先日の試合で8月が終了。今月は17勝7敗で貯金10。今シーズン初の3連勝を皮切りに7連勝と8連勝という2回の大型連勝で借金返済に邁進した。この8月攻勢に貢献した選手は誰なのか?その結果を月間MVPという形で確かめたい。(8月野手7月投手)

投手8月度月間MVP:サリエル 14試合 1敗8S 15回 防御率4.20  

次点:永琳 5試合 1勝 36.1回 防御率3.22 QS率80%(5-4) HQS率40%(5-2) 

―貯金10と勝ちに勝った8月だったが投手は苦しい台所事情を見せた。チームの月間防御率は4.33と今ひとつな数値に終わってしまった。今月MVPとなったのはサリエル。月終わりの登板で連続失点をしてしまい見掛けの成績は悪化してしまったが月間セーブタイ記録となる8セーブをマークしチームのクローザーとして確かな存在感を示した。
次点には2ヶ月連続で永琳を選出。7月に谷間の登板から好投を見せつけローテ入りを勝ち取ったが8月もQS80%という安定感ある投球でチームに貢献。白星は僅か1に終わったものの無敗な事から安定してゲームを作れていたことが窺える。

以上が8月・投手部門の月間MVPと次点であった。好調なチームに置いていかれてしまった感のある投手陣だった。来月は投手陣がチームを引っ張る事に期待したい。