image
さて先日1990年版と2016年版のBIG野球を手に入れました。
青木宣親選手以外は今回のWBCメンバーが16年版には揃っているので1990年版でも日本代表を組んで対戦させてみようかなと思っています。
早速1990年BIG野球日本代表の投手陣が決まったのでここで記事にしてみます。
これが1990年BIG野球日本代表の投手陣だ!

1990BIG野球日本代表 投手
野茂英雄(近鉄)
斎藤雅樹(巨人)
桑田真澄(巨人)
柴田保光(日ハム)
野村弘樹(大洋)
山本昌(中日)
大野豊(広島)
木田優夫(巨人)
遠藤一彦(大洋)
水野雄仁(巨人)
与田剛(中日)
鹿取義隆(西武)
潮崎哲也(西武)


投手陣の柱はルーキーながら沢村賞に輝き、後に日本人メジャーリーガーの先駆けとなった野茂と90年代巨人の大エースだった斎藤の2人。そして巨人先発3本柱の一角桑田が続く。
日ハムの柴田は他の選手と比較すると知名度で劣るかもしれないが90年のパ・リーグ防御率3位に輝きカードとしての能力も優秀なため選出した。
左腕が野村大野山本昌と3人しかいないが今回の代表も3人しか左腕がいなかったからね。仕方ないね。左腕ならなんでもいいって訳じゃあない。ちなみにロッテの前田幸長などが惜しくも選外となった。
大野と木田はシーズン中先発中継ぎ両方こなした面々でそこから下のメンバーはリリーフ専門である。
ミスター横浜大洋ホエールズの遠藤一彦にやまびこ打線・池田高校卒の水野、2015年に山崎康晃が更新するまで新人最多セーブ記録保持者だった与田に西武黄金期の名リリーフ鹿取と潮崎と多士済々だ。
知名度で言うなら西武のナベQやなんやがいるが能力やバランスの兼ね合いで惜しくも選外となった。
一応リザーブメンバーとして西武の渡辺2人(ナベQ、智)、巨人香田、日ハム武田らを選んでおいた。

今後野手の選出が待っているので決まったら記事にします。
それでは。