さて、ここ数日続いているバントネタ。今回は野手のバントが僅か4回という中、初回の2番打者がバントしたのか調査した。
そもそも上記の通り野手のバントは4回、内訳はキクリ2回、青娥・マミゾウ1回であり青娥・マミゾウ合わせて2番に座ったのは4試合だった。
早速この2人の初回の打席結果を報告する。

3/28 マミゾウ 三ゴ(1死)
3/30 マミゾウ 投犠打(無死1塁)
4/1 マミゾウ 三振(1死)
6/3 青娥 三振(無死1塁)

以上がその結果になる。カッコ内は打席に入った時の状況である。
まさかとは思ったのだがそのまさか。初回バントをしていたのだ!ちなみにこの試合、初回に1番美鈴が四球で出塁からバントをしたものの無得点。その後相手先発ライアンに7回までノーノーを許し最後反撃も結局のところ3-5で敗戦した。(リンク)