なし。投の方では貢献できず。

針妙丸
26試合 11勝(1位)5敗 防御率4.02 投球回188 自責点64 QS率54%(26-14) HQS率42%(26-11) KD674(KD1位)
評価B

このチームの勝ち頭。サグメと共に1年間ローテを守りきった。好調時の投球は信頼感抜群。

赤蛮奇
18試合 6勝4敗 防御率4.36 投球回99 自責点48 QS率33%(18-6) HQS率6%(18-1) KD357
評価B-
後半戦だけで5勝を積み上げる。後半戦は防御率3点台だった。(3.83)
 
マイ
5試合 1勝3敗 防御率6.26 投球回27.1 自責点19 QS率40%(5-2) HQS率0%(5-0) KD92
評価D
後半戦は存在感を示せなかった。
 
サリエルはリリーフ編に収録します。
 
メディスン
4試合 1勝3敗 防御率9.30 投球回20.1 自責点21 QS率0%(4-0) HQS率0%(4-0) KD71
評価E
前半戦は3試合投げ3試合全て炎上。後半戦は初勝利を遂げたがその1試合の登板に終わった。

阿求
8試合(先発5) 1勝1敗 防御率3.90 投球回32.1 自責点13 QS率40%(5-2) HQS率40%(5-2)
 KD103
評価C
さとりとローテの座を争っていたが無念の負傷離脱。

さとり
6試合 1勝3敗 防御率5.08 投球回33.2 自責点19 QS率33%(6-2) HQS率0%(6-0) KD111
評価D
結果を残せたとは言い難いがそれ以上に雨女として目立った。

永琳
13試合 5勝2敗 防御率2.54 投球回95.2 自責点27 QS率85%(13-11) HQS率46%(13-6) KD337
評価B
後半戦はローテの一角に。右の柱として奮闘を見せた。

ネムノ
1試合 1勝 防御率1.00 投球回9 自責点1 QS率100%(1-1) HQS率100%(1-1) KD37
評価C+
初登板で完投勝利。今後この投球を継続できるか。

成美
1試合 1敗 防御率3.86 投球回7 自責点3 QS率50%(1-1) HQS率0%(1-0) KD21
評価C
雨中の試合で初登板。可もなく不可もなく。


以上が先発編でした。以降、リリーフ編と野手編が2回で計3回あります。

それでは。