さて先日、今年の都市対抗野球が終了しNTT東日本が優勝しました。
今回は終わってから結構日付が経ちましたが勢力対抗での自分の所の活躍ぶりなどをば。

まず自分のチームの成績として、
天狗:準優勝
旧作:2回戦敗退
となりました。
天狗は神霊廟に惜しくも1点差で敗れ準優勝。そして旧作は2回戦敗退となりましたがこの旧作もまた大会に大きなうねりを生み出しました。
1回戦、延長13回タイブレークにもつれる激闘をエース・サリエルが1人で投げ抜く圧巻の投球を見せるとそのサリエルが2回戦で神霊廟に補強選手として引き抜かれました。
そして神霊廟の一員として臨んだ準決勝、星蓮船戦にて完封勝利を成し遂げ2完投。この活躍が高く評価されサリエルはなんと大会MVPに輝きました。
準優勝の天狗からは映姫は敢闘賞を受賞。1回戦での1安打完封など大会2勝。この活躍が評価されての受賞となりました。

ほか、大会優秀選手として
旧作:サリエル
天狗:映姫,椛,文,はたて,小町が選出をされました。
この優秀選手を6人排出したのは各監督間にて最多の人数となり、大会にて自軍の選手が大暴れしたことの証明となりました。

このように大いに活躍した勢力対抗ですが個人的に何より大きかったことはサリエルの復調です。
そこまではチームでも今一つな投球に終始していた彼女でしたがこの大会以降復調を見せクローザーに定着をし現在リリーフとして10試合に投げ5セーブを上げる活躍を見せています。(防御率は1.80)

大会としても補強選手をはじめ新しい試みもあり楽しい大会でした。

それでは。