第5回甲子園大会は準決勝の第2試合が行われ、ナロー高校が盾丘高校を1-0で制して決勝進出を決めた。
試合は両軍の投手が0に抑える投手戦を展開し延長戦へ。10回裏代打正邪がサヨナラ弾を放ちゲームセット。盾丘に34イニング目にしてこの夏初めてスコアボードに1以外の数字を刻んだ。
この結果決勝は木葉下VSナローとなった。お互いに初優勝をかけた大一番となる。