現状チーム防御率が4.88と相変わらずな投手陣のオイスターズだが、ここの所永琳や赤蛮奇が好投し先発ローテ入りを掴み取った。元からローテ投手の針妙丸・サグメ・魅魔を含み現在ローテは5人。残る1枠を狙っている投手たちがいるので彼女たちの成績を見てみたい。

さとり 3試合17回1敗4.76
阿求 6試合(3先発)22.1回1勝2.82
メディ 4試合20.1回1勝3敗9.30
マイ 3試合16回2敗6.75

この4人が現在ローテの6人目を狙っている投手である。次にこの4人の直近2登板の成績を見てみたい。
 
直近2登板の成績
さとり
7/27 6回1失点
6/15 5回3失点 負け

阿求
7/29 8回1失点
6/12 4回5失点

メディ
8/3 5回2失点 勝ち
6/8 6回6失点 負け

マイ
4/29 5回7失点 負け
4/22 6回3失点

以上が直近2登板の結果であった。成績を見れば1番良く初先発で完封勝利を成し遂げた阿求がローテ入りに最も近いのだが体調面の不安がありそこがマイナス要素となっている。
そうなると次点のさとりも安定してゲームが作れているので、阿求・さとりがこの争いでは本命・対抗馬となる。
残る2人のメディスンとマイであるが、まずメディスンは過去3登板でどれもKOを喰らっており8/3の試合は半ばラストチャンスに近い登板となった。この試合で初回にいきなり2失点した時はもう今年は1軍で投げることはないだろうと思われたのだがそこから立ち直りを見せ5回2失点で嬉しい今季初勝利となり首の皮1枚繋がった形となった。
続いてマイは4月以降登板がない。交流戦日程により必要な先発の頭数が減ったことや他投手の台頭により出番減少となってしまった。しかしまだ先発は1枠残っている上に現在魅魔が負傷で1回登板回避をする見込みなのでアピールチャンスはあるものと思われる。一気に逆転ローテ入りと行けるかに注目したい。

以上4名がローテのラスト1席を争う投手である。この争いに注目したい。