9・10月の月間MVP、今回は野手編である。(8月野手)(9・10月投手)

野手9・10月度月間MVP:レミリア .351 6本 17打点 OPS1.030 XR27:9.21 wOBA.435

次点:雷鼓 .258 7本 14打点 OPS.926 XR27:6.51 wOBA.391 

―8月に続き白星を重ねた9・10月。猛打が炸裂した8月に比べると打線の勢いはトーンダウンしたが月間チームOPS.723はチームの月間記録3位に類する記録であった。 
そんな中今月のMVPに輝いたのはレミリア。5月以来の受賞に輝いた。月間打率.351はトップの成績。6本塁打はチーム2位の成績に輝き36本塁打でチーム内本塁打王を手にした。
次点には雷鼓を選出。9/17からの登場で17試合の出場に止まったが7本塁打はチームトップ。5番に入り打線に厚みを加える恰好になった。僅か17試合、62打席で7本塁打と量産。もしフルで出場したら一体何ホーマーを放ったのだろうか?

以上でシーズンの月間MVPに関する記事は終了である。今後の戦いで新たなヒーローが現れる事を心待ちにしたいものだ。