8月の月間MVP、今回は野手編である。(7月野手8月投手)

野手8月度月間MVP:八雲藍 .395 3本 18打点 OPS.990 XR27:8.80 wOBA.313

次点:石川雄洋 .400 2本 11打点 OPS.945 XR27:7.98 wOBA.315

―大型連勝で勢いに乗った8月。その勢いを支えたのは間違いなく打線の力によるものだった。月間チーム打率.296に本塁打数41と打ちに打ちまくった。
そんな中今月のMVPに輝いたのは藍。これで2ヶ月連続の受賞に輝いた。なんといっても特筆すべき点は月間47安打で物部布都の持っていた月間45安打を上回り月間安打記録を更新したことに尽きる。打線の中でも4割に迫るハイアベレージで得点力アップに大いに貢献した。
次点には石川を選出。8月2日の試合より9番・ショートでスタメン起用。これが当たった。右に左に快打を連発し課題の長打でもサヨナラ弾を含む2HR。こちらの特筆すべきポイントは8月の出場した22試合全てで出塁をしたこと。現在22試合連続出塁中である。惜しくも月の終盤負傷で離脱してしまったが一日も早い復帰が待たれる。

今月の月間MVPは藍が2ヶ月連続の受賞となった。他にもレミリアが11HRに純狐・寅丸が7HRと主軸の奮戦が光る8月だった。そんな中インパクトのある記録を残してくれた藍と石川をMVPないし次点に選出した。残るは9月の戦いのみとなるが主力の打棒に期待したい。
・参考記録
レミ:.318 11本 24点 OPS1.041 XR27 9.02 wOBA.446
寅丸:.243 7本 19点 OPS.765 XR27 4.18 wOBA.354
純狐:.302 7本 22点 OPS.899 XR27 7.10 wOBA.401